脇肉をなくしたい!脇からはみだす脂肪の原因と撃退エクササイズ

  • 公開日:2018/10/19 最終更新日:2018/11/22

若い頃は脇肉なんてなかったのに、年々脇がプニプニになってきた…と、感じている方は多いのではないでしょうか?

脇肉がハミ出して段差になっていると、シルエットが「モッタリ」とするし、若々しさに欠けてしまいますよね。
洋服だってかっこよく、素敵に着こなせないし困ったものです。

でも、だんだん脇肉が気になるようになってくるのはなぜなのでしょうか?

脇肉対策をするなら、原因が分かっていないと意味がありません!

こちらの記事では、脇肉ができてしまう原因やその撃退方法におすすめのエクササイズをまとめて紹介しています。

スッキリとした理想のスタイルを目指すための参考にして頂けたら幸いです♪

どうして脇肉ができてしまうの?考えられる原因とは

【原因①:ブラのサイズが合っていない】
みなさんは正しいブラのサイズを選べている自信はありますか?
こちらの項目に当てはまることがあればサイズが合っておらず、脇肉の原因になっている可能性があります。

・ブラジャーを着けていると痛くなってくる
・肩紐がずれる、落ちる
・カップがパカパカとしている
・何年も新調していない
・きちんとサイズを測っていない
・カップに肉が収まり切らない

【原因②:猫背】
意識していないとついつい背中が丸く、猫背になったりしませんか?
猫背の姿勢は肩甲骨が開いた状態になり、その周りに贅肉が付きやすくなってしまいます。

デスクワークでつい猫背になってしまう方、日頃から楽な姿勢をとろうと無意識に猫背になっている方は要注意
時々鏡やガラスに映る自分の姿勢をチェックしてみましょう。

【原因③:リンパのめぐりが悪い】
脇の下はリンパ節があり、老廃物や余分な水分を運んで排出する働きがあります。

リンパのめぐりが悪いと、老廃物や水分、脂肪が排出されずに溜まってしまうんです。
余分なものが溜まってむくんでいたり、定着してしまうことで脇肉がプニッとしてしまいます。

脇肉解消!おすすめの脇肉撃退エクササイズをご紹介

■逆腕立て伏せ
両足をくっつけ、膝を曲げて座ります。
両手は後ろにつき、そこから腕立て伏せのように上下運動をします。

二の腕や脇下をシェイプアップする効果に期待ができるエクササイズです。
座った状態でできることや負荷が大きくないので、エクササイズを始めたばかりの初心者さんにおすすめです♪

■リバースプッシュアップ
しっかりと固定された台(椅子や机など)の端に両手を置き、膝が90度になるまで腰を落とし、曲げていきます。

腰を落としていくときに息を吸い、元の姿勢に戻っていくときに吐きましょう。
足の位置は前の方に出すと負荷が大きくなります。

自分のレベル、筋力に合わせて足の位置を変えてみましょう!

※前のほうに体重をかけるとひっくり返ってしまうような椅子ではやらないでください。(安定性のあるローテーブルがおすすめです)

■腕振り+ウォーキング
歩くときは腕をちゃんと振っていますか?
腕をほとんど動かさずに歩いたり、両手が荷物でふさがっていると腕や脇に肉がなかなか落とせません。

歩く時は後ろに腕を振るように意識してみましょう!
肩甲骨、腕の付け根からしっかり動かすと運動量が増え、脇やその周りの贅肉を落とす効果に期待ができます。

■パタパタストレッチ
手の甲が外側を向くように立った状態で両腕をまっすぐ斜め45度上に息を吸いながら開きます。
次に45度の角度のまま息を吐きながら手を下に下げます。

このパタパタと羽ばたくような動作を繰り返しましょう。
手を大きく伸ばして上下に動かすので、手が周りにぶつからないように開けた場所でやってくださいね。

日常でできる脇肉を防止する方法

『自分に合ったブラを着ける』
サイズの合ったブラをつけないと脂肪があちこちに流れ、脇や背中の贅肉として定着してしまうのでサイズの合ったブラを使うように心がけることが大切です。

ブラはいわば「ダム」のようなものです。
胸は年齢を重ねるとだんだんハリがなくなって柔らかくなり、あちこちに脂肪が流れていきやすくなってしまいます。

サイズの合ったブラでバストをしっかりと固定してあげることで、脂肪が流れ、脇肉になってしまうのを防ぐことができます。

ブラのサイズは自分でも測れますが、できたら下着店に行ってプロの方に測ってもらうのがいいですよ。



『正しい姿勢で生活する』
脇肉のできる原因のひとつとして姿勢の悪さ、すなわち座っているときの姿勢が挙げられます。

普段から姿勢が悪かったり猫背になりがちという人は正しい姿勢で生活をする意識をしましょう。

イスにだらっと座っていると、筋肉が衰えてしまいます。
姿勢をよくしていれば普段あまり使われていない筋肉も鍛えられ、脇肉や背中の肉がつきにくくなります。

しかし背筋をピンと伸ばして座るだけでは、姿勢を正すことは難しいのだとか。

正しい座り方は、イスの背もたれにお尻グイっとつけて背骨がS字になっている姿勢が理想的だそうですよ。



『ナイトブラを着用する』
ナイトブラは夜寝る時に使うブラジャーのことです。

ブラジャーなら昼に使っているのをそのまま夜も使えばいいのでは?と、昼用のを使っている人やそもそも寝苦しいのが嫌でノーブラで寝ている人…それでは脇肉を作ってしまうばかりか、胸の形まで悪くなってしまいます

寝ている間は寝返りをうったり仰向けで寝たり、さまざまな姿勢をする中であちこちに胸の脂肪が動かされています

胸の脂肪が動かされていると、胸のハリを支えるクーパー靭帯という部分が伸びてしまい垂れ乳離れ乳になり、たるんだ胸の脂肪が脇に移動して脇肉になってしまうんです。

昼用のブラジャーは、「立っている姿勢」を美しく見せるために設計されているので、寝ている時の姿勢には対応していないのがほとんど。

逆に、ナイトブラは寝ている時の胸を支えるために設計されているので、寝る時は昼用のブラジャーではなくナイトブラがおすすめ。
寝ている間の胸を支え、胸の型崩れを防止し脇肉になるのを防いでくれます。



まとめ~エクササイズでプニプニ脇肉をスッキリさせよう!~

脇肉ができてしまう原因はただ太るというものではなく、加齢やブラ、姿勢にも原因があったんですね。
ごはんを減らしたり、ダイエットばかりに気が向きがちですが下着にも工夫すれば胸の形も綺麗になるし、脇肉も予防できます!

今ある脇肉を撃退するエクササイズを毎日ちょっとずつでも試し、改善を目指してみてください。
どのエクササイズも初心者の方ができるものを厳選しました。

筋肉を鍛えることは若々しさにつながること!筋肉は裏切りません!
ぜひ、体型維持やエイジングケアにおすすめエクササイズを試してみてくださいね。

【あわせて読みたい記事】



関連記事

新着記事

人気記事

ReBON BLOG

PAGE TOP