保存版!割れたファンデーションを簡単に元に戻す復元方法&活用方法

  • 公開日:2018/08/24

ファンデーションが割れてしまったという経験をしたことありませんか?
うっかり落としてしまったり、ポーチに入れて持ち運んでいると割れてしまっていたり。

そんなときどうしてますか?捨てて新しいファンデーションを買い直しますか?

もう使えないから捨ててしまうというあなた…ちょっと待って!
割れたファンデーションを簡単に復活させる方法があります。

ここでは割れたファンデーションの復元方法とその他活用方法をご紹介します。
誰でも簡単に直せるので、捨てる前にチャレンジしてみてくださいね。

割れたファンデーションを元に戻す方法


それでは割れたファンデーションの修復方法を紹介します。

《準備するもの》
・袋(チャックができるものなら便利です)
・ラップ
・スプーン
・底が平らなボトル(ネイルや口紅などの底でもOK)
《手順》
割れたファンデーションを袋に入れます。ケースから外れない部分はさらに細かく砕いてOKです。

スプーンの裏で袋の上から細かくさらに砕いていきます。より細かく砕くことできれいに修復できます。

粉々に砕いたファンデーションを元に入っていたケースに戻します。(袋の底の角を小さく切って入れると入れやすいです。)

ケースに入れたファンデーションの上にラップをかけ、ラップの上から指の腹でゆっくり優しく押さえてある程度固めます。
 力を入れすぎるとファンデーションがはみ出たりへこんで均等に固めにくくなってしまうので気を付けましょう。

ファンデーションの表面がだいたい固まったら小さめのボトルでさらに押し固めます。
 固めにくいコーナー部分は綿棒を使って押し固めるのがおすすめです。

表面がムラなく固まったら完成です!

これで元通りに使うことが出来ますが、注意することがあります。
改めて固まったファンデーションは購入時のときのようには固くありません。
なので使うときはスポンジで優しく取るように使ってください。

そんなに割れていない、ヒビが入っている程度のファンデーションの場合は、それをわざわざ砕かなくても直すことも可能!

ラップといつも使っている化粧水があれば大丈夫!

《修復方法》
ファンデーションのヒビ割れ部分に化粧水を1、2滴垂らします。
 (垂らしにくいときはスポイトがあれば便利です。)

垂らしてすぐは触らず、少し化粧水が乾くまでおいておきます。

完全に乾く前にラップをかけ、ファンデーションを優しく押し固めます。
 (力を入れすぎるとへこんだり割れてしまうので気を付けましょう)

始めの修復方法のように砕く必要もないので簡単に直すことができます。
ファンデーションの割れに気付いたら早めに修復をしてあげることが長持ちさせるカギです!

割れたファンデーションの応用&活用方法


どうしても直せない、固まらない…そんな場合も捨てるのは待って!

そんなときは「ルースパウダー」として活用できます。

ルースパウダー(フェイスパウダー)とは粉々の状態のファンデーションのことです。
リキッドやクリームファンデーションの仕上げに使用するもので、ルースパウダーを使うことでファンデーションを肌に定着させ化粧持ちを良くさせる役割があります。

どうしても直せないときは粉々にした状態で100均などで売っているパウダーが入れられるケースに入れ、ルースパウダーとして使用すると捨てることなく使うことが出来ます。

その他にも「リキッドファンデーション」にも変身させられます!(商品によってはできない場合も…)
粉々に砕いたファンデーションをいつも自分が使っている乳液や美容液で3:1(ファンデーション:乳液)の割合で混ぜ合わせる方法

しかし注意点があり、乳液を入れることで劣化も早くなってしまうので長期に使用してしまうと肌トラブルを起こす可能性があります。
リキッドファンデーションにする場合は早く使い切ってしまうか、少し面倒ですが使う分だけを混ぜて使うという方法がいいでしょう。

ファンデーションが割れる原因


「落としてしまった」「長く使っている」などファンデーションが割れる原因はさまざま。

女性なら化粧ポーチは必需品ですよね。
必ずと言っていいほどファンデーションは持ち歩いているはず。

バッグの中でたくさんの衝撃や揺れが原因でファンデーションが割れることも。
持ち歩かないのが一番いいのですがそういう訳はいきませんよね。

そんなときは少しでも衝撃から守ってあげること。
ポーチの中に余白があるとその分揺れてしまいます。

・揺れないようにするためにハンカチやポケットティッシュなどで余白を埋めて揺れを防ぐ
・大きいポーチではなく、化粧道具がきっちり入り余白が少なくなるようなちょうどいいサイズのポーチにする

などの方法でファンデーションが揺れるのを防いであげましょう。

その他にもファンデーションの使い方が割れる原因になることも。

ファンデーションを使っていると一番始めになくなるのは中心部分ではないでしょうか?
中心部分の底が見えてくるとその部分から割れやすくなってしまうのです。

ファンデーションを使うときは外側から内側へとスポンジで取るようにしてみてください。
同じ方向ばかりではなく、方向を変えながら均等に使うよう意識するだけで、ファンデーションの減りの偏りも少なくなり、割れを防ぐことができるでしょう。

まとめ~ファンデーションは割れても直せる~


今までファンデーションが割れて捨ててしまっていた方、今回紹介した修復方法でファンデーションを捨てずにまた使うことが出来ます!

今まで諦めてしまっていたケースの隅に残ったファンデーション。
スポンジでも取れなくなったものも、砕いてルースパウダーやリキッドファンデーションに変えて最後まで使うこともできますね。

また、ファンデーション同様にチークやアイシャドウも割れてしまうことがありますよね。
割れてしまったチークやアイシャドウもファンデーションと同じの方法で修復できます。

ファンデーションもそんなに安いものではありません。
ちょっとしたひと手間で無駄なく使うことができるので、ファンデーションが割れたときはぜひこの方法を試してみてください。

【あわせて読みたい記事】



関連記事

新着記事

人気記事

ReBON BLOG

PAGE TOP