ブラジャーの正しい洗い方&干し方を解説|手洗いと洗濯機それぞれの洗濯方法

  • 公開日:2018/09/14 最終更新日:2018/10/17

あなたはブラジャーの正しい洗い方を知っていますか?
毎日使うブラジャーは消耗品。

洗い方ひとつでその形や色、風合いなど、美しい状態を長持ちさせることができるんです。

ブラジャーの型崩れは、見た目の美しさだけでなく、着け心地の悪さやバストを正しい位置にホールドできなくなるなど、バストメイクにも悪影響を与えます。
そのようなことが起こらないように、ここで正しい洗濯方法と干し方について解説しましょう。

ブラジャーを丁寧に洗濯するべき理由とは

ブラジャーは、色々なパーツが組み合わさってできているため、少しの衝撃でそのバランスが崩れやすく、適当に洗うと簡単に型崩れしてしまいます。
ブラジャーのデザインは、バストラインをきれいに整えるためであるとか着け心地の良さを追求し、計算した上で作られているのです。

ですから、例えば、洗濯機に入れてボタンを押すだけの自動コースでガラガラと適当に洗ってしまえば、洗い上がりには見た目のバストラインが悪くなっていたり、次につけた時のフィット感に違和感を覚えたりするなど、悪影響を及ぼすことに。

ブラジャーの中には、シルクや装飾の細かなレース使いなど、デリケートな素材を使ったものも多く、洗濯の仕方を間違えると一発で見た目が悪くなってしまうこともあります。

だからこそブラジャーは、丁寧に洗うことが必要。

洗濯機に入れたのなら、デリケートなものを洗うためのコースを選ぶことがおすすめですが、それでも洗濯時や脱水時に大きな力がかかって型崩れしやすくなるので、極力手洗いをするようにした方が長持ちします。

正しいブラジャーの洗い方

①お湯を張った洗面器で軽く押し洗い
お風呂で使うような洗面器や小型のバケツにぬるま湯を張り、洗剤を入れてかき混ぜてから軽く押し洗いをはじめます。

一般的な粉洗剤・液体洗剤よりも、おしゃれ着用などデリケートな衣類を洗うことができる洗剤を選ぶとGOOD。
それぞれの洗剤で推奨されている量を入れるといいでしょう。

ブラジャーは、無理やり押すようにして洗うのではなく、洗剤液をしみこませるようにやさしく漬け込むようにするのがおすすめ。
数分間の着け置き洗いをすると、手洗いした時の汚れ落ちが良くなります。

使う洗面器やバケツは、直径の広いものが使いやすいですよ。

②すすぎはしっかり
洗剤の洗い残しがあると、ブラジャーの黄ばみや色のくすみ、色落ちの原因になるので、必ずきれいに洗剤を落とすようにしましょう。

最近の洗剤の中には「すすぎ1回」と書いているものも多く、そういったもののすすぎは基本的に1度でいいのですが、入れる洗剤が多すぎたなどがあれば、ブラジャーの生地の劣化につながるので、2回以上すすいでも大丈夫。

すすいでいる間は、何度か洗面器やバケツ内の水を取り替えて、たっぷりのきれいなお水で十分に洗剤成分を流してください。

③脱水はタオルで水気を拭き取る
水気を軽く絞ってから、大きめのタオルの上にブラジャーを乗せます。
水気を絞る時には、決してねじらないようにすることがポイント。

濡れている部分を軽く握るようにして、布にたまった水を出す程度で大丈夫です。
ブラジャーをタオルで挟むようにして、全体の水分をポンポンと手でたたき、水分をタオルにしみこませるようにして乾かしましょう。

【時間のない時は洗濯機でOK】
ブラジャーは、できるだけ手洗いの方が望ましいのですが、毎日の忙しさから、時間に余裕のない人もたくさんいますよね。
そういう人は、無理せず洗濯機を使う方法を選びましょう。

最近では、ブラジャーを入れるための専用洗濯ネットが売っているので、ぜひ活用してください。
洗濯機を使う時には、必ずネットに入れて、他の衣類と絡まないようにしましょう。

洗濯機では、Tシャツなどいつもの汚れ物を洗うコースではなく、ウールやシルクなどデリケートな素材を洗うためのソフトコース手洗いコースドライコースなどで洗うことがおすすめです。

脱水は30秒程度にします。
それ以上脱水機にかけると、強い遠心力で生地が伸ばされたりねじれたまま引っ張られることで、繊維が傷み、型崩れしてしまうので、注意してくださいね。

型崩れしないブラジャーの正しい干し方

ポイントは「着けているような形」で干すこと。
ブラジャーを干すときは、肩ひもをピンチで留めたりハンガーに引っかけたりして、まるで着用しているかのような状態にすることが理想です。

パッドが内蔵されているものや装飾が豪華なものなど、水を含んで重たくなるブラジャーは、肩ひもから吊るすとひもに大きな力がかかって負担になるので、逆さまにしてアンダーバストから吊るすように干すといいでしょう。

平らなところに広げるようにして干すこともいいですが、その場合は、下に敷くものをメッシュ状や吸水性のいいものにするなど、ブラジャーに湿気が留まらないようにすることが大切です。

いずれにしても、ねじれたままであったり、ワイヤーや布が折り曲げられたりなど、形が崩れたままでなければOKです。

ブラジャーを洗濯&干すために気を付けたいポイントとは

■ブラジャーのパッドやパーツは外す
ブラジャーを洗う時、あらかじめパッドや肩ひもは外しておきましょう。
ブラジャーの本体とパーツを分けて洗うことで、一つ一つを丁寧に洗うことができ、洗剤の成分のすすぎ残しを防ぐことができます。

■洗剤選びは慎重に
ブラジャーを洗うための洗剤は、一般的な洋服に使うものと同じもので大丈夫。
化学繊維やコットンをはじめ、シルク素材にも使うことのできる「中性」のものを選ぶといいでしょう。

酵素入りのものやアルカリ性のものでは、ブラジャーの生地にダメージを与えてしまうことがあるのでNG。
また、蛍光増白剤の入ったものはブラジャーの色や風合いを変えてしまうことがあるので使わないことをおすすめします。

最後に柔軟剤を使うことで、肌触りが柔らかくなり、静電気防止や下着が体にまとわりつくことを防いでくれる効果があります。

■干す前のひと手間が大切
ブラジャーを干す前には、レースの部分を軽く引っ張って伸ばすようにしたり、ワイヤーの形を整えるなど、丁寧に元の形に戻すように成型してからにしましょう。

このひと手間があるかないかで、ブラジャーが乾いた後の仕上がりに違いが出ますよ。

まとめ~ブラジャーの正しい洗濯方法を身につけて~

素材や形などがデリケートなブラジャーは、バストを支え、綺麗に形を整えてくれる重要な存在だからこそ、洋服を扱うよりも慎重に取り扱いたいもの。

乾いた後にはブラジャーを広げた状態できれいに収納することができるスペースを作り、保管の方法にも気を遣いましょうね。
お気に入りのブラジャーを長持ちさせるために、ご紹介した洗濯方法や干し方を参考にしてください。

【あわせて読みたい記事】






関連記事

新着記事

人気記事

ReBON BLOG

PAGE TOP