炭酸パックでニキビは増える?悪影響の噂とニキビの改善効果の真実

  • 公開日:2019/03/05 最終更新日:2019/05/22

炭酸パックは「毛穴がきれいになる」「ニキビの改善にいい」「美肌になれる」という効果に期待ができると口コミでも人気になっていますが、マイナスな口コミとして「ニキビが増える」というウワサもあります。

ニキビにいい、美肌効果で人気の炭酸パックになぜ「ニキビが増える」という真逆の効果がウワサになっているのでしょうか?
その真相や増える理由を追求してみました!

「肌が弱い」「ニキビ肌」そんな悩みをお持ちのあなたにおすすめしたい、ニキビに優しい炭酸パックの選び方も紹介しているので、ぜひ炭酸パックを選ぶときの参考にしてみてくださいね!

炭酸パックはニキビに効果がある?ニキビが増えるとも言われる真相


炭酸パックがニキビ改善に効果があるといわれている理由

【炭酸が汚れをキャッチするから】
炭酸は古い角質、皮脂などの汚れをキャッチする性質を持ち、毛穴に詰まった皮脂汚れや古い角質を落とす効果に期待ができます。
ニキビは簡単にいうと「毛穴づまり」なので、余分な汚れを落とすことで予防や改善効果を生むといわれているのです。

【肌の血行を促進する】
炭酸が弾けるときの「パチパチ」とした刺激は肌をこまかく刺激し、血流を促す効果をもたらすといわれています。

血行がよくなると細胞の働きが活性化し、肌の新陳代謝(ターンオーバー)が活発になることで、古い角質の排出を助ける効果でニキビやニキビ跡の予防や改善に期待ができるのです。

炭酸パックにはこのように、ニキビの予防や改善に期待できる効果があるのに、なぜ「ニキビが増える」という真逆のウワサがあるのでしょうか?

炭酸パックでニキビが増えると言われる理由
炭酸パックでニキビが増えるというのはあながち間違いではないとも言えるでしょう。

ただ、それは商品の選び方次第でもあります。
またニキビの状態が悪いのに使ったり、肌質に合わないのに使うことが要因になっているかも。

どんな化粧品も、ニキビや肌荒れの状態が悪いときに使うと症状が悪化したり、ニキビ・肌荒れの原因になることがあります。
炭酸パックも同じで、ニキビや肌荒れの症状が悪いときに使うと悪影響をおよぼしてしまうことがあると考えられるでしょう。

・炎症を起こしているニキビがない
・肌質に合っている

この条件を満たしているなら、炭酸パックはニキビができていても使えますし、軽いニキビなら改善効果を期待することができます。

炭酸パックでニキビが増えるリスクをアップさせる原因


炭酸パックの特徴と肌質が合っていない
炭酸パックには美容成分や保湿成分が濃厚なタイプの商品が多くあります。
もしあなたの肌質がオイリー肌なら、このタイプの炭酸パックを使うとニキビを増やす原因になってしまう可能性が。

もともと油分が多い肌にさらに濃厚な美容成分、油分、水分を与えると「栄養過多」のような状態になり、ニキビを増やしてしまいます。
肌に必要な成分も取りすぎれば行き場をなくし、毛穴をつまらせる存在になりかねません。

赤ニキビや黄ニキビに使う
赤ニキビや黄ニキビは、軽度のニキビの白ニキビや黒ニキビが進行し炎症を起こしたものです。
炎症を起こしたニキビに刺激はNG!

炭酸パックの炭酸のわずかな刺激でも、ニキビを増やしたり悪化させる原因になることがあります。

使う頻度が多い
炭酸パックは炭酸濃度が低いものなら毎日使っても問題ないですが、高濃度タイプのものは週に1回や2回で十分。
たくさん使うほど肌にいいというのは間違いなので、炭酸や美容成分が高濃度のものは週に1回~2回のスペシャルケア用にしましょう。(商品によって異なるので、商品の使用頻度を守ってください)

炭酸の刺激、栄養(美容成分)の与えすぎによる影響でニキビが増える可能性があります。

ニキビ肌に優しい炭酸パックの選び方


剥がすタイプは選ばない
炭酸パックにはジェルタイプ、シートタイプ、剥がすタイプなどの種類があります。

剥がすタイプはパックを剥がすときに肌に刺激になったり、ニキビをつぶしてしまう可能性があるので、ニキビに剥がすタイプの炭酸パックはおすすめできません
ニキビに優しい炭酸パックを選ぶなら、剥がすタイプ以外の炭酸パックを選ぶのがおすすめです。

保湿成分をチェック
肌の保湿のためにいろいろな保湿成分を配合している炭酸パックがありますが、動物由来のオイル成分を使っているものはニキビのもとになるアクネ菌を増やす可能性があります。

アクネ菌はニキビが増える原因、悪化などの悪い影響をおよぼすことがあるので、炭酸パックに動物由来のオイル成分が含まれていないかチェックしましょう。
動物由来のオイル成分はスクワラン、馬油などがあります。

これらは肌にいい成分でもありますが、オイリー肌に使うとアクネ菌が好む環境になりかねません。

炭酸濃度で選ぶ
炭酸パックの炭酸濃度は標準が1000ppmといわれています。
高濃度の炭酸はニキビを刺激してしまう可能性があるので、ニキビに優しい炭酸パックを選ぶなら炭酸が強すぎる商品は避けるのがベター

ただし、最近は濃度が高くともニキビのケアもできる商品も販売されているようです。

まとめ~ニキビ肌でも炭酸パックは使える~


口コミでも人気のある炭酸パックですが、使い方や選び方によってはニキビが増える可能性があります。
でも、炭酸パックは基本的にはニキビやニキビ跡の改善のためにも使えるアイテムです。

自分の肌質、ニキビの状態に合わせて正しく炭酸パックを選び、ニキビ・ニキビ跡の改善に役立ててくださいね♪

【あわせて読みたい記事】


関連記事

新着記事

人気記事

ReBON BLOG

PAGE TOP