美白パックで肌は白くなる?選び方と効果的な使い方を調査

  • 公開日:2019/03/14

本格的に美白ケアをするなら「美白パック」は欠かせないアイテム。
毎日のお手入れにパックのスペシャルケアをプラスすれば、より早い美白効果を期待できます。

今回はこの「美白パック」を徹底リサーチ

「美白パックって本当に効果があるの?」
「種類がたくさんあってどのパックを選べばいいのか分からない…」

このような人に向けて、美白パックの種類や選び方、配合成分、効果の出やすい使い方など、美白パックを使う際のポイントをくわしく解説していきます。

美白パックの種類と特徴


美白パックには大きく分けて「シートマスクタイプ」と、クリームやジェルやクレイなどの「洗い流すタイプ」の2種類があります。

それぞれ使い方や効果が異なりますので、自分の好みに合わせて選ぶようにしましょう。

シートマスクタイプ
洗顔後に美白有効成分が浸透したシートマスクを顔にのせてしばらく放置します。
パック後は拭き取りや洗い流しの必要がなく、そのままシートを捨てるだけというお手軽さがメリット。

ただ、洗い流すタイプに比べるとすこし割高になるため、コスパを重視する人にはこの点がデメリットになるかもしれません。

クリームタイプ・ジェルタイプ
クリームやジェルの美白パックは、塗って放置したあとに拭き取りや洗い流しが必要です。

剥がすだけのシートマスクに比べると、パックを塗ったり洗い流したりする手間がかかるので面倒に感じる人もいるかもしれませんが、シートタイプに比べてコスパがいい点が魅力。

また、このタイプの商品のなかには、拭き取りや洗い流しが不要なものもあります。
より長時間の美白ケアで有効成分をしっかり肌に浸透させることができるうえに、洗い流す手間が省けて一石二鳥!

クリームとジェルでは使用感がかなり異なるので、使い心地の好みも決め手となります。

クレイタイプ
クレイとは、いわゆる「泥」や「粘土」のこと。
クレイには天然のミネラル成分がたっぷり含まれており、老廃物の吸収や殺菌作用に非常にすぐれています。

肌の老廃物をスッキリ除去できるクレイパックは、毛穴の黒ずみやニキビのケアに最適
もちろん、くすみの解消や肌がワントーン明るくなるなどの美白効果も大いに期待できます。

ただ、肌のデトックスができる点はありがたいのですが、ほかのタイプに比べて肌への刺激が強いので、敏感肌の人は使用前にパッチテストをおこなうことをおすすめします。

炭酸パック
じわじわと人気を集める炭酸パックは、その名の通り「炭酸」のチカラで毛穴汚れをケアし美容成分を届けるパックです。

しゅわしゅわと気持ちのよい使用感や、炭酸パワーで汚れや古い角質も取れやすく、1回でも効果を実感しやすいと好評なのです。
くすみ改善やトーンアップも狙えるので、美白を目指す方からも支持されています。

少し前まではエステでの施術が一般的でしたが、最近は自宅でも炭酸パックができるアイテムが発売され、本格的なパックが手軽にできることで人気です。

美白パックに配合されている成分とは


美白パックに配合されているのは、ビタミンC誘導体アルブチントラネキサム酸4MSKプラセンタエキスなどの美白成分や、ヒアルロン酸コラーゲンなどの美肌成分が主です。

より高い美白効果を得るには、美白成分だけでなく肌状態を底上げしてくれる美肌成分が一緒に含まれているパックを使うのが理想的。

肌状態が整えばそれだけ美白ケアの効果が出やすくなりますし、シミ・しわの予防といったエイジングケアもできますよ。

ここがポイント!美白パックの選び方


数ある商品の中から一体どのパックを選べばいいのか「美白パックの選び方のポイント」を紹介していきます。

配合成分で選ぶ
ひと口に美白パックといっても、予防ケアがしたいのか、症状を改善させたいのか、それぞれ目的によって選ぶ商品が変わってきます。
目的別におすすめの成分を紹介していきましょう。

【シミ・そばかす・くすみを予防したい場合】
シミ、そばかす、くすみの予防には、メラニンの生成を抑える作用を持つ成分が配合されている商品を選びましょう。
ビタミンC誘導体アルブチントラネキサム酸などが含まれるパックが最適です。
【今あるシミやそばかすを改善したい場合】
すでにできているシミやそばかすを薄くしたい場合は、肌のターンオーバーを高めてメラニンの排出をうながす成分が必要不可欠です。
ビタミンC誘導体プラセンタを含むパックが良いでしょう。
【美白と同時にエイジングケアをしたい場合】
エイジングケアには保湿が欠かせません。
肌の保湿力を高め、ハリや弾力のある肌作りができる成分に注目して商品選びをしましょう。
コラーゲンヒアルロン酸プラセンタ入りのパックがおすすめ。
【毛穴の黒ずみ、毛穴詰まりを改善したい場合】
毛穴のお掃除にはクレイパック炭酸パックが向いています。
汚れを除去して肌の透明感を引き出すので、全体的に肌が明るい印象になりますよ。

好みのタイプを選ぶ
美白パックには、シートマスク、クリーム、ジェル、クレイなどのタイプがあります。
それぞれ使い方や使用感が異なりますので、自分の好みの形状を選びましょう。

コストパフォーマンスで選ぶ
一般的に、シートマスクタイプはお手軽なぶん割高になるケースが多く、クリーム、ジェル、クレイなどのパックの方がコスパがいい傾向にあります。
毎日使用するパックはコスパの良いものを選び、値段の高いパックは週に1度のスペシャルケアとして使うなど、いくつかの種類を併用するのもいいですね。

美白パックの効果的な使い方


せっかくパックをするなら、より効果が出やすい使い方をして美白効果をアップさせましょう。
ここでは、ぜひ知っておきたい「美白パックの効果を高めるコツ」を紹介します。

ベストタイミングは「入浴後」
美白パックの効果を上げるポイントは、「清潔な肌につける」「体が温まっているときにつける」の2点。

汚れている肌にパックをしても、十分な美白効果は得られないので注意が必要です。
パックをする前にしっかり洗顔をして、肌を清潔にしてから使用するようにしましょう。

また、体がポカポカ温まっていると毛穴が開くので、美白成分の吸収がよくなります。

なので、パックをするタイミングは、肌がキレイになってなおかつ体が温まっている「入浴後」が最適。

もし難しい場合は、洗顔後に蒸しタオルを使用してからパックをするのも効果的ですよ。

使用時間・頻度を守る
ほとんどの商品にはパッケージに使用時間や使用頻度の目安が記載してありますので、商品説明をよくチェックしてから使用するようにしましょう。

パックの効果を最大限に高めるには、メーカー推奨の使用時間や頻度を守ることがとても重要です。
安全のためにも、自己流でおこなうのではなくきちんと説明書きを守ってケアをしてくださいね。

ラップを利用する
パックを顔につけたあとに上からラップを貼って密閉させると、水分の蒸発を防いで美白成分が肌に浸透しやすくなります。

鼻と口の部分はふさがらないように気を付けて使用しましょう。

同時に首やデコルテのケアも
パックを使用するときに、手に付いたテクスチャは洗い流すのではなく首やデコルテに有効活用しましょう。

首やデコルテも顔と同様に紫外線のダメージを受けています。
日ごろからパックでケアをすることで、5年後10年後に違いが出てきますよ。

まとめ~美白を目指すならパックでスペシャルなケアを~


ひと昔前とちがい、今は値段も安く手軽に使えるパックがたくさん販売されています。

美白ケアに特化したフェイスパックも数多くあるので、ぜひ毎日のケアにプラスして、より効果的な美白ケアをしていきましょう。

【あわせて読みたい記事】


関連記事

新着記事

人気記事

ReBON BLOG

PAGE TOP