たるみ改善には高周波美顔器(ラジオ波・RF)で簡単セルフケア!おすすめ商品はコレ

  • 公開日:2018/02/14

美容に敏感な方はいち早く注目している高周波美顔器
最近では自宅でもできる家庭用の高周波美顔器が発売され、今までエステやクリニックに行かないと受けられなかった高周波でのスキンケアがいつでもお家でできると話題になっています。

たくさんの美容効果が期待できる高周波美顔器とはどのようなものなのか、口コミで人気のおすすめ商品効果的な使い方などを紹介します。

高周波美顔器ってどんなものなの?


高周波美顔器の「高周波」とはラジオ波RFとも呼ばれ、30000Hz(ヘルツ)以上の周波数を持つ電磁波のことです。
電磁波とは電気が働く範囲の「電場」と、磁気が働く範囲の「磁場」の2つが作用し合うことで発生する電気をいいます。

レントゲンに用いられるエックス線や携帯電話や液晶テレビなどに流れる電波も電磁波の1種。
電磁波と聞くと体に害のあるものと思われますが、すべての電磁波が害があるわけではありません。
体に害を与える可能性があるのはエックス線やガンマ線のような「電離放射線」に分類されるもので、高周波美顔器の電磁波は「非電離放射線」になり体には害はないといわれてます。

高周波美顔器の電磁波を肌に当てることで「ジュール熱」という熱が発生し、体の奥にある筋肉「赤筋肉」という部分に働きかけ体温を上昇させます。
それにより血液やリンパの流れが良くなることで体の代謝が促され、さまざまな美容効果が期待できるのです。
また高周波美顔器の一番の魅力は「コラーゲン」の生成をサポートできるということ。
高周波美顔器を使い続けることでコラーゲンを生成を助け、肌にハリや弾力を生み出し、たるみやシワを改善できるという効果も期待できます。

美顔器の中でも「超音波美顔器」と「高周波美顔器」を間違われる方も多いのですが、超音波美顔器は音波で肌に働きかけ肌表面に効果をもたらしてくれるもので、美容成分を浸透しやすくする働きがあります。
高周波美顔器は肌の内部に働きかけるものなので超音波美顔器とは全く別ものなのです。

【自分に合った美顔器を見つけたい方はこちら↓】

高周波美顔器の美容効果がすごい!


高周波美顔器で肌の温度を上昇させることでさまざまな美肌効果が期待できます。

・シミ、くすみ改善
・むくみ改善
・シワ、ほうれい線の改善
・リフトアップ効果
・たるみ改善
・ツヤやハリアップ効果

人間の皮膚は「表皮」「真皮」「皮下組織」の順で三層になっています。
コラーゲンが一番多く存在するのは「真皮」で、真皮にあるコラーゲンが減少してしまうと肌のハリや弾力がなくなりたるみやシワの原因になってしまうのです。
高周波美顔器から出る熱の刺激により肌が弱いダメージを受け、それを回復しようと自力でコラーゲンを生成し、肌を守ろうとします。
この働きでコラーゲンが生成されることで肌にハリが出てたるみやシワを改善することができるのです。

その他にも血液やリンパの流れを良くすることで体の老廃物を排出しようとする働きが活発になり、むくみを解消する効果も期待できます。

高周波美顔器おすすめ3選

NEWAリフト

  • 定期便 59,300円(税別)


ヤーマン RFボーテフォトPLUS

  • 定期コース 39,800円(税別)


ララルーチュレジーナ

  • トライアル 28,345円(税込)


高周波美顔器の効果的な使い方と注意点について


高周波美顔器もさまざまなメーカーから発売され、それぞれ使い方が違います。
購入したらまずは取扱説明書をよく読んで、正しい使い方を守るようにしてください。
間違った使い方をしてしまうと効果を感じられなかったり、肌トラブルの原因にもなりかねないので気を付けましょう。

高周波美顔器でよく間違われる使い方に
・同じ部分ばかり美顔器を当てている
・長時間肌に当てている
・一日に何度も使用している

などがあります。

早く効果を得たいからとやりすぎは逆に肌を痛めてしまう原因になる可能性があります。
刺激ばかりではなく、肌を休ませてあげることが大切です。

また高周波美顔器を一度使ったからとすぐに効果が出る訳ではありません。
長期的に使用することで少しづつ効果を感じられるのです。
美肌をつくるためには、根気よくケアしてあげましょう。

高周波美顔器の使用時間は一般的に1回約10分程度で、毎日行うのではなく週2~3回ほどがベストです。
使用するタイミングとしては「洗顔直後」の肌汚れが落ちてから使うのが適しています。

使い方はフェイスラインにそって「下から上へ」「内側から外側へ」が基本。
美顔器によっては使い方が異なってくるので、使用する美顔器の方法で行ってくださいね。

<基本的な使用方法>
化粧水やジェルを肌に直接つけ、高周波美顔器を当てて動かします。
こすらないように、力を入れすぎないように気を付けながら基本の「下から上へ」「内側から外側へ」と動かしましょう。化粧水やジェルがなくなれば付け足してください。
1ヶ所に当てる時間は5秒ほどで同じところに当てすぎないように注意しましょう。

このとき美顔器が肌にきちんと密着しているか、傾いていないか注意して行ってください。
化粧水やジェルがいらない美顔器もあるので使用前にはきちんと説明書を読んでから使用しましょう。

妊娠中の方、授乳中の方、敏感肌の方、糖尿病やガン治療中の方、アトピーの方などは肌が敏感になっているので高周波美顔器の使用は控えた方がいいでしょう。
もし使用する際は一度医師に相談してから使用することをオススメします。
また使用中に肌に違和感を感じたり、異常が出た場合は使用をやめすぐに医療機関を受診してください。

まとめ~高周波美顔器を使って若々しい肌を手に入れよう~


コラーゲンの生成をサポートするという高周波美顔器の美肌効果はすごいですね!

エステサロンや美容クリニックでの施術だけでなく、自宅で手軽に高周波を使ったケアができるのは魅力的。
たるみやシワなどの悩んでいる方、お肌にハリを取り戻して若々しい肌を手に入れたいという方はぜひ高周波美顔器でエイジングケアをしてみてください。

【あわせて読みたい記事】


関連記事

新着記事

人気記事

ReBON BLOG

PAGE TOP