貧乳の原因を徹底解説!胸が小さい理由とバストアップ方法

  • 公開日:2018/09/11

いつの世も、女性にとって体型の悩みは尽きることがありません。
中でもとくに深刻なのが、「貧乳で恥ずかしい」「もっと豊かなバストになりたい」という胸に関する悩みでしょう。

最近の女性は発育がいいので、FカップやGカップは当たり前。
貧乳の女性にとっては肩身の狭い世の中ですよね。

人によってここまで胸の大きさが異なるのには、さまざまな理由があります。
その理由を知れば、貧乳の人がバストサイズを上げていくことも決して不可能ではありません。

貧乳で悩んでいる女性は、ぜひ今から説明する「貧乳の原因」「バストアップの方法」を読んで、胸を少しずつ育てていきましょう。

胸が小さい理由!貧乳の原因とは

胸の大きさには、実に多くの要因が絡んでいます。
その中から、特に貧乳につながる原因を紹介しますので、心当たりのある箇所を意識しながら読んでみてください。

■痩せ過ぎ
胸は脂肪と乳腺組織からできているため、痩せていて脂肪が少ない人は胸が小さい傾向にあります。
無理なダイエットで必要以上に痩せ過ぎてしまうと貧乳になってしまうため、ダイエットのし過ぎは禁物です。

■遺伝
体型は遺伝が関係しやすく、胸の大きさも例外ではありません。
しかし、バストサイズの遺伝的要素は3割程度とも言われ、実はそれほど大きな影響力があるわけではないという見方も。

よって、「貧乳は遺伝だから仕方ない……」と諦める必要はまったくなく、改善方法を知って地道に実践していくことでバストを大きくすることも夢ではありません。

■女性ホルモンの乱れ
胸の発育に大きく関わってくるのが、女性ホルモン。
女性ホルモンの「エストロゲン」は、肌や髪を美しく保ったり、女性らしいボディラインを作ったりと、女性の美をサポートするホルモンです。

エストロゲンの分泌が十分でないと、肌の調子が優れなかったり髪にコシがなくなったりといった症状が出始め、当然バストの発達にも悪影響が出てきてしまいます。

■冷え性
バストの発育には栄養が必要です。

食事からとった栄養分は、血液と一緒に体の各組織に運ばれますが、冷え性の女性は血行が悪くなっているため、胸に十分な栄養が届かない恐れがあります。
そのせいでバストサイズに悪影響を与えている可能性も。

■ストレス
社会の中で生活していく以上、ストレスは必ず付いて回るものですが、許容範囲を超えたストレスは人の健康を蝕んでしまいます。

ストレスは血管を収縮し血液の流れを悪くするため、胸の成長にも支障が出てくる上に、ストレスは女性ホルモンの大敵でもあるのです。
女性ホルモンのエストロゲンは非常にデリケートで、心身のちょっとした変化で分泌量が減ってしまうため、できるだけ心も体も健康を心がけたいところ。

このストレス社会の中でストレスを無くすのは難しいことですが、なるべくリラックスできる時間を作って上手にストレス解消をしていきましょう。

■姿勢の悪さ
猫背でいたりパソコンやスマホを長時間見たりしていると、肩こりの症状が出る人が多いかと思いますが、これは上半身の血流が悪くなっている証拠です。
すると、胸にも血液が回りにくくなり、栄養不足を招いてしまうことに。

また、猫背の人は胸の筋肉が衰えてしまうため、胸が垂れやすくなってしまいます。
ハリのある美しいバストを作るには、胸を張って正しい姿勢を維持することがポイントです。

■生活習慣
日ごろから睡眠不足の人や運動不足の人は、血液の流れやリンパの流れが滞り、体内に老廃物がたまりやすくなります。
すると、胸の発達に不可欠な女性ホルモンや栄養などの働きが阻害されてしまい、胸が十分に育ちません。

タバコやカフェインの摂り過ぎも、同様に血流を悪化させて女性ホルモンの力を弱め栄養の循環を悪くしてしまうため、注意しましょう。

■ブラジャーのサイズが合っていない
サイズの合わないブラジャーをつけていると、バストの形を崩す原因となってしまいます。

ブラジャーは長時間身につけるものですから、きちんとバストの形に合ったものをつけていないと胸に余計な負荷がかかり、脂肪が本来あるべき場所から横に流れたり下に垂れたりして、貧乳の原因になってしまいます。

貧乳の方におすすめのバストアップ方法

ここからは、胸を大きくするための方法を紹介していきます。

これらの改善方法はどれもバストアップに効果的なものばかり。
一度に実行するのは難しいかもしれませんが、できそうなことから少しずつ取り組んでいきましょう。

■ブラジャーの正しいサイズ選び
ブラジャーはバストが垂れるのを防いだり胸を保護するものだと思っている人が多いかと思いますが、ブラジャーの役割はそれだけではありません。

サイズの合ったブラジャーを身に着けることで、胸の型くずれを防いで美しい形を保つことができます。
最近ではバストを大きくする「育乳ブラ」が女性たちの注目を集めているように、ブラジャーの種類によってはバストアップ効果が期待できるものもあるのです。



まずはきちんとバストサイズを測り、どのサイズが自分の胸に最適なのかを知ることが先決です。
できれば下着の専門店でプロのアドバイスを受け、自分の希望にあったブラジャーを選んでもらうのがベストですね。

また最近は、寝ている間に身に着けるナイトブラもポピュラーになってきましたが、その中でも貧乳の人におすすめなのが「育乳ナイトブラ」

これは、睡眠中にくずれやすいバストの脂肪を、しっかりあるべき場所へ固定してバストアップをはかるブラジャーのことです。
貧乳で悩む人ほど、こうしたアイテムを利用してサイズアップを目指していきましょう。

【バストアップが目指せる育乳ナイトブラ↓】




■冷えの改善
体が冷えて血行や女性ホルモンの分泌が悪くなることが、バストアップを妨げる要因のひとつ。
そのため、できるだけ体を温める習慣を身につけ、冷え性を改善していきましょう。

入浴はシャワーでなく湯船に浸かる、冷たいものばかり食べたり飲んだりしない、エアコンの温度を下げ過ぎない、有酸素運動をするなどして、体を温めて血行を良くする習慣を積極的にとり入れてください。
また、たまには岩盤浴やよもぎ蒸しなどを利用して高い温熱効果を得るのもおすすめです。



■生活習慣を整える
睡眠不足や喫煙習慣などが育乳に良くないことは上で説明したとおり。
胸を大きくするには、体にいい生活習慣の積み重ねがとても大切です。

そのために、睡眠不足・夜更かし・不規則な食習慣・喫煙・カフェインの摂り過ぎなどを防いで、心身ともに元気でいられる環境作りをしていきましょう。

■胸を大きくするエクササイズをする
胸の脂肪を支える大胸筋を鍛えると、脂肪が下や横に流れるのを防ぎバストアップ効果が期待できます。

筋肉は天然の補正下着とも言われ、しっかり鍛えることで脂肪を支えてボディラインを整えることができますよ。

バストアップの視点からおすすめしたいのは、以下のエクササイズです。

<バストアップエクササイズ>
1.両手の肘を直角に曲げ、手のひらを顔の位置に持ち上げてスタンバイします
2.胸に息を吸い込みながら、肘から手のひらまでを真っ直ぐに保ったまま両腕を開いていきます
3.息をゆっくり吐きながら、腕の形を変えないまま元に戻し、左右の肘をくっつけます
4.左右の肘をくっつける際は、グッと力を込めて大胸筋に刺激が加わるのを意識します
5.10回×1セットからスタートし、慣れてきたら10回×2セットを行いましょう

まとめ~貧乳から脱出するために今日から美乳ケアをはじめよう~


胸が小さいことを悩む女性はとても多いですが、バストは日々の努力次第で美乳へと近づくことができます。

貧乳は体質だからと諦めないで、コツコツとしたケアを積み重ねて胸を育んでいきましょう。

魅力ある女性らしいバストを目指し、この記事で紹介した改善方法をぜひ今日からでも試してくださいね。

【あわせて読みたい記事】


関連記事

新着記事

人気記事

ReBON BLOG

PAGE TOP