まつげのカールをキープさせるコツ!くるりんまつ毛を長持ちさせる方法

  • 公開日:2018/08/27 最終更新日:2018/10/02

ぱっちりとしたまつげは目が大きく見え、まつげをカールさせるのは定番のメイク。
しかし、ビューラーやホットビューラーなどのアイテムを使ってまつげをカールさせても長持ちしなくて、夕方までなかなかキープさせられない…という悩みはありませんか?

気が付いたら下向きまつげになっていた…というのも、実はちょっとしたコツやアイテムの使用でカールをキープさせることができます

まつげのカールを維持させてくれるアイテムや方法についてこちらで紹介しているので、まつげがすぐに下がってきてしまう方はぜひ参考にしてみてください。

【キープのコツ①】まつげを育てる


メイクの時に使うマスカラやビューラーも大事ですが、長期的なケアとしてまつげを育てることが大切です。
日本人の毛質は固い直毛の人が多く、外国人に比べると人種的にまつげが短いのが特徴。

短くて固いまつげはクセがつきにくく、カールしにくいのでまつげをカールさせてもすぐに下がってきてしまいます。
そこで取り入れたいのが「まつげ美容液」です。

まつげ美容液は日々のメイクで傷んだまつげの修復や美容成分によって毛質を柔らかくする、栄養を与え伸ばすなどの効果に期待ができます。

まつげを柔らかく、ボリュームアップさせることでカールが持続しやすいまつげを育てるのです。

・ビューラーを使ってもなかなかまつげが上がらない
・まつげが全体的に少ない
・まつげにハリがなく細い
・よく抜ける

こういう項目に当てはまる方は特にまつげ美容液を積極的に取り入れるべきです。



【まつげ美容液の使い方】
メイクをしていない時に使います。
汚れがついたまま使用すると雑菌が繁殖するおそれがあるのでクレンジング、洗顔後に使いましょう。

まつげ美容液にはマスカラ、チップ、筆などの形状タイプがあります。
アイライナーやマスカラを使うような感じで美容液をまつげ全体や根本に塗りましょう。

人によって形状に使いやすさがあると思うので、使いやすいものを見付けてみてください。
また、「たくさん美容液をつけたほうが効果がありそう」とたくさんつけると液ダレをして目に入ってしまうことがあるのでつけ過ぎに気をつけましょう。

まつげ美容液以外にも、まつげを育てる方法はさまざま。
気になる方は↓の記事をチェックしてみてくださいね。

【キープのコツ②】マスカラを使う前のひと手間


ビューラーでまつげをカールさせたあと、そのままマスカラを塗っていますか?

それでももちろんいいのですが、まつげをもっとボリューミーに、長く、カールをキープできるようにするには「マスカラ下地」を取り入れてみましょう。
マスカラ下地にはまつげをボリューミーに見せたり、長さをプラスさせる効果があります。

下地には細かい繊維が入っていて、それがまつげに付着することでボリュームアップや長さをプラスさせることができるんです。

・まつげの保護
・ボリュームアップや長くする効果
・カールを長持ちさせる

まつげの傷みを防ぐ効果、理想的なまつげを演出する効果、形が崩れるのを防ぐ効果などがあるので下地を使っていなかった方はぜひ使ってみてください。
下地を使うだけでもかなりまつげの仕上がりやキープ力が変わると思いますよ。

【下地の使い方】
下地には色々な種類があります。
色は白、透明、黒、茶色など。
あとに使うマスカラの色によっては下地の色とマスカラの色が喧嘩してマッチしなくなるので色選びは注意しましょう。

例えば黒い下地を使うのにマスカラは茶色とか、茶色の下地に黒いマスカラなどです。
また、白い下地はマスカラの塗り残しが目立つので気を付けてください。

色によって目元の印象も変わります。
黒、茶色ははっきりとした目元、透明はナチュラルメイクなど。

形状にはコーム、ブラシがあります。
まつげをとかしながら塗れるコームはダマになりにくく、1本1本に塗れるので初心者向けの下地です。

一方ブラシは束感やボリュームを出すのにおすすめですが、ダマになりやすい欠点があります。
使い方に慣れればぱっちりとしたまつげの演出におすすめです。

また、マスカラ下地だけでなくまつげコーティング剤も有効。
カールしたまつ毛につけることで、カールの形状をキープすることができます。

【キープのコツ③】ビューラーが汚れている&替え時かも?


まつげは汚れや油分が付いているとビューラーを使ってもまつげが上がりにくく、下がりやすくなってしまいます。

ビューラーそのものが汚れていて、ほこりや油分がまつげに移ってしまうとまつげが上がらない原因に。
ビューラーは使用した後にティッシュや綿棒で綺麗にし、使う前にもビューラーのゴム部分を軽く拭ってください。

また、長く使用しているとビューラーのゴムは劣化します
劣化したゴムは弾力性がなく固くなります。
弾力の無い固いビューラーのゴムはまつげに負担をかけ、傷みや抜ける原因になり上がりにくく下がりやすいまつげにしてしまうので要注意。

ビューラーのゴムは消耗品なので、弾力がなくなったり汚れが目立つ、亀裂が入っている場合は交換をしてください。
100円均一などでも手に入る安いものなので、定期的に交換しましょう。

まとめ~細かいケアがまつげキープのコツ~


まつげのカールを維持するためにはビューラー以外のアイテムもプラスしたり、まつげのケアも大切なのですね。

まつげのカールが長持ちしないことにお悩みの方、もっと魅力的なまつげを演出したい方は今回ご紹介したアイテムや方法を試してみてください。

朝のメイクをしてから夕方まで上向きのまつげがキープできたら嬉しいですよね。
いつ見ても上向きぱっちりのまつげを長持ちさせて「目元美人」を目指しましょう!

【あわせて読みたい記事】





関連記事

新着記事

人気記事

ReBON BLOG

PAGE TOP