洗顔料を使わない派の肌に起こるメリットデメリット

  • 公開日:2019/03/13

あなたは、洗顔の時に洗顔料を使っていますか?

多くの人は当たり前のように洗顔料を使っていますが、最近では洗顔料を使わない美容法が話題です。

しかし、洗顔料を使わないで顔を洗うのはなんだか不安ですよね。

そこで、これが肌にとってどんなメリットやデメリットをもたらすのか、また、洗顔料を使わない美容法が向いている人はどんな人なのかについてご紹介します。

「洗顔料を使わない」洗顔法とは


洗顔料を使わない洗顔とは、文字通り、水やぬるま湯だけで顔を洗う方法
肌が自らできれいになろうとするパワーを引き出す美容法です。

有名人や芸能人が実践していることから話題になり、最近ではマスコミや美容サイトなどでも取り上げられるほど。
簡単で誰にでもチャレンジできる手軽さが人気で、今多くの女性に注目されています。

洗いすぎが肌トラブルの原因?
「洗いすぎ」は肌荒れの一つの原因だといわれています。

肌には皮膚常在菌がおり、それぞれがうまくバランスを取り合うことで肌トラブルを未然に防いでいるのです。
皮膚常在菌の一つに表皮ブドウ球菌というものがありますが、これは肌の潤いを保つグリセリンや肌荒れのもととなる黄色ブドウ球菌を退治する作用があります。

表皮ブドウ球菌は肌の表面近くに存在するので、顔を洗いすぎると一緒に洗い流されてしまい、皮膚常在菌がベストバランスを保つことが困難に。
このバランスを「フローラ」と言いますが、肌フローラが崩れると、乾燥や皮脂分泌過剰となり肌トラブルを引き起こしやすくなってしまうのです。

肌荒れが気になるからと何度も顔を洗うことや、強力なクレンジング剤を使ってメイクを落とすことで肌に必要な皮脂や皮膚常在菌まで洗い流してしまい、乾燥を招きます。

肌は、うるおいを保つための防衛反応としていつも以上に皮脂を分泌するようになるので再び肌トラブルを起こしやすくなり、このループが続くと肌荒れが慢性化

悩みは一層深くなっていくのです。

洗顔料を使わない洗顔のメリット


肌がきれいになる
洗顔料を使って顔を洗った後、いつもつっぱる感じがしている人は皮脂を落としすぎている証拠。
ぬるま湯だけだと、余分な皮脂や肌の表面についた汚れだけを洗い流すことができるので、肌に必要な皮脂を残したまま洗い上げることができます。

乾燥は、肌のバリア機能を衰えさせ、シミやシワ、くすみなどの原因になります。

洗顔料を使った洗顔で、肌に必要な皮脂や皮膚常在菌まできれいさっぱり落としてしまうと、肌が自ら潤う力を奪ってしまい、スキンケア化粧品なしではいられない肌に。

そうならないためにも、ぬるま湯だけで洗顔する程度にとどめ、肌をナチュラルな状態にさらすことで肌の持つ力を高めることができます。

皮膚常在菌の働きやバランスも整いやすく、続けるうちに美肌になることが期待できるということです。

敏感肌などデリケートな肌質の人にも安心
肌質がデリケートな人は、洗顔料が刺激になるという人もいます。
香料や天然成分などにアレルギーがあったり、無添加と表示のあるものでも肌荒れを起こしたりなどという人は、意外に多いのです。

アトピー性皮膚炎や敏感肌の人は特に、日々肌にダメージを与えないということが大切。
洗顔料を使わずぬるま湯だけで洗顔する方法は、肌への刺激がほとんどないので、誰もが安心してチャレンジすることのできる美容法です。

お金がかからず簡単にできる
洗顔料を使わない洗顔の大きなメリットが、簡単なこと。
洗顔料やせっけんを泡立てる手間も、そのための時間も一切要らず、蛇口をひねるだけですぐに洗顔に取り掛かることができます。

また、洗顔をぬるま湯だけに変えることで、洗顔料には一切お金がかからなくなります。
今まで何千円もする洗顔料を使ってきた人もいると思いますが、この方法に変えることで、浮いたお金を基礎化粧品やメイク用品に回すこともできますよね。

洗顔料を使わないでことで起こるデメリット


吹き出物やニキビなどのトラブル
ぬるま湯で落とすことができるのは、余分な皮脂と顔の表面についたちりやほこり程度。
毛穴の奥に詰まった皮脂汚れや油分の多いメイク汚れまでは落とせず、放置したままにしていると、ニキビや吹き出物などのトラブルを引き起こし、肌に悪影響です。

また、毛穴の奥にメイク汚れが残ったままだと、色素沈着を起こす可能性があります。
メイク用品そのものの汚れが残ってしまったり、皮脂が酸化して黒ずんだものがそのままシミのようになってしまったりと、均一な肌色や透明感が失われてしまうのです。

肌の「ざらつき」や「ごわつき」に
肌は、表皮の奥で生まれた新しい細胞に押し上げられるようにして表面の角質が剥がれ落ちることで、日々ターンオーバーを繰り返しています。

角質は、本来は毎日の洗顔で自然に落ち、ぬるま湯だけでもきれいにすることができると言われているのです。

しかし、加齢によってターンオーバーの周期が長引くようになると、剥がれ落ちずに残った角質が分厚くなったり、毛穴の奥で皮脂やメイク成分などと混ざって黒ずんだりしやすくなります。

こうなるとぬるま湯だけでは落としきることができず、洗顔料を使わない洗顔を続けていると、ごわつきやざらつきなどが起こるのです。
肌触りの悪さだけではなく、肌色がくすんで見える原因にもなります。

化粧品が浸透しにくくなる
角質や皮脂が毛穴をふさぐと、化粧水や美容液などの基礎化粧品が肌に浸透しにくくなります。

たくさんの量を使っていても、肌の表面だけが潤って、角質層内にしっかりと浸み込まず、インナードライ状態に。
肌の表面は潤っているものの、内側が乾燥しているため皮脂分泌が多くなり、べとつきや肌荒れを起こします。

結論!洗顔料の使用はケースバイケースで


いくら洗顔料を使わない美容法が肌にいいといわれていても、ぬるま湯だけではすべての汚れは落とせません。
毛穴の汚れが酸化して黒ずんでいるとか、ニキビなどで肌に炎症が起きているようであれば、洗顔料を使った方がいいでしょう。

肌のごわつきやくすみは、肌に余分な角質や汚れが蓄積して起こっていることも多いので、洗顔料を使うことで改善が期待できます。

また、メイクをした日は、クレンジングを使用することがおすすめ。
ぬるま湯だけで洗顔をするのは、朝起きた時やメイクをしなかった日にとどめる程度がベターです。

洗顔料を使わない洗顔方法

1.ぬるま湯(38度以下)を用意
2.手にすくい、顔にかけるように約30回すすぐ
3.タオルに水気を吸わせるように顔に優しく当てて、完了

顔を洗う時には、冷たい水ではなく、38度以下のぬるま湯がおすすめ。
40度前後のお湯では温度が高く、肌に必要な皮脂まで洗い流してしまうので、体温に近い温度のぬるま湯を用意するようにしましょう。

顔を洗う時は、肌をこすらないようにするのがコツ。
小鼻の横やTゾーンなど皮脂分泌が多い箇所は、指の腹で軽くなでるようにします。

顔を拭くときも肌を摩擦しないように気を付け、タオルを顔に軽く当てるだけでOK
濡れたタオルを当てると、より肌をいたわったケアをすることができます。

クレンジング後は洗顔料を使うことが◎
クレンジング剤を使った後は、洗顔料を使って顔を洗うことがおすすめです。
クレンジング剤には、メイク成分と入荷させるために油分が含まれており、ぬるま湯だけでは落とすことができません。

吹き出物やニキビなどの肌トラブルを防ぐためにも、きれいに取り除きましょう。
ただし「ダブル洗顔不要」と書いてあるものは、洗顔料を使わなくてOKです。

まとめ~洗顔料を使わない洗顔は乾燥肌・敏感肌向け~


洗顔料を使わない美容法は、肌に水分をキープする力が弱い乾燥肌や敏感肌の人に向いているといえるでしょう。
皮脂の分泌量が多いオイリーな肌質の人は、ぬるま湯だけの洗顔では余分な皮脂を落としきることができません。

残った皮脂が毛穴に詰まると毛穴で吹き出物やニキビなどの炎症を起こしたり、酸化して黒ずみを起こしたり、肌トラブルになりやすいので、洗顔料を使用した方がいいでしょう。

自分の肌質に合った方法でのスキンケアを実践してくださいね。

【あわせて読みたい記事】


関連記事

新着記事

人気記事

ReBON BLOG

PAGE TOP