タンパク質不足で肌老化が加速?美肌のための効果的な摂り方

  • 公開日:2018/03/01

突然ですが、あなたは日頃からタンパク質の摂取を心がけていますか?
なぜこんなことを聞いたのかというと、タンパク質は美肌に必要な栄養素だからです!
ダイエットをしたり偏った食事をしているとタンパク質が不足し、肌荒れの原因になってしまうことがあります。

では、なぜタンパク質は美肌のためになる栄養素なのでしょうか?
その理由と美肌のための効果的な摂取方法について調べてみました!

タンパク質が美肌に必要な理由とは?


【肌を構成するのはタンパク質】
タンパク質は健康な肌を作るために欠かせない栄養素です。
肌はもちろん、臓器や筋肉、爪、髪の毛など全身の材料になるので、健康と美容のためにタンパク質は重要なんです。

肌の一番表面にある「表皮」は主にケラチンというタンパク質の一種から作られています。
また、肌の弾力やハリ、水分を保つために必要なコラーゲンエラスチンアミノ酸などもタンパク質から作られるのでタンパク質の不足=肌老化・肌荒れに繋がるとも言えるのです。

タンパク質を摂取すると体内で分解されて肌の美しさ、健やかさを保つための成分にそれぞれ変換され美肌が保たれます。
美肌づくりをするには化粧水や美容液などを使う方法をまず第一に思い浮かべると思いますが、食べ物から取り入れる栄養素も重要です。
タンパク質がなければ肌そのものを作る働きや美しさを維持する力が低下してしまうため、美肌づくりにはタンパク質が欠かせないのです。

タンパク質不足で起こる肌トラブル


タンパク質が足りないと美容面においてさまざまな不調を招きます。
肌への影響について、一覧にしてみましょう。

・肌が乾燥する
・肌のハリやツヤが損なわれる
・シワが目立つようになる
・肌がくすむ
・ニキビや吹き出物ができる
・そばかす、シミができやすい
・毛穴が詰まる

タンパク質が足りていないだけでもこんなにも肌に影響を与える可能性があるのです。
新陳代謝が低下することや、肌の弾力を支えるコラーゲンの生産が減少することが主な原因になり、さまざまなエイジングサインのもとになって肌老化を進行させてしまいます。

美肌のためのタンパク質を効率的に摂取する方法


タンパク質は健康にも美容のためにも欠かせない栄養素です。
1日に必要な摂取量は厚生労働省が「50g」と定めています。

タンパク質50gというのは卵は1パック(8個入り)、牛肉なら約300gくらいで結構食べる量が多いなと感じるかもしれませんが、美容目的なら約60gは摂りたいところです。
しかし、それだけの量のタンパク質を毎日摂れるでしょうか。

1週間程度なら頑張ってタンパク質を含む食べ物を積極的にたくさん食べよう!と思うかもしれませんが、毎日続けていると飽きてくると思います。
食べる量も多いのでだんだん嫌になってしまうこともあるでしょう。
そこで、効率よく食べることが重要なポイントになります。

<タンパク質豊富な食材>
・肉類(脂身を取り除く)
・卵
・魚類
・乳製品
・大豆製品

肉はカロリーが気になる方は脂身は必ず取り除きます。
牛肉、馬肉、羊肉の赤身がおすすめですが、やはりリーズナブルなのは鶏胸肉やササミです。

仕事が忙しい、料理は苦手という方でも効率的に食事の中でタンパク質を補える方法があります。
コンビニ、スーパーで手軽に安く購入できるサラダチキン魚の缶詰は調理の必要なく食べられますし良質なタンパク質をたっぷり摂れるのでおすすめです。

日常的に食べられる納豆も植物性タンパク質が豊富ですし、チーズは一口大のキャンディーチーズや6Pチーズなどがあると便利ですね。
乳製品は無脂肪やヨーグルトなら無糖プレーンタイプを選ぶとカロリーに配慮できます。

また、ダイエット中でカロリーが気になるからと豆腐や納豆、豆乳など植物性タンパク質を主にとっている方もいます。
しかし、動物性と植物性ではタンパク質の「質」が異なり、体への吸収のしやすさは動物性が勝っています

だからといって動物性ばかりを食べればカロリーオーバーになってしまうので、肉、卵、魚、乳製品、大豆製品をバランス良く取り入れ、動物性または植物性に偏らないようにすることも大事です。

【より効果的に摂取するには】
タンパク質が含まれる食べ物をたくさん食べるだけでは実は効率が悪いです。
タンパク質を分解して体内で利用できる形に分解するためのビタミンB6が必要です。
ビタミンB6を摂取し、体内でタンパク質が肌の材料になるようにしてあげましょう。

<ビタミンB6が含まれる食品>
・マグロ
・カツオ
・バナナ
・ニンニク
・牛レバー
・枝豆
・そら豆
・酒粕

酒粕はビタミンB6はもちろん栄養豊富で美容にいい食材です。
甘酒にして毎日少しずつ飲むのもいいですが酒粕を一口大にカットし、オーブントースターでカリカリに焼くと手間のかからない腹持ちのいいヘルシーおやつになりますよ。
甘酒では糖分のとりすぎが心配…という方は、ぜひお試しください。

【それでも足りない方は】
食べる量が少ない方やどうしても食事バランスを整えるのが難しい方は、プロテインドリンクサプリメントを利用しても良いでしょう。
全てをこれらに頼りきるのはあまり良くありませんが、摂取しきれない分を補う意味でドリンクやサプリメントを活用するのは効率的で便利です。

まとめ~たんぱく質で美肌をつくろう~


タンパク質を意識してたくさん摂取するなんて「筋トレをしている人みたい」という感じですが、肌も筋肉と同じタンパク質から作られているので美肌を意識的に作りたいならしっかり摂取する必要があるんですよ。

タンパク質豊富な食べ物を毎日の食事に取り入れ、美肌にいい食事を意識していきましょう!

【あわせて読みたい記事】


関連記事

新着記事

人気記事

ReBON BLOG

PAGE TOP