ファンデーションが浮く原因とメイクの直し方|応急処置で仕事後デートもOK

  • 公開日:2018/03/12

ファンデーションが浮いてしまうと、せっかく時間をかけたメイクが台無しですよね。
慌ててメイク直しをしても、何だか厚塗りになってしまって不自然…。

なぜキレイに仕上げたはずのベースメイクが崩れてしまうのでしょうか?
またファンデーションが浮いてしまった時は、どうすれば厚塗りにならずキレイに直せるのでしょうか?

この記事ではファンデーションが浮いてしまう原因や、上手に直す方法をわかりやすく解説していきます。
コツさえつかめば、ファンデーションの崩れを今よりずっとキレイに直すことができますよ。

ファンデーションが浮いてしまう原因


朝、メイクしたての肌はとてもキレイだったのに、時間がたつとファンデーションが徐々に浮いて、ヨレてしまったりテカってしまったり…。
ファンデーションが浮いてしまう原因はいくつかあります。
順番に見ていきましょう。

◆皮脂
ファンデーションが浮いてしまう最大の原因が「皮脂」です。
自然なベースメイクに仕上げるには、ファンデーションがピタッと隙間なく肌に密着していることが重要。
ところが、元々の肌質やホルモンバランスの影響などで皮脂の分泌が過剰になると、皮膚とファンデーションの間に薄い膜ができ、肌との一体感が崩れてファンデーションが浮いてきてしまうのです。

◆汗
顔に汗をかくと、せっかくキレイに塗ったファンデーションが汗で崩れてしまう上に、汗を拭くときの摩擦でメイクが剥がれ落ちてしまいます。
とくに更年期を迎えた女性は、火照りやのぼせ、ホットフラッシュによる大量発汗などが日常的に起こりやすく、メイクをキレイに維持するのが難しい場合があります。
ファンデーションが浮くだけでなく、汗によるベタつきや匂いに頭を悩ませている女性も多いのではないでしょうか。

◆キメの粗さ
キメの揃っていない肌にはファンデーションがうまく密着してくれません。
メイク時はキレイでも時間がたつと徐々にファンデーションが浮いてきてしまいます。

◆間違ったスキンケア
肌の保湿はとても大切ですが、あまり油分の多い乳液やクリームを塗ってしまうと、ファンデーションが浮きやすくなってしまいます。
ベースメイクをキレイに仕上げるには、こってりとした油分たっぷりの化粧品よりも、サラッと肌馴染みの良いものが向いています。

ファンデーション浮きを予防するコツ


ファンデーションの持ちをよくするには、メイクの前の準備がポイント。
ぜひ明日からでも試してほしい「ファンデーション浮きを予防するコツ」を紹介します。

◆皮脂の過剰分泌を予防する
肌が潤い不足になっていると、乾燥を防ごうとして皮脂腺からたくさんの皮脂が分泌されるようになります。
しかし、皮脂が過剰に分泌されてしまうと、顔の表面は皮脂が過多状態になり、ファンデーション浮きをまねいてしまいます。

皮脂の過剰分泌を避けるには、肌が一定の水分量を保っていることが肝心。
保湿成分が含まれた化粧水や美容液などを使い、肌をしっかり潤いで満たすことで、皮脂が必要以上に分泌されることを防いでベースメイクを崩れにくくします。

最近は保湿成分など美容液成分が配合されたファンデーションも販売されています。
メイク中も保湿ケアできることで、皮脂の過剰分泌を抑える効果にも期待できるでしょう。

◆下地の量に気を付ける
ファンデーション浮きを予防するには、下地作りがとても重要。
まず意識したいのは「下地の量」です。

化粧下地には、ファンデーションのつきを良くしたり、肌の凹凸をなめらかに整えたりする役割がありますが、あまり量をつけ過ぎると肌がベタついてファンデーションがうまくなじんでくれません。
逆に、化粧下地の量が少な過ぎると、均一に広がらずムラになってしまいます。

製品によっても異なりますが、一般的に化粧下地の適量はパール粒大と言われています。
ぜひ普段の使用量を見直してみましょう。

◆肌に合ったファンデーションを選ぶ
パウダー、リキッド、クリーム、BBクリームなど、ファンデーションのタイプはさまざま。
化粧崩れを防ぐには、自分の肌質に合っているファンデーションを選ぶことが大切です。

乾燥肌には、しっとり感を与えてくれるクリームタイプやリキッドタイプが向いていますし、脂性肌にはサラサラ感をキープしてくれるパウダータイプが適しています。
自分の肌質に合ったファンデーションを選べば、化粧崩れを防ぐだけでなく、付けたときの違和感が少なく肌が快適でいられますよ。

簡単にできる!ファンデーション浮きをキレイに直す方法


いくら気を付けていても、朝のピカピカなメイク肌を一日中キープするのは難しいですよね。
ここではファンデーションが浮いてしまったときの応急処置を紹介します。
これさえ知っていれば、仕事が終わったあとのデートも安心!
ぜひやり方をしっかりマスターしてくださいね。

化粧直しに必要なものは
・ティッシュ
・パウダーファンデーション(フェイスパウダー)
・ブラシ

です。
しっかり直したいときは、下地スポンジも用意しておきましょう。

<簡単な化粧直し>
1.ティッシュで、皮脂・汗・浮いたファンデーションをやさしく押さえて吸着する
2.パウダーファンデーション(フェイスパウダー)をブラシで軽めに乗せる

<しっかり化粧直し>
1.ティッシュで、皮脂・汗・浮いたファンデーションを押さえる
2.スポンジに化粧下地を取り、ファンデーションの浮いた部分とそれ以外の部分をなじませて平らにする
3.パウダーファンデーション(フェイスパウダー)をブラシで軽く乗せる

化粧直しのポイントは、浮いたファンデーションや皮脂、汗などの汚れをしっかりオフすること。
そして、仕上げのパウダーは厚塗りせず、ブラシを使って肌にふんわり乗せることです。
この方法なら、不自然な厚塗り感が出ずにナチュラルな雰囲気に仕上げることができますよ。

まとめ~ファンデーション浮きの予防法と応急処置をマスターして美肌を演出しよう~


今回はファンデーション浮きの悩みを持つ人に向けて、予防法簡単にできるベースメイクの直し方を紹介しました。

化粧直しは、間違えたやり方をするとひどく見苦しくなってしまいます。
美しいベースメイクをキープするために、ぜひこちらで説明した化粧直しのポイントを参考にしてくださいね。

もしファンデーションが浮いてしまっても、化粧直しのコツを知っていれば心配いりません。
夕方になっても自然に見える美しいメイク肌をキープしていきましょう。

【あわせて読みたい記事】


関連記事

新着記事

人気記事

ReBON BLOG

PAGE TOP