胸の左右非対称が悩み!原因と改善方法&ブラジャーの選び方

  • 公開日:2018/09/04 最終更新日:2018/10/16

誰でも自分の体に一つはコンプレックスを持っているものですが、特に女性はバストに関する悩みを抱えている人が多いと思います。

中でも鏡で正面からバストを見た時、左右の大きさや形が違うことはコンプレックスの一つ。

しかし、私たち人間は左右非対称であるのは当たり前。
ですがその差が大きいと、やはり見栄えが気になりますよね。

今回はバストの左右差の原因や改善するための方法をはじめ、ぴったりとフィットする最適なブラジャーの選び方などをご紹介していきましょう。

まず「バストは非対称が普通」ということ


見た目や、自分で胸を触った時の感触など、バストの大きさや形に違いがあることは特別なことではなく、実は多くの女性のバストが左右非対称です。

誰にも生活している中での癖や骨格の特徴によってゆがみがあり、バストもそれに伴って脂肪の付き方や位置に違いがあります。
逆に、完璧に左右対称な人の方が珍しい存在で、そのような人はほとんどいないでしょう。

左右で1カップ差がある人はざらで、中には2カップ以上の違いがあるという人も。
ですから、大きさに多少の違いがあったとしても、気にしなくて大丈夫です。

バストが左右非対称になる原因


■日常の癖による筋肉の付き方の違い
あなたの利き手は左右どちらですか。

バストを下から支える大胸筋が、利き手や普段の癖によって左右で違う大きさに発達することがバストの左右差につながると言われています。

いつも同じ方の肩にカバンをかけているとか、立っている時や座っている時に片側に重心をかけてしまう癖があるなど、よく使う方の筋肉が発達することで、バストが左右非対称になります。

■骨盤の歪み
パソコンやスマートフォンの画面ばかり見ているなど、現代人は常日頃から姿勢の悪さを指摘されがち。

おしゃれのために足に合わない靴を履くことや、歩き方の癖などから骨盤が歪むと、体全体のスタイルバランスが崩れ、バストの形にも左右差が出てきます。
座る時の脚を組む姿勢や、膝を左右のどちらかに曲げて床に座ることもNG。

また、妊娠や出産で骨盤が大きく開閉することでも歪むので、出産直後からコルセットを巻いたり、体調が回復してきた頃には骨盤矯正のための体操をするなど対策をすることが必要です。

バストを左右対称に改善するためには


■骨盤矯正
骨盤のゆがみは、体全体のゆがみにつながります。

逆を言えば、骨盤のゆがみさえ直せば自然とバストの位置が整い、脂肪や筋肉のつき方が揃ってくるので、左右対称に近づきます。

骨盤矯正を自宅でする方法は色々ありますが、簡単なのは、足と腕を前にまっすぐ伸ばして床に座り、その体勢を保ちながら、お尻を使って前に進んでいくというもの。
この時、顔を真正面に向けて背筋をまっすぐにキープし続けることがポイントです。

整骨院やエステサロンなどでも骨盤矯正を行っているところがあるので、プロの手を借りて体のバランスを整えるということもおすすめです。



■体の左右をバランスよく使う
右利きの人は、普段の生活の中で右側ばかり使いがちになることで、利き手側の筋肉が発達しやすくなります。

それによって胸が左右非対称になるので、いつもは使わない方の手足を使うなど、バランスよく筋肉を動かすように心がけましょう。
かばんを持ったり肩に掛けたりする時も、右と左を交互に使うようにするといいですよ。

■ナイトブラの使用がおすすめ
ナイトブラは、寝ている間にバストの位置や形をキープしてくれるもの。

就寝中のバストは無防備な状態で、仰向けになったり寝返りを打ったりするたびに大きく揺れ、この揺れがバストの形や位置を保つクーパー靭帯という組織を傷つける原因になります。
クーパー靭帯は、一度切れると形が元に戻らないため、それを防ぐためにナイトブラでバストの位置をキープしておくことが必要です。

左右差のある人は、特に大きい方の胸を下にして寝た時にクーパー靭帯が引っ張られて伸びてしまいやすく、片側だけが垂れ胸離れ乳になる可能性があるので、左右差を最小限に保つためにもナイトブラの着用がおすすめ。
続けるうちに左右差がマシになったなど、嬉しい効果を感じている人も多くいます。

左右差のあるバストに最適なブラジャーの選び方


■フィッティングをすることが基本
左右非対称のバストの人は、ブラジャーを買う時は必ず試着をしてから購入しましょう。
最近では、インターネットを介した通信販売などでたくさんの下着が売っており、サイズの表記も細かいため、バストに左右差のある人でもブラジャーを買いやすくなっています。

しかし、バストの大きさは、計測した時間や生理前などの時期、むくみが歩かないかなど体調によって異なるため、自身で計測したのでは正しいサイズを選ぶことが難しいのが事実。
通信販売で購入した下着は、返品交換不可であることも多く、せっかくお金を払って手に入れたブラジャーが無駄になってしまうことも心配です。

できるだけ、定期的に対面販売で専門家によるカウンセリングや計測を受けてから、正しいサイズのものを選ぶようにすることが望ましいでしょう。

■サイズは大きい方のバストに合わせる
左右で大きさの違うバストを選ぶ時には、大きなサイズのバストに合わせてブラジャー選びをするようにしましょう。

小さい方に合わせると、大きな方が窮屈になり、息苦しさやしめつけられるような不快感を感じることになります。

大きな方に合わせてブラを選ぶと、当然、小さな方のバストはカップが浮いたりブラジャーの間に隙間ができたりしますが、その時は別売りのパッドを使って調整することがおすすめ。

ですから、ブラジャーは、サイズ調整を簡単にすることのできる、パッドの出し入れが可能なものを選ぶことがポイントです。


■3/4カップ、フルカップなど安定する形を選ぶ
ブラジャーを選ぶ時には、ハーフカップなど、布の面積が小さいものではなく、3/4カップやフルカップなど、胸の形をきれいにカバーしてくれるものにしましょう。

左右で差のあるバストをブラジャーのカップがフォローしてくれるので、洋服を着た時のバストラインが美しく見えます。

まとめ~左右非対称も日常生活の見直しで改善するかも?~


バストが左右非対称になってしまう原因は、私たちの普段の生活の中にあります。

特に、日常生活の様々なシーンで姿勢の良さを心掛けて、体や骨盤が歪まないようにするなど、バストの左右差を生まないことを心掛けることが大切。

バストのバランスが気になる時には、姿勢を見直すこと以外に、左右非対称の人のための正しいブラジャー選びナイトブラの着用で改善することができます。
ご紹介の内容を参考に、ぜひ美しいバストを目指してくださいね。

【あわせて読みたい記事】








関連記事

新着記事

人気記事

ReBON BLOG

PAGE TOP