仕上がり段違い!フェイスパウダーで崩れにくい褒められ肌を手に入れる使い方

仕上がり段違い!フェイスパウダーで崩れにくい褒められ肌を手に入れる使い方

  • 公開日:2017/12/27 最終更新日:2018/01/05

みなさんはフェイスパウダーとファンデーションの違いを知っていますか?
ファンデーションがパウダータイプだからフェイスパウダーは使わないという方もいるようですが、実はそれぞれ異なる役割があります。

フェイスパウダーを上手に使うことで崩れにくい褒められ肌を手に入れられるのです。
ファンデーションとフェイスパウダーそれぞれの違いと役割についてや使い方のポイントについてご紹介します。

フェイスパウダーとファンデーションの違いと役割


ベースメイクを作る上で必要なアイテムはいろいろあるので分かりにくいですよね。
フェイスパウダーとファンデーションは同じだという意見も多いですが、ファンデーションは肌色のベースを作る土台でフェイスパウダーは仕上げ。
メイクの効果・役割からして違うアイテムなんです。

一般的にフェイスパウダーというとメイクの仕上げに使うお粉、ルースパウダーやプレストパウダーのことを指しています。
「仕上げに使う」という点から既にファンデーションとは役割が違うことが分かりますが、具体的にそれぞれの役割や効果について簡単に説明しましょう。

<ファンデーション>
ファンデーションは肌色のムラ、そばかす、毛穴、シミ、クマなどをカバーしながら全体を均一な色にする役割があります。
光を反射する成分なども配合され、肌が綺麗に見えるように演出する効果も。
また、紫外線やほこり、花粉から肌を守る働きもあり、綺麗なベースメイクをするのに必要不可欠のアイテムとも言えるでしょう。

メイクをすると負担がかかり老けるなどのイメージもありますが、全く何もしないノーメイクのほうが外部の刺激で肌に悪影響を与えてしまうこともあります。
ファンデーションは肌を綺麗に演出しつつ、外部の刺激から肌を守るバリアのような役割も果たしているのです。
ファンデーションを塗らないメイク方法もありますが、肌を守るには正しい方法で行うことが大切です。

<フェイスパウダー>
ファンデーションの仕上げに使うフェイスパウダーには大きく分けて「ルースパウダー」「プレストパウダー」の2種類があります。
形状の違いがあるだけで仕上げに使うものという点は変わりません。

ファンデーションがリキッドやクリームタイプだと、フェイスパウダーで仕上げないとベタベタとしがちです。
肌をサラサラの状態にしてメイク崩れしにくくするためのアイテムでもあり、肌をふんわりと柔らかな印象にする効果もあります。

※ルースパウダー…粉末状
 プレストパウダー…固形状

崩れにくいフェイスパウダーの選び方


メイク崩れのしにくさで選ぶならルースパウダーがおすすめです。

ルースパウダーは粉末状のフェイスパウダーで、大きいブラシに粉末を含ませて顔全体にふんわりと乗せて簡単に仕上げることができます。
軽いつけ心地でヴェールのように薄く肌をカバーするので、化粧崩れをしても目立ちません。
ふんわりとした透明感ある肌に仕上がります。

一方、プレストパウダーは固形状のファンデーションのようにパフに取って肌に塗っていきます。
カバー力もあり、気になるポイントがある場合はプレストパウダーもおすすめなのですが、厚塗り感が出たりメイク崩れしたときに化粧直しが少し大変なのが難点です。
パフで塗るため、雑に使えば塗りムラになることがあり、メイク初心者の方には扱いが難しいと感じるかもしれません。

<ルースパウダーのメリット・デメリット>
◆メリット
・透明感のある仕上がりになる
・メイク直しでもブラシでふわっと全体に粉をまとわせるだけ
・メイク崩れしにくい、したとしても目立たない
◆デメリット
・持ち運びが不便
・周りに粉が飛び近くに人がいると迷惑になる
・大きめのブラシが必要でかさばる

<プレストパウダーのメリット・デメリット>
◆メリット
・気になるポイントを隠すカバー力がある
・コンパクト状なので持ち運びが楽
・マットな肌質を作れる
◆デメリット
・丁寧に化粧直ししないとムラになる
・ルースパウダーより時間がかかる
・ルースパウダーに比べメイク崩れしやすく崩れが目立つ

フェイスパウダーの使い方&裏技メイク術


ルースパウダーもプレストパウダーもファンデーションのあとの仕上げに使用します。
ルースパウダーはブラシにパウダーを含ませ、全体をサッと撫でるだけで簡単に仕上げることができます。
技術も特にいらないので、メイク初心者の方も簡単に使えますし上手に仕上げることができるでしょう。

プレストパウダーは付属のスポンジで固形のフェイスパウダーを擦り適量を取り、ファンデーションの上からポンポンと全体に薄く馴染ませていきます。
多くとり過ぎると厚化粧感が出てしまいますし、塗り過ぎるとメイク崩れやメイク浮きしやすくなるので要注意。
全体を均一の力でポンポンとおさえるように薄くフェイスパウダーを乗せるのがコツです。

<プレストパウダーを使う時の裏技>
プレストパウダーを使った後、ティッシュやコットンを少ししっとりする位に濡らしてください。
濡れたティッシュやコットンで、フェイスパウダーで仕上げた肌をポンポンと軽く叩いていきます。
付け過ぎた余分な粉が落ちますしメイクがより肌に密着するのでメイク崩れしにくくなります。
濡らし過ぎるとメイクが落ちてしまうので気を付けてください。

<肌に負担をかけないベースメイク時短技>
肌を綺麗にみせたい女性にとってベース作りはメイクでとっても重要なプロセスです。
ファンデーションは肌を美しく魅せてくれるアイテムですが、綺麗に魅せるために配合された成分が肌の負担になることも。
肌荒れが気になる方や、最近シミやシワなどのエイジングサインが増えてきた…という方におすすめなアイテムが美容液ファンデーションです。

美容液とファンデーションが一体となったもので、メイクをしながらスキンケアできる優れモノ。
保湿成分や美容成分が豊富に含まれているので、肌のうるおいをキープする効果も高いのです。
そして化粧下地やコンシーラーの役割を1つで担う商品が多いので、ベースメイクがあっという間に完成します。
美容液ファンデーションは美容成分が配合されていることからリキッドやクリームタイプが多いので、綺麗に仕上げるのであればフェイスパウダーを最後に乗せてあげるのが◎!
美容液ファンデーションとお好みのフェイスパウダーで肌に負担をかけないベースメイクが簡単にできるのでおすすめです。

まとめ~フェイスパウダーはメイクの仕上げに必要~


フェイスパウダーはパウダー系のメイクアイテムを全般のことをいうこともあるそうですが、一般的には仕上げに使うパウダーのことを指している場合が多いです。
ファンデーションを塗った後にフェイスパウダーを使ってなかったという方はぜひ取り入れてみてください。
肌がより綺麗に見え、メイク崩れもしにくくなる優秀アイテムです。

フェイスパウダーの代用としてベビーパウダーを使うメイク方法もあるので、家にベビーパウダーがあるという方はさっそく試してみてくださいね!

【あわせて読みたい記事】


関連記事

新着記事

人気記事

ReBON BLOG

PAGE TOP