スポーツブラの選び方|美乳維持にスポブラが絶対必要な理由とは

  • 公開日:2018/11/30 最終更新日:2018/12/18

スポーツブラってどういうイメージがありますか?

「思春期に入り胸が大きくなってきた女子が使う」「運動部の女子が使う」など、10代くらいの若い女の子が使うものというイメージは強めですよね。

でも、スポーツブラは大人にもおすすめ!

特に、スポーツが趣味のスポーツ女子やダイエットで運動にチャレンジしている女性のバスト崩れ予防にぴったり。
運動をするならスポーツブラは必要性の高いアイテムなんですよ。

そこで、スポーツブラの必要性が高い理由と、スポーツブラを使わないで運動しているとどうなるのかを具体的に見ていきましょう。

スポーツ中のバスト崩れを予防!自分に合うスポーツブラの選び方

サイズの選び方

スポーツブラは普通のブラジャーのようにサイズが細かく設定されていなく、S、M、Lなどのサイズ表記が多いです。

それだと、どのサイズを選べばいいのかちょっとわかりにくいですよね。
メーカーによってもサイズは異なるので、まずは買う前に試着するのが大切ですが、目安としてこちらでスポーツブラの選び方を参考にしてみてください。

<スポーツブラのサイズの目安>
・SサイズまたはMサイズ…アンダー65~70のA~Cカップ
・Lサイズ…アンダー70~75のB~Dカップ
・LLサイズ…アンダー80以上のCカップ

このサイズを目安に、試着してみて中心が浮くなら1サイズ上、バストトップに隙間ができるなら1サイズ下を選んでもう一度試着してみましょう。

スポーツブラの選び方のポイント

サイズだけでなく、スポーツブラを選ぶ際に気をつけたいポイントがあります。

<スポーツブラを選ぶポイント>
・生地がしっかりしているか
・着用していて苦しくないか
・着用後、スポーツブラにシワができない
・ストラップがずれない
・着用中、上から覗いて胸の谷間が見えない
・動いてもアンダーがずれない、動かない
・バストトップ部分に隙間ができブカブカしない
・体を動かす範囲を邪魔しない
・着用していてチクチクしたりかゆくないか

以上の点に気をつけて選ぶと、付け心地のいいスポーツブラを見つけることができますよ!

スポーツや目的別の選び方

スポーツブラを選ぶときには、自分がどんな運動をしているのかスポーツや目的に合わせて探してみましょう。

たとえば、運動はランニングやウォーキング、ヨガ、ピラティスなどをしている方の場合です。

■ヨガやピラティス
ヨガやピラティスをするときなら「ストラップ調整ができる」「ストレッチ性のある生地」のスポーツブラがおすすめです。

ストラップがしっかりしているタイプは体を捻ったりする動きが邪魔されてしまう場合があるので、肩紐は細めでストラップ調整ができるものを選ぶといいですよ。

■ランニング時
ランニングなど体が上下に揺れる運動をする場合は、「肩紐が太い」「背中部分がクロスしている」「脇高設計」のスポーツブラを選ぶのがおすすめです。

バストの揺れを抑えクーパー靭帯へのダメージを軽減するために、この3点のポイントを満たしているスポーツブラは揺れを最小限に抑えるのに最適といえるでしょう。

<どうしても自分では選ぶ自信がない方は…>
下着店に行けば下着のプロの方がいらっしゃるので、もし自分なりのスポーツブラの選び方に不安があるならお店の方に選んでもらうのもいいと思いますよ。

下着選びの失敗をしたくない方、目的に合わせた専用のスポーツブラをお探しのスポーツ女子の皆さんは、ぜひお店の方のアドバイスも聞いてみてはいかがでしょうか。

スポーツブラと普通のブラはなにが違うの?

ブラジャーホックなど金具の有無
普通のブラジャーにはストラップ、背中やフロントのホックに金属、プラスチック、胸にはワイヤーが入っているものもあります。

バストの形を美しく演出するためにワイヤーや金属素材が使われているものが多いです。

簡単にいうと、普通のブラジャーはバストアップさせて形をよく見せるブラジャーと言っていいかもしれません。

一方、スポーツブラはホック、ストラップ、ワイヤーなどは無く、布素材だけでできています。
頭から被って着用したり、足元から履いて着用できます。

スポーツブラは形をよく見せバストアップさせる効果は二の次なので、バストアップ目的で使うブラジャーではないでしょう。

ブラジャー生地の吸水性や速乾性
スポーツをすると汗をかきます。

普通のブラジャーの素材も大きな汗ムレを起こさないよう考慮されて作られているものもありますが、スポーツブラはより汗をかいてもすぐに吸収し乾く素材で作られているのが特徴です。

胸全体をホールドし動かないようにする
普通のブラジャーには可愛い飾りがついていたり、ストラップは細めで胸を運動時の動きから守る作りはしていません。

スポーツブラは、スポーツ女子のことを考え太めのストラップ、バスト全体を包んで動きにくくし、バストを激しい揺れから守る作りになっています。

スポーツブラを使わず運動するとどうなる?

普通のブラジャーも胸を支える機能があるので、運動するからとわざわざスポーツブラを使わなくてもいい気がしますよね。

でも、実際スポーツをするのにスポーツブラをしないと、胸の美容によくない影響があるんです。
スポーツブラを使わずに運動するとどんなことが起こる可能性があるのかをまとめてみたので、こちらをご覧ください。

これを見て、まだ普通のブラジャーを着けてスポーツ女子を続けられますか?

バスト崩れを起こす原因になる
上向きバスト、ハリのあるバストを支えているのは胸の「クーパー靭帯」と呼ばれる部分です。
クーパー靭帯はコラーゲンでできていて、胸の乳腺を覆うように全体を支えることで、バストの形を保っています。

しかし、スポーツブラを使わずに運動し、激しく胸が揺れる状態が長く続くとだんだんクーパー靭帯が伸びて傷ついて切れてしまうことも

壊れたクーパー靭帯はもう再生することがなく、一度壊れてしまったらバスト崩れを起こしてしまいます

スポーツブラを着用することで胸全体が支えられ、激しい動きをしても胸が大きく揺さぶられにくくなり、クーパー靭帯の損傷を防ぐ効果に期待できます。

<クーパー靭帯を維持できていると…>
・垂れ胸の予防ができる
・バストの丸みをキープできる
離れ乳予防できる

このようにクーパー靭帯を維持することは、バスト崩れを防ぎ、美乳を保つことができるのです。
スポーツ女子なら最低でも1~2枚はスポーツブラを持っておく必要性があるのではないでしょうか。



肌トラブルを起こすことがある
スポーツをして汗をかいても、吸水性のよくないブラジャーをしていたらいつまでも湿気がこもり、肌が刺激を受けやすい状態が続いてしまいます。

その状態でホックやワイヤーのあるブラジャーを使っていると、肌に刺激になってしまいその部分が汗疹になってしまうことも。

強い刺激が加わり続けると色素沈着を起こす原因にもなります。

汗ムレによる肌荒れを防ぐためにも、スポーツブラの必要性があるのですね。
胸の形を守るだけでなく、汗などが原因の肌荒れ対策にもスポーツブラが活躍してくれそうですね。

ナイトブラを着用しよう
バスト崩れが気になってきてしまった方は、就寝時に着用する「ナイトブラ」がおすすめ。

バストの形を保っている「クーパー靭帯」についてお話ししましたが、睡眠中にもクーパー靭帯の損傷のリスクが潜んでいます。

睡眠中のバストは寝返りとともに、さまざまな方向に揺れ動いています。
人は寝ている間に20回以上もの寝返りを打つと言われているので、そのリスクは計り知れませんよね。

寝るときは普通のブラをつけている人もバスト崩れのリスクが。
なぜなら、日中のブラジャーやスポーツブラでは睡眠中のバストを守ることはできないからです。

睡眠中もしっかりバストを固定できるナイトブラを着用してクーパー靭帯を守ることが大切です。

まとめ~最適なスポーツブラの選び方でバスト崩れ知らずの美乳をキープしよう~

運動するときも普通のブラジャーを使っていたという方は結構多いと思うのですが、より美乳を守るためにはスポーツブラを使ったほうがいいということが分かりましたね。

一度バスト崩れを起こしてしまうと、完全に元に戻すことはできないかもしれないことを考えるとスポーツにトライするならスポーツブラの用意をおすすめします!

もし、形を戻せたとしてもかなり長い時間が必要になってしまうと思います。

大変な思いを避けるためにも、今からでもスポーツ時にはスポーツブラ、就寝時にはナイトブラを着用するよう、心がけてみましょう♪

【あわせて読みたい記事】


関連記事

新着記事

人気記事

ReBON BLOG

PAGE TOP