50代が使うべきオールインワンジェルおすすめ商品&選び方|本格ケアを叶える優秀アイテム

  • 公開日:2018/10/04 最終更新日:2018/10/26

50代は肌調子の衰えを強く感じてくる頃。

今までのようなスキンケアでは物足りなくなり、どのようなアイテムを取り入れていいものかと「基礎化粧品ジプシー」に陥ってしまう人も多くいます。

そこで、ぜひ50代の女性におすすめしたいのがオールインワンジェルです。

簡単なお手入れで50代にありがちな肌悩みを改善したり、効果的にエイジングケアできたりなど、数多くのメリットがあるオールインワン化粧品についてご紹介していきましょう。

50代の肌の状況とは?


■コンディションが整いにくい
女性は、40代後半から卵巣の働きが衰えはじめ、50代前半にかけて女性ホルモンの分泌バランスが今までとは変わってきます。
これがいわゆる更年期

50代に入ると閉経して、女性ホルモンの分泌量が一気に減ることで、肌弾力を保つコラーゲンやエラスチンも少なくなり、たるみやシワがあらわれるなどエイジング現象が顕著になります。
今までと同じスキンケアでは肌の調子を保つことができなくなるなど、コンディションにも変化が現れる時期で、スキンケアを見直す時期でもあります。

■乾燥しやすくなる
女性ホルモンのエストロゲンは別名で「美肌ホルモン」とも呼ばれ、肌にあるヒアルロン酸コラーゲンを作り出すための繊維芽細胞に働きかけ、肌の潤いや弾力を保つ役割があります。

40代後半から徐々に女性ホルモンの分泌量が減りますが、50代になるとさらに急激に減少。
ヒアルロン酸やコラーゲンの生成量が極端に減ることで、肌が乾燥しやすくなります。

■バリア機能が弱まり、ダメージを受けやすくなる
肌の乾燥は、バリア機能を弱める最大の原因になります。

正常な肌では、一つ一つの肌細胞が潤いで満たされていることで、隙間なくぴったりと密着している状態。
しかし乾燥していると、それぞれの細胞が反り上がったようになって、肌の表面にたくさんの隙間ができるようになります。

紫外線や花粉、冷気などのダメージが肌細胞の隙間から肌の内側までダイレクトに届くようになると細胞に傷がついてハリや弾力が失われ、たるみやしわが発生。
また、ダメージからメラニン色素が生成されてシミになるなど、エイジング現象を進行させてしまいます。

50代の肌は、加齢により新陳代謝が衰えによりダメージを受けた後の回復能力に乏しく、ほんの少しの刺激であってもすぐにしわやたるみ、シミを生みます。

何もしないで放っておくとあっという間に老け顔になってしまうので、これまで以上に丁寧な保湿ケアを心掛けることが必要となります。

50代の肌にオールインワンがおすすめな理由とは


■摩擦ダメージを最小限に抑えられる
50代のスキンケアでは、30代頃のような化粧水や乳液だけのシンプルケアでは物足りなくなり、美容液やクリーム、パックや目元専用クリームなど、アイテム数が増えます。

ひとつのアイテムを塗るたびに肌を摩擦することとなり、これが毎日繰り返されることで肌への大きな負担となることも。
ただでさえダメージに弱くなっているのに、どんなにソフトタッチであっても何度も摩擦することでダメージが蓄積。
摩擦ダメージが重なることで、シミやしわの原因となってしまいます。

オールインワンジェルは、手の平にとって塗り広げるだけでスキンケアが終了するので、顔を触るタイミングは1回のみ。
しかもジェル状なので伸びが良く、肌の表面をこすらないようにジェルを滑らせて伸ばすことで、ダメージを最小限に抑えることができます。

■スキンケア時間短縮で自分時間を増やせる
前述のように、オールインワンジェルはお手入れがワンステップで完了することがメリット。

化粧水から乳液、美容液とたっぷり時間をかけてお手入れをすると、最低でも10分はかかってしまいますが、オールインワンジェルを使えば長くても1~2分程度で保湿と栄養補給ができてしまうため、圧倒的な手軽さが人気です。

成人女性を対象にどのくらいスキンケア時間を取っているかについて聞いたあるアンケート結果によると、年齢を重ねるにつれて短時間になる傾向が見られました。

また、自分の時間を確保することができないとストレスにになるという結果もあることから、短い時間でスキンケアを済ませられることが心の充足感や満足につながることが期待できるのです。

女性ホルモンのアンバランスで、心や体の調子を崩しやすい50代の女性にこそ、すぐにお手入れを済ませて自分の自由な時間をつくることができるオールインワンジェルがおすすめです。

50代の肌におすすめの成分5つ


1.しっかりと保湿をしてくれる「ヒアルロン酸」
ヒアルロン酸は、1グラムに対して6Lの水を保水できるほど水分キープに優れており、肌の保湿に欠かせません

50代になると、赤ちゃんの頃に比べて半分以上も減少してしまう成分なので、しっかりと肌に補給したい成分。
優れた保湿効果があることはもちろん、たるみや弾力、ハリにも効果があります。



2.バリア機能を高める「セラミド」
セラミドは細胞間で水分や油分を保つ細胞間脂質として、バリア機能を高め、滑らかな肌作りに必要です。
洗顔やクレンジングなどで流されてしまうため、朝晩のスキンケアでは必ず取り入れてほしい成分。

肌の生まれ変わりであるターンオーバーの周期を正常に近づけ、シミやしわを改善する効果も期待できます。



3.美白には「ハイドロキノン」や「プラセンタ」
ハイドロキノンは、肌の漂白剤とも例えられることがあるほど美白効果が高い成分。
メラニン色素に働きかけ、今あるシミを薄くする効果があります。

プラセンタには、細胞分裂や増殖を促す効果があり、ターンオーバーを正常に近づけてくれます。
紫外線ダメージなどでできてしまったメラニン色素をスムーズに排出するための手伝いをしてくれるので、新陳代謝が衰えた50代の人にはぴったりの成分です。



4.アンチエイジングには「コエンザイムQ10 」
別名で「ユビキノン」と呼ばれているコエンザイムQ10は、強力な抗酸化作用がある成分。

元は、うっ血性心不全の治療薬として用いられていましたが、薬事法が改正されたことで化粧品にも使用できるようになりました。
ある実験で、コエンザイムQ10入りのクリームを塗り続けたことで、顔色が明るくなって透明感が増し、しわが改善したなどの報告がされているなど、エイジングケアに効果的です。

5.保湿とエイジングケアが叶う「アスタキサンチン」
アスタキサンチンは、鮭やエビなどに含まれる成分で、赤色やオレンジ色の見た目が特徴。

抗酸化作用が強く、紫外線によるしわの形成を抑えてくれたり、肌の水分蒸発を防いで滑らかな肌を保ったりする効果があり、肌老化を防ぎます。
乾燥などでダメージを受けやすくなっている50代の肌のバリア機能を高め、しっとりとした柔らかな肌に近づけてくれる頼もしい成分です。

50代のオールインワンジェル選びのポイントは


■肌悩みに合わせて選ぶ
オールインワン化粧品は、自分が今一番解決したいと思っている肌悩みに合わせて選びましょう。

例えば、保湿を重視するのであればヒアルロン酸入り、くすみやシミが気になるならハイドロキノンやプラセンタ入り、エイジングケアのためであればコエンザイムQ10やアスタキサンチン入りのものにするなど、含有の成分は大切なチェックポイントです。

■季節や肌コンディションに合わせて選ぶ
日本には四季があり、肌のコンディションもそれに合わせて変化します。

例えば、湿気の多い夏に保湿成分が高すぎるものを使えば、皮脂が詰まって吹き出物が出やすくなるなどトラブルにつながることも。
夏はさっぱりタイプや美白効果のあるもの、冬は保湿効果の高いものなど、季節によって変化する肌のコンディションに合わせて使い分けるということがおすすめです。

■テクスチャで選ぶ
オールインワン化粧品はジェルタイプが主流ですが、中にはクリームタイプのものもあります。

ジェルタイプは水分がたっぷり含まれているためライトなテクスチャですが、クリームタイプは油分が多めなので、テクスチャも重め。
テクスチャが軽すぎると物足りなかったり、逆に重すぎるとベトつきが気になったりなど、使い心地の良さを重視して選ぶといいでしょう。

試供品やテスターがある場合は、積極的に使ってみてくださいね。

■リーズナブルなものよりある程度の価格のもの
基礎化粧品は、短期間で効果が現れるものではなく、使い続けることでこそ意味のあるもの。
期間は最低でもターンオーバーの周期である1カ月以上の使用が理想です。

オールインワンジェルは1つのパッケージで約1~2ヵ月使えるものが主流。
買い続けることを考えて、無理なく購入できるものを選びましょう。

50代の肌には、水分や栄養をたっぷりと与えることが必要なので、あまりに安価なもので栄養が足りないものでは物足りなく感じることがあります。
一概に価格だけでは判断できませんが、2,000円以上のオールインワン化粧品だと配合成分が充実しているものが多いのでおすすめです。

まとめ~エイジングサインが深刻化しやすい50代だからこそ化粧品を見直して~


オールインワンジェルは、ジェルやクリームの中に化粧水や美容液、乳液やクリームなどあらゆる機能がある便利なスキンケアアイテム。

乾燥が気になったり、シミやしわなどのエイジング現象が顕著になる50代には、肌への摩擦ダメージが少なく、短時間でお手入れをすることができるオールインワン化粧品がぴったりです。

肌の美しさは、見た目年齢の若々しさや表情の輝きが増すことなど、たくさんのメリットがあります。
ご紹介した選び方の配合成分や効果に注目して、最適なアイテムと出会ってくださいね。

【あわせて読みたい記事】



関連記事

新着記事

人気記事

ReBON BLOG

PAGE TOP