危険!肌断食の嘘ホント|美肌のための正しいやり方とは?

  • 公開日:2018/04/25 最終更新日:2018/04/26

いろいろなスキンケアを試してみても、なぜだか肌の調子が上向きにならないと悩みを抱えている人は多いですよね。
そこで、最近注目されている美肌のためのスキンケア方法が肌断食です。

肌荒れやニキビを改善してくれる方法として注目され、多くの人が挑戦していますが、やり方次第では肌にさらなるダメージを与えてしまう可能性があります。

肌断食とはいったいどういうものなのか、またその危険性正しい肌断食の方法について解説していきましょう。

肌断食とは?期待できる効果


◆肌断食は肌が「自立するため」のサポート
「肌断食」とは肌に与える水分や栄養を最小限にすることで、肌自らが美肌になろうとする力を高めるためのスキンケア方法です。

日頃、私たちは化粧水や美容液などで肌に水分や栄養を与え、紫外線対策のためにUVカット効果のあるジェルやクリームを塗って素肌を守っています。
しかしこのことが肌にとって「過保護」な状態となり、スキンケア化粧品なしでは肌のコンディションを正常に保つことができなくなるばかりか、過剰なスキンケアが、かえって肌の調子を悪くしていることもあるのです。

また、化粧水などの基礎化粧品に含まれている成分が肌に合わないことで肌荒れを起こしているケースも多いのが事実。
スキンケアは時に子育てに例えられる時がありますが、何でも与えすぎるといい結果を生みません。
肌自身が健康になろうとする力によってデトックスが行われ、皮脂や水分のバランスを良好に保つことができるようになってこそ、美肌を手に入れることができるのです。

与えるものを最小限にして、肌が自ら潤い、バリア機能を高めるために「自立すること」を見守ろうというのが肌断食の目的です。

◆肌断食で期待できる効果
肌断食によって今まで行っていた保湿が不十分になると、肌が自ら皮脂を分泌するようになって潤うため、乾燥肌改善効果が期待できます。

また、肌荒れ改善にも役立ちます。
化粧水や化粧品などのさまざまなコスメに含まれる成分の中には、肌に刺激のあるものも多く、アレルギーや肌荒れを起こす原因になっていることが。

口コミやランキングサイトなどでいくら評価の高いアイテムでも、自分の肌質に合っていなければトラブルのもととなり、知らずに使い続けることで、肌がきれいになるどころか肌状態の悪化を招いていることも。
肌が美しくなると信じて使っている化粧品が、実際は肌トラブルの元凶となっているケースがよくあり、肌断食によって今まで使っていた化粧品をやめることで、肌荒れの症状が一気に改善したという事例もあるのです。

ニキビ予防ニキビ肌の改善にも効果を期待できます。
肌には皮膚常在菌として何種類もの菌が存在し、これらがバランスを取り合うことで健康な状態を保っていますが、ニキビはこれらの菌の体系が崩れることが一因で起こります。

皮膚常在菌のバランスが崩れる原因はさまざまですが、そのうちの一つが必要以上の洗顔やニキビケア化粧品の塗りすぎなど、肌に対する過剰なケア
必要以上にスキンケアをすることで、本来が皮膚常在菌が持ついい働きを弱めてしまい、自己再生力や治癒力を生かすことができなくなるのです。

肌断食で肌の力を高めることで、皮脂の分泌量が整ってコンディションが良くなり、ターンオーバーの周期も理想に近づくことで、徐々にニキビが改善する効果が期待できます。

肌断食の危険性


前述のように見ていくと肌断食にはたくさんのメリットがありますが、一方で危険性やデメリットも存在します。

日頃、日焼け止めやメイクをした日はクレンジングが必要になりますが、クレンジング剤に含まれる成分は、メイクだけでなく皮脂や角栓まで溶かし出す働きがあり、本来は肌に必要な潤いまで取り去ってしまいます。

肌断食をしているからといってスキンケアを何もしないでいると、潤いを取り戻そうと皮脂が過剰に分泌して肌が脂っぽくなり、これらが毛穴に詰まることでニキビや吹き出物の原因となりかねません。

また、今まで化粧水などで潤いを与えられていた肌がいきなり水分や栄養分の枯渇した状態になると、乾燥による赤みやピリピリとした痛みなど、肌トラブルが起こる可能性があります。

肌断食は、肌に対するケアを最小限にとどめるということが前提であり「何もしない」「何も塗らない」「何もつけない」というのは、少しやりすぎ。
肌断食をし始めてから、肌荒れなどが起こるのは好転反応だと言われることがありますが、あまりに肌を放置しすぎると、好転反応どころか肌荒れがどんどんひどくなり、取り返しのつかないことになっては手遅れです。

例えば、クレンジング剤を洗浄力の強いオイルクレンジングからマイルドなミルククレンジングに替えるとか、化粧水・美容液・クリームとフルコースのスキンケアをやめて、徐々に種類を減らしてシンプルケアにするなど、肌の状態に合わせてゆっくりと進めていくことがおすすめです。

美肌のための肌断食の正しいやり方


肌断食では、肌が持つ再生力や治癒力を高めるために、肌に対するケアを極力最低限にするのが有効です。

肌断食方法のスタンダードは、水やぬるま湯で洗顔をし、ワセリンなどで肌を乾燥からバリアする程度にとどめ、メイクや他のスキンケアなど何もしないということ。
しかし、これは、究極の方法であり、初めから実践すると多くの人が肌の不調を感じます。

突然、スキンケアを一切やめてしまうというのは、肌にとって大ダメージ。
肌の状態を見ながら、徐々にスキンケアの行程や種類を減らすことで、過保護な状態から解放していくように進めると成功しやすくなります。

肌断食を始めてから最初のうちは、乾燥感やツッパリ感など、いつもとは違う肌状態に戸惑う人もいるかもしれません。
今まで目立たなかった角栓が目立つようになるとか、ニキビや吹き出物などの肌トラブルが起こることがありますが、これは、肌が調子を取り戻している過程で起こる好転反応で、時間の経過とともに症状がなくなることがほとんど。

ただ稀に好転反応だったと思っていた症状が単なる肌荒れであるケースもあるので、ピリピリとした痛みやかゆみがあるとか、肌の見た目があまりにも赤みを帯びているなど、何らかの異常を感じた場合、専門家である医師に相談しましょう。

また、アトピー性皮膚炎や極度の乾燥肌・敏感肌の場合は、肌断食が症状を悪化させる可能性があります。
この場合も、一度医師に相談してから肌断食を始めることをおすすめします。

例えば、クレンジングをしなくて済むように、石鹸や洗顔料だけで落ちる日焼け止めクリームを使うとか、週末だけ面倒なスキンケアをやめてワセリンだけのシンプルケアにするなど、肌への負担を軽くして、与えられる栄養や水分が少ない状態に慣らしていくことは、比較的誰にでも挑戦しやすい方法です。

また、ベースメイクにファンデーションを使わずパウダーだけで済ますなど、メイクを一切しない日を設けて肌がさまざまなストレスから解放される時間を作るというのも効果的。

ただし、ある程度の保湿や紫外線からガードするための日焼け止めはきちんと使うようにしてくださいね。

【石鹸で落とせるパウダーファンデーションはこちら↓】

まとめ~正しい肌断食で肌の本来のチカラを高める~


あらゆる肌トラブルを改善し健康な美肌に導くために注目されている肌断食は、正しい方法で行ってこそ効果が現れるものです。

「肌断食」という言葉通りに、突然一切のスキンケアをやめてしまうとか、肌の痛みやひりつきがつらいのに我慢して肌断食を続けるなど無理をしては、決していい結果を生むことはありません。

クレンジングで取り去ってしまった肌に必要な潤いは、しっかりと保湿しなくてはいけないし、紫外線から肌を守るための日焼け止めを塗ることは、アンチエイジングのために大切なこと。
肌にとって要るものと要らないものを見極めて、その時の肌状態に合わせた臨機応変な肌断食でぜひ美肌を手に入れてくださいね。

【あわせて読みたい記事】


関連記事

新着記事

人気記事

ReBON BLOG

PAGE TOP