マツエクはリペアと全オフどっちがいい?それぞれのメリットや違いを比較

  • 公開日:2019/04/01 最終更新日:2019/04/03

マツエクをつけるとまつ毛が長く、濃くなって目元がぱっちり!

・まつ毛が短い、少ない
・アイメイクを短い時間で仕上げたい
・目元をはっきりさせたい

こんなときにマツエクはとっても役に立ちますが、初めてのマツエクデビューはもちろん、マツエクを当たり前にやっている人も知らないようなことがあると思うんです。

それがまつ毛エクステのリペアと全オフについてです!

まつ毛エクステを付け変えるときには、全オフしたらいいのかリペアがいいのか知ってますか?

それぞれにはメリットとデメリットがあります。
知っておくと、付け変えのときの参考になりますよ!

まつ毛エクステはリペアと全オフとは?それぞれの特徴やメリット・デメリット

マツエクの付け変えではリペア全オフがありますが、どのような方法なのでしょう。

また、それぞれのメリットやデメリットについても調査してみました!

リペアと全オフとは?

まつ毛エクステの「リペア」と「全オフ」とはどういう施術なのかというと…

【リペア】

マツエクが取れかかっている、または取れてしまった部分にマツエクを付け直すこと。
自まつ毛が伸びたときにまつ毛に押される形になり、マツエクの向きが不自然になってしまった場合もリペアをします。

【全オフ】

一方全オフとは、その名の通りマツエクをすべて取ってしまうことです。

取れてしまったり取れかけている本数が多く、リペアよりも全オフして全部新しく付け変えてしまったほうがいい場合には、全オフをします。
全オフは「リムーブ」とも呼ばれています。

つまり、傷んだり取れかけを部分的に取り替えるのがリペアで、全部綺麗に落としてすべて新しく付け変えるのが全オフということですね。

リペアのメリットとデメリット

【メリット】

マツエクを落とすときには専用の薬をまつ毛につけて落としていくのですが、この薬がまつ毛を傷める原因になります。

リペアの場合、まつ毛すべてに薬を付けずに付け変える部分だけにしか付けないので、全体を傷める心配はありません。

毎回マツエクを全オフするとまつ毛への負担は大きいですが、リペアにすればまつ毛への負担を最小限にすることができるのがメリットです。

また、金額的にもメリットがあります。

リペアなら付け変える本数だけの料金ですが、全オフだとつける本数が多くなりますから、当然料金がかさんでしまいます。
お財布に優しいのもリペアのメリットといえますね!

【デメリット】

すべて付け変えずに部分的な付け変えをするリペアは、時間がたつと他の部分と角度や強度、傷み方などにばらつきが出てしまいます。

カールの角度などにばらつきが出るとまつ毛がバサバサとまとまりがなくなってしまうこともあるので、綺麗な形のままずっとキープしたい場合は、リペアはデメリットと感じてしまうかもしれません。

また、ずーっとリペアをしているのは衛生的な問題もあります。

最低でも3ヶ月に1回は全部綺麗に落として新しいマツエクに付け変えるのがおすすめです。

全オフのメリットとデメリット

【メリット】

オフ専用の薬をまつ毛につけ、そのまま3分ほど待つとマツエクのグルーの接着力が落ち、落とすことができます。

すべてのマツエクを全オフし、また新しくマツエクを装着するので、リペアするよりもバランスや形のいいまつ毛に仕上がりやすいです。

常に最高の状態でまつ毛を保ちたいなら、全オフはメリットしかない施術でしょう!

【デメリット】

全オフのデメリットは、まつ毛全体にマツエクを落とす薬をつけること。
薬の刺激でまつ毛に負担がかかってしまい、まつ毛が傷み抜け毛や切れ毛などまつ毛のトラブルに繋がりがち。

マツエクを頻繁に全オフして付け変えていると、自まつ毛はボロボロになってしまうかもしれません。

きちんとまつ毛のケアを徹底しているならともかく、ケアをほとんどしていないのに全オフばかりしていると自まつ毛の傷みを回復させるのが大変なまでになってしまうかも…。

また、全オフするとマツエクは全部付け変えなので料金も高くなってしまいます。
毎回となると出費が大きくなってしまいますね。

まつ毛エクステの一般的な付け変え頻度は?

まつげエクステは一般的に3週間から4週間はもつといわれています。
(ケアの仕方次第では1ヶ月以上もつこともある)

大体2週間~3週間くらいで、マツエクを付けたばかりのころの状態よりもばらつきを感じ始めるので、まつ毛の状態を常に綺麗にキープしたい場合2~3週間ペースで付け変える方が多いです。

ただ、これはずっと綺麗に保ちたい人向け。

一般的には、3週間~1ヶ月を目安にサロンへいっている人が多いです。
これはあくまでも目安なので、自分のまつ毛の状態に合わせてサロンで相談をしてみてくださいね♪

また、私生活のリズムで付け変え頻度を考えるのもアリでしょう。

たとえば、忙しい時期を控えているなら、まだマツエクをつけて1週間や2週間でもサロンへいき、付け変えてもらっておくとそこからまた1ヶ月間は安心です。

忙しくなってサロンに行けなくなる前に、マツエクを綺麗に整えてもらいましょう!

まつ毛エクステの持ちを良くするケアも大切

まつ毛エクステはマツエクをつけるグルー、落とすための薬が自まつ毛の負担になり、傷めてしまうことがあります。

いくらマツエクで長く綺麗なまつ毛になるといっても、自まつ毛があまりにも傷んでいたりすると「マツエクをつけるのは難しい」ということになりかねません。

また、マツエクの持ちは自まつ毛の状態によっても左右されます。
毎日、まつ毛をケアしいい状態に保つことでマツエクが1ヶ月以上ももち、マツエクにかかる費用を抑えることも可能です!

まつ毛のケアには「まつ毛美容液」を使うのがおすすめ
まつ毛美容液には保湿成分やまつ毛を補修する成分、まつ毛の根本(まぶた)にいい成分などが含まれています。

まつ毛美容液を使うことでまつ毛を作り育てる根本からのケア、まつ毛自体のケアができますから、マツエクをこれからしようと考えていたり、今まさにマツエクをしているなら、まつ毛美容液を毎日のケアに取り入れてみてください♪

まとめ

まつ毛エクステの付け変えについて、よく考えてみたことはありましたか?

「リペアだけで済ませていた」「毎回全オフしていた」「マツエクは初めて」というあなたの参考になっていれば幸いです♪

マツエクの付け変えの特徴やメリット、デメリットを知っておけば、今よりもっと綺麗なまつ毛の状態をキープできます。

リペアの特徴、全オフの特徴からまつ毛エクステの付け変えについて改めて考えてみてくださいね♪

【あわせて読みたい記事】


関連記事

新着記事

人気記事

ReBON BLOG

PAGE TOP