8時間ダイエットは本当に痩せる?正しいやり方や注意点を徹底解説

  • izmi 
  • 投稿者 : izmi  
  • 公開日:2019/07/06 最終更新日:2019/07/08

さまざまなメディアで話題になっている「8時間ダイエット」
SNSや口コミでも評判になっているので、一度は聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

食事の時間を「8時間」という縛りの中でコントロールするため、厳しい食事制限なしにダイエットができるということですが、やはり「本当に効果はあるのか?」と気になっている人も少なくないでしょう。

そこで今回は、8時間ダイエットについて詳しく掘り下げていきます。
8時間ダイエットで痩せると言われる具体的な理由や、やり方&ルール注意点などを細かく解説していきます。

8時間ダイエットに興味を持っていた人はもちろん、無理なく痩せる方法が知りたいと思っていたあなたも、是非チェックしてみてください。

そもそも「8時間ダイエット」とは


各所で話題になっている「8時間ダイエット」ですが、具体的にはどのようなダイエット方法なのでしょうか?

詳しいルールややり方は後述しますが、基本的には「食事の時間を8時間以内に収める」というダイエット方法です。

食事の時間を8時間に収めることでこれらの効果が期待できるといいます。

・摂取カロリーを減らすことができる
・胃腸機能を回復させる
・基礎代謝を向上させる

この8時間ダイエットを提唱したのは、デビット・ジンチェンコさんとピーター・ムーアさん。

2013年に出版した「8時間ダイエット」という本は、アメリカで発売後、世界中で話題となりました。
NYタイムズのベストセラーにもランクインし、ダイエットはもちろん、心臓病や糖尿病、ガンのリスクを下げるといった健康へのメリットも期待されています。

「何を食べたか」よりも「いつまでに食べたか」を重視することで、辛い食事制限のないダイエットが実現できると人気を博したわけですね。

8時間ダイエットで痩せる理由とは


8時間ダイエットで痩せると言われているには、さまざまな理由があります。
項目別に分類して紹介していきます。

摂取カロリーが減らせる
食事時間を1日のうち8時間に限定することで、単純に摂取カロリーを減らしやすくなるでしょう。

食事の内容や個人の体質によっても異なりますが、基本的にカロリーは取れば取るほど太りやすくなりますよね。
食事時間を制限しておくことで、カロリーの過剰摂取を予防しやすくなり、太る原因を自然と取り除きやすくなるというわけです。

「つい食べ過ぎてしまう」という悩みを抱えている人には、おすすめのやり方とも言えるでしょう。

基礎代謝が上がる
8時間ダイエットの大きなメリットとして、基礎代謝アップが挙げられます。

1日のうち、食事時間を8時間に限定することで、残りの16時間は消化器官を休めることができるのです。

そうすれば消化器官の回復時間が十分に取れるため、稼働力も上がりやすくなります。
基礎代謝も向上して、痩せやすい体質づくりに役立つというわけです。

更に消化吸収もスムーズになるため、摂取した栄養素を十分に活躍させる手助けにもなります。
ダイエットはもちろん、美容や健康へのメリットも期待できるでしょう。

無理なく続けやすい
前述したように、8時間ダイエットは制限時間内であれば、好きなものを食べていいルールになっています。
そのため、ダイエット成功まで無理なく続けやすいというメリットもあるのです。

どのようなダイエット方法でも、成功させるためにはやはり一定期間、継続して取り組む必要があります。
しかし「辛い食事制限に耐えられない」「激しい運動が得意ではない」ということで、挫折してしまうケースは非常に多いのです。

8時間ダイエットであれば、ストレスを限りなく少なくして一定期間取り組みやすいですから、これまで挫折経験がある人にもおすすめでしょう。

便秘解消の役に立つ
8時間ダイエットには、便秘解消に役立つ方法としても知られています。

1日の間に絶え間なく食事を取っていると、消化器官が十分に休めず、消化機能が低下してしまうことがあります。

特に生活リズムが乱れがちで、深夜に高カロリーの食事を取ることが多い人や、間食を頻繁に取る人に多い状態と言えますね。

胃腸を始めとした消化器官の活動が鈍くなると、消化不良を起こして、便秘になりやすくなります。
体重も増えやすくなりますし、むくみや肌荒れなどのデメリットにも繋がってしまうでしょう。

8時間ダイエットをおこなうことで、前述したように消化器官の活動が活性化されます。
消化不良を改善し、便秘を解消する手助けになるのです。

便秘特有の不快感も解消されやすくなる上、体重も減り、むくみや肌荒れも改善されやすくなると言えるでしょう。

8時間ダイエットの正しいやり方・ルール


それでは、8時間ダイエットの正しいやり方&ルールについて紹介します。

8時間ダイエットの基本的な方法は「1日の食事は8時間以内に収める」というものです。

通常の食事時間例

・7時:朝食
・12時:昼食
・19時:夕食
食事時間=12時間(7時~12時)

8時間ダイエットの食事時間例

・7時:朝食
・最後の食事:15時
食事時間=8時間(7時~15時)
15時以降は食事を取らない(水分補給のみ可)

上記の食事時間はあくまで一例なので、実際はそれぞれの生活リズムに合わせた設定で構いません。
朝食を取ってから最後の食事までが8時間以内に収まっていればいいのです。

8時間ダイエットのコツと注意点


8時間ダイエットを成功させるためには、いくつかのコツや注意点を意識するのがおすすめです。
具体的なポイントをいくつか紹介していくので、参考にしてみてください。

水分補給を忘れない
8時間ダイエットに取り組む上で、小まめな水分補給は非常に重要です。
ダイエット中に脱水症状になって、健康を損なってしまっては意味がないからです。

8時間の食事時間を過ぎても、水分であればいくら摂取しても構いません。
どうしても空腹が気になってしまう人は、飲み物を工夫するといいでしょう。

おすすめの飲み物
・水
・白湯
・お茶・紅茶(ノンシュガーのみ)
・コーヒー(ノンシュガーのみ) など

上記で挙げたような飲み物を1日1.5リットル~2リットル程度飲むようにしましょう。

積極的な水分補給は、基礎代謝アップにも効果的です。
特に白湯のようにやや温かい飲み物は、消化器官を冷やさずに済むのでおすすめできます。



一方で、カロリーがある飲み物は原則禁止です。

避けた方が良い飲み物
・清涼飲料水
・スポーツドリンク
・野菜ジュース  など

コーヒーや紅茶は飲んでも構いませんが、前述したようにノンシュガーのものに限ってください。
砂糖やミルクなどを入れずに飲みましょう。

まずは10時間ダイエットからスタートしてもOK
生活バランスの問題から、1日の食事を8時間以内に収めるのはどうしても難しい人もいますよね。
また、ダイエットに不慣れなのでいきなり8時間は不安という場合もあるでしょう。

そんなときは、まずは「10時間ダイエット」からスタートしてみましょう。
基本的なルールややり方は8時間ダイエットと同じです。

制限時間が長くなる分、摂取カロリーが多くならないよう意識することや、食事の回数や時間を可能な限り一定に保つことなどを意識してみてください。

まずは一定期間、10時間ダイエットに身体を慣れさせて、リズムが掴めてきたら8時間ダイエットにチャレンジする方法もおすすめです。

運動を組み合わせると◎
より効率良くダイエットに取り組むためには、8時間ダイエットに運動を組み合わせるのがおすすめです。

1日8分の有酸素運動は、無理なく続けやすいですよ。
ウォーキングやストレッチなどの簡単なもので構わないので、激しい運動が苦手な人も可能な範囲でチャレンジしてみてください。



更に、筋トレを取り入れると基礎代謝が上がりやすいです。
体重を減らすだけではなく、痩せやすい体質づくりをしやすくなるからです。

本格的なジムに通うのもいいですし、自宅で簡単に取り入れられる筋トレだけでも十分効果が望めます。
スクワットや腕立て伏せなどから試していくといいでしょう。



運動の前後には、プロテインを取り入れるのもおすすめです。
ただし、プロテインにもカロリーがあるため、食事制限の8時間以内に留めるのを忘れないようにしてください。

食事の質を意識する
8時間ダイエットの失敗例として「食事制限のせいで体調を崩してしまった」というものは少なくありません。

一種のプチ断食のようなやり方ですから、不慣れな人は栄養バランスを崩してしまいやすいのです。

失敗を防ぎ、かつ成功率を上げるためにも、栄養バランスの整った食事を取るように心がけましょう。
「高タンパク・低糖質」を意識すると、ダイエットに役立つ食事がとりやすいですよ。

以下は、8時間ダイエットを成功させるためにおすすめの食材例です。
この中から必ず2つは毎食取り入れるようにすると、成功率が上がりやすくなります。

・たまご
・脂身の少ない肉
・乳製品(チーズ、ヨーグルトなど)
・ナッツ類
・豆類
・ベリー系のフルーツ
・明るい色のフルーツ(りんご、オレンジなど)
・穀物(白米→玄米、パン→全粒粉パンなど)
・葉ものの野菜  など

まとめ~8時間ダイエットを正しく実践してスリムボディを~

今回の記事では、話題の「8時間ダイエット」について詳しく解説しました。

激しい運動や、厳しい食事制限なく取り組める8時間ダイエットは、無理なく続けやすくておすすめの方法です。
摂取カロリーを制限できるだけではなく、基礎代謝をアップさせて、痩せやすい体質づくりをする手助けにもなってくれるでしょう。

そして8時間ダイエットを成功させるためには、水分補給をはじめとしたさまざまな工夫や注意も必要です。
水分補給は8時間外でもおこなって構いませんが、運動用のプロテインやカロリー入りの飲み物の摂取は意識しなくてはいけません。

今回紹介したポイントに気を配りながら、是非8時間ダイエットにチャレンジしてみてください。

【あわせて読みたい記事】



関連記事

新着記事

人気記事

ReBON BLOG

OFFICIAL ACCOUNT

instagram
instagram
PAGE TOP