授乳中こそナイトブラをつけるべき!産後のナイトブラの選び方

  • 公開日:2019/01/11 最終更新日:2019/02/28

授乳中はナイトブラを使ったほうがいいって知ってますか?

妊娠、出産を経て産後の授乳期になると妊娠前よりも胸が大きくなって喜んでいる方も多いと思います。
中にはAカップだったのにCカップ、Dカップになっちゃう人もいるんだそうですよ。

でも、授乳中は大きくても残念ながら授乳期を過ぎるとしぼみ、授乳中のバストケア次第では垂れて悲惨な形になってしまうことも。

急激に大きくなる授乳中の胸だからこそ念入りのケアが必要です。

そのために使いたいのが「ナイトブラ」
そこで、なぜ授乳中はナイトブラをきちんと使うべきなのか、理由がはっきりしていないと使うのは面倒臭いなと思ってしまう方もいらっしゃるでしょう。

授乳中にナイトブラを使うべき理由について明らかにしていきたいと思いますので、ぜひ最後まで見ていってくださいね♪

ナイトブラってどんな効果がある?

まず、ナイトブラの基本的な効果について簡単にご紹介しますね。

ナイトブラとは名前の通り夜に使うブラジャーのこと。

寝ている時の姿勢を想定した作りになっていて、仰向けや横向き、うつ伏せになったときに胸が流れないように固定し、バストを正しい位置に収める効果のあるブラジャーです。

<ナイトブラの効果>
・胸の垂れ予防
・離れ乳予防
・美バストの維持
・クーパー靭帯の保護
・脇腹、背中をスッキリさせる

ナイトブラを取り入れると、バストにこのような効果を期待することができます。

では、基本のナイトブラの効果を簡単にご紹介したところで、なぜ授乳中に必要なのか詳しく見ていきましょう!

授乳中に取り入れたいおすすめのナイトブラはこちらから↓

授乳中にナイトブラが必要な理由とは

産後、授乳中にはなぜナイトブラが必要なのでしょうか?

母乳が出やすくなる
母乳は血液からできているので、冷えや肩こりなどで血の巡りが悪くなると母乳の量が減ってしまう可能性があるんです。

ナイトブラは胸の形を守る効果はもちろん、胸の冷え対策にもなるので、体が冷えやすい寝ている間に使えば、体を冷えから守って母乳を出やすくしてくれる効果に期待できます。

脂肪は一度冷えるとなかなか温まりにくいもの…冷えから胸を守るためにナイトブラが役立つのです!

また、肩こりの予防にも効果を期待できます。
ナイトブラをつけることで母乳で重くなった胸を支え、肩こりの予防や症状の軽減にも効果的。

肩こりは血の巡りが悪くなり、母乳の出に悪い影響を及ぼすこともあるので、肩こり対策にもナイトブラを使ったほうがいいといわれています。

授乳中はサプリやクリームは控えたい
バストケア商品には専用のクリーム、サプリメントがありますが、「授乳中の使用はおすすめできない」というような説明が書かれていることがあります。

おっぱいをくわえる赤ちゃん、母乳を飲む赤ちゃんの口にクリームやサプリの成分が入ってしまったら困ります。
危険な成分ではなくても、万が一のトラブルを防ぐためにもなるべく避けたいですよね。

サプリやクリームを使ったバストケアは避けたい時期だからこそ、ナイトブラが美バストの維持に役立つアイテムになります。

授乳ブラにもナイトブラにもなる
母乳育児をする方、経験がある方ならご存知だと思いますが、授乳用の授乳ブラというのがありますよね。

授乳に適したブラジャーなので、授乳中に使うために用意する方もたくさんいますが、寝ているときの体勢を考慮して作られたものではありません
なので、寝ているときの胸の動きをしっかりホールドできる…とは言いがたいですね。

ナイトブラなら、寝ているときに胸をホールドしながら授乳ブラのかわりにもなります。

だったら、授乳ブラとしてもナイトブラとしても使えるナイトブラを着けたほうがいいですよね。
夜寝るときはナイトブラ、昼は普通の授乳用ブラと使い分けるといいと思いますよ!

クーパー靭帯を守る
授乳中だけに限った話ではありませんが、ナイトブラは寝ている間の胸があちこちに動いてクーパー靭帯に負担がかからないように、サポートしてくれます。

授乳中は急激に胸が大きくなることで、胸の動きによるクーパー靭帯への負担のほか、胸そのものが重たくなることでのクーパー靭帯への負担が増えてしまうことに。

クーパー靭帯が胸の重さに耐えきれずに伸びてしまうと、産後に胸が「U」「V」の字のような形に伸び、垂れてしまうことがあります。
そうならないようにするための予防対策に、ナイトブラは必要なんですよ。

産後&授乳中におすすめのナイトブラの選び方

産後、授乳中に使うナイトブラを選ぶときにはどんなナイトブラを選べばよいのか、おすすめポイントをご紹介します!

授乳がしやすい
赤ちゃんがおっぱいを欲しがるたびに着け外しに手間がかかるブラは、いやですよね。
さっと授乳しやすく、赤ちゃんを待たせないナイトブラはクロスタイプのものがおすすめです。

クロスタイプのナイトブラは、ずらすだけですぐに胸を出すことができ、授乳がしやすいので授乳中にぴったり。
夜中に寝ぼけているときでも、手こずることなく授乳ができますよ。

自然由来の素材

妊娠中や産後は、妊娠前とまったく体質や肌質が変わってしまうくらい大きな体の変化があるといわれています。

今まで大丈夫だった化粧品、服の素材がまったく合わなくなってしまい、肌荒れするようになった…というお話はよく聞くものです。

直接肌に触れるナイトブラは、できるだけ刺激にならないように自然由来の素材を使った肌に優しい生地のものがおすすめ。

100%綿のナイトブラは肌触りがよく、赤ちゃんの薄い肌に触れても傷付ける心配がないので、いいですよ。

耐久性がある

授乳中は何度もブラを着けたり外したり、ずらしたりするでしょう。

耐久性のないナイトブラはだんだん生地が伸び、胸をホールドする力がなくなってしまうので、しっかりとした頑丈なつくりでナイトブラを選ぶといいですよ。

安価なナイトブラはへたりやすいので、ある程度の値段のナイトブラを選ぶようにすれば、耐久性は問題ないと思います。

有名な下着メーカーのものやランキングで人気のナイトブラなら、すぐにへたってしまうことはないでしょう。

まとめ~授乳中こそナイトブラを着けて産後も美バストをキープしよう~

授乳中は何度もブラを外したり、ずらしたり、着けたり…頻繁だと面倒くさくなってしまいますよね。
私は面倒くさくなって家ではノーブラで過ごしてしまったこともあります。

美バストの維持にはノーブラは厳禁なので、マネしないでくださいね!

産後、授乳中のバストの大きさに美バストになれたと喜ぶのはまだ早いです!

きちんとナイトブラを使い、赤ちゃんの授乳期が終わったあとも美バストを保てるように早いうちからケアをしていていきましょうね!

【あわせて読みたい記事】



関連記事

新着記事

人気記事

ReBON BLOG

PAGE TOP