40代のマツエクはこうオーダーする!大人におすすめのデザインや本数をご紹介

  • 公開日:2019/03/29 最終更新日:2019/04/01

まつ毛エクステ、通称「マツエク」は、今や幅広い年代の女性たちに人気の美容法。

当初は「若い女性のもの」とのイメージが強かったマツエクも、最近では、年齢層がどんどん広がっており、気軽にできるアンチエイジング方法として注目されています。

そこでここでは、40代の女性がマツエクを楽しむための基礎知識オススメのデザインやオーダー方法などをご紹介しましょう。

40代でもマツエクはできる?

マツエクは気軽にできるアンチエイジング
もちろん、40代でもマツエクは可能です。
マツエクは、自まつ毛が健康であれば、どの年代でも目元のおしゃれを楽しむことのできる施術です。

40代のアンチエイジングというと、高級な基礎化粧品を使ったり、メスを使った美容整形をしたりなどしなければいけないと、どうしても大げさに思われがちですよね。

マツエクは、それほどお金もかからず、手軽でありながら劇的に目元の印象が変わる施術です。
簡単にできるアンチエイジング法として注目されており、特に40代女性には多くの利用者がいるんですよ。

40代に合うマツエクデザインとオーダーの時のポイント

おすすめの本数は「100本前後」
マツエクは、まつ毛につけるエクステの本数によって値段が違い、多くなればなるほど高額になります。

サロンによって「つけ放題コース」を用意しているところもあり、お得感からここぞとばかりにたくさんつけようとする人がいますが、それはNG

あまりにたくさんの本数を付けて目元を盛りすぎると、若々しさを通り越して、「痛い人」だと思われてしまいます。

若作りも度が過ぎると、かえって老けて見えてしまいますよね。

40代の方がマツエクをする時の本数は、自然にボリュームアップすることのできる100本前後がおすすめ

マツエクをしているかしていないか程度のさりげないボリュームアップでいい場合は、80本、少しだけ華やかに見せたいという人は120本程度の本数を選ぶことがベストです。

長さは「自まつ毛プラス1㎜」がきれい
40代の方におすすめの長さは、自まつ毛にプラス1㎜くらい。

目元の印象を明るくしたいと、自まつ毛よりだいぶ長いエクステをオーダーする人がいますが、それでは見た目が不自然になるのでおすすめできません。

また、40代になると、体の衰えとともにまつ毛も老化するので、長すぎるマツエクがまつ毛の負担となってしまいます。

ほとんどの人は自まつ毛の長さがわからないと思いますので、アイリストの方に見てもらって長さを決めるといいでしょう。

サロンによっては、自まつ毛の長さに合わせて、複数の長さのエクステをミックスした施術をしてくれるところもあり、より自然に仕上がります。

太さは「0.1~0.15㎜」
マツエクの太さは、自まつ毛に近い0.1㎜、マスカラを一度塗りしたような0.15㎜、マスカラの重ね塗りをしたような仕上がりになる0.2㎜の3種類が主流です。

40代の方におすすめのマツエクの太さは、0.1㎜0.15㎜

日本人のまつ毛の太さの平均は0.12㎜だといわれているので、その前後の太さを選ぶことで、わざとらしさのない仕上がりになります。

最近は「フラットラッシュ」と言って、細いマツエクを2本横並びでくっつけたようなものがあり、より自然に仕上がると人気。

フラットな分接着面が大きく、一般的なシングルラッシュより軽いので、持ちの良さがメリットです。

ナチュラルな仕上がりを目指すなら「Jカール」
マツエクには、カーブの具合によって、主に3種類のカールがあります。

ひとつめは、まつ毛がグイっと上を向いて上がっている「Dカール」。
2つめは、ビューラーで付けたような自然な上向きカールの「Cカール」、そしてもう一つが、毛先だけほんの少し上向きになった「Jカール」です。

40代の方には、最もナチュラルに仕上がる「Jカール」か、さりげなく華やかさのある「Cカール」がおすすめ。

カールが強い「Dカール」だと目元ばかりが目立ってしまい、かえって老けた印象を与えてしまいます。

こんなマツエクのオーダーはトラブルのもとに

「多すぎ」「長すぎ」「太すぎ」は×
私たちのまつ毛は、年を重ねるごとに細くなったりツヤやハリがなくなったりなど老化が進み弱々しくなってきます。

また、まつ毛を支えるための土台となる皮膚の弾力が衰え、乾燥しやすくなることで下向きがちになり、ぼんやりとした印象なってしまいます。

そもそもまつ毛エクステは、自まつ毛が元気でなければきれいにつきません

自まつ毛が老化する40代では、マツエクの本数が多すぎると負担に
あまりにも長すぎたり、太すぎたりすると、自まつ毛がその重みに耐えられないでしょう。

デザインが崩れやすく、折れたり取れたりしたまつ毛が目に入って、痛いと感じる可能性もあります。

40代だからこそまつ毛美容液を使ったデイリーケアが必須

まつ毛エクステをつけたらまつ毛美容液を
マツエクをつけたのなら、まつ毛美容液でのケアは必須。

まつ毛美容液は、ダメージを受けて傷んだまつ毛を補修したり、保湿成分でうるおいを補ったりすることで、しなやかで美しいまつ毛を作ります。

40代の女性は、アンチエイジングのためにも日ごろからまつ毛美容液を使うことがおすすめですが、マツエクをしているのならなおさら

まつ毛ケアにより高い効果を求めるのであれば、マツエクサロンで販売されているサロン専売品のまつ毛美容液がおすすめです。

まつ毛美容液によっては、グルーとの相性が悪くてマツエクが外れやすくなることもあるので、施術をしてもらったサロン推奨のものを使うことで、持ちがよくなりますよ。

最近では、市販のまつ毛美容液が豊富なので、使いやすいものを選んでデイリーケアに取り入れましょう

また、市販のまつ毛美容液以外にもネット通販で購入できるまつ毛美容液も多く存在しています。

店舗がない分維持コストがかからないので、しっかりした品質のまつ毛美容液がお手軽な値段で購入できると人気です。

使い心地、コスパ、ランニングコスト◎な人気まつ毛美容液のランキングを紹介しています↓

まとめ~40代のマツエクはナチュラルを心がけて~

目元の印象が寂しくなってくる40代こそ、マツエクにチャレンジしてほしい年代。
気になっているけどなかなかトライできないと躊躇している人は、ぜひこの機会に挑戦してみましょう。

デザインで大切なことは、本数や長さ、太さを「盛りすぎない」こと。

あまりに大げさな仕上がりは「痛い人」に見えてしまうので、あくまでもナチュラルに、年相応の美しさを目指してください。

また、マツエクをつける土台となる自まつ毛を美しく保つためには、毎日のまつ毛ケアが不可欠。
まつ毛美容液を使ったケアなどで、自まつ毛の健康をキープしてくださいね。

【あわせて読みたい記事】


関連記事

新着記事

人気記事

ReBON BLOG

OFFICIAL ACCOUNT

instagram
instagram
PAGE TOP