フェイシャルエステは効果ある?美肌を手に入れる理想的な回数や頻度とは

  • 公開日:2019/04/05 最終更新日:2019/04/10

毎日の肌ケア、あなたはどうしていますか?

丁寧なセルフケアをしているという人でも、さらなる美肌のためには、時にはプロの手で美肌のためのスペシャルケアを受けることがおすすめです。

ここでは、フェイシャルエステサロンに通うことで得られる効果と、美肌を得ることのできる理想的な回数や頻度について、さまざまな知識をご紹介しましょう。

フェイシャルエステとは?

フェイシャルエステとは、美肌やエイジングケアのため、顔に特化して行うトリートメントのこと。

ハンドマッサージや光、ラジオ波などマシンを使ったさまざまな施術が行われます。

フェイシャルエステで期待できる効果とは?

美肌、美白、肌質改善効果

私たちの肌は日々新たな肌細胞が生まれることによって生まれ変わりを繰り返しています。

肌のくすみや乾燥、吹き出物やニキビなどの肌トラブルは、ほとんどがターンオーバーの滞りが原因。
年齢とともにターンオーバーのサイクルが長引いてしまうことで、余分な角質がたまって肌色がくすんだり、毛穴をふさいだ角質のせいで皮脂分泌がうまくいかず吹き出物が出たりと、肌悩みのもとになってしまうのです。

フェイシャルエステでは、マッサージやマシンの施術で代謝を上げることで、ターンオーバーを促し、肌の悩みを改善に導きます。

肌の生まれ変わりが促されるとメラニン色素が排出されやすくなり、ワントーン肌が明るくなる美白効果も感じられるようになりますよ。

小顔やリフトアップ効果

顔のむくみやたるみは、余分な水分や老廃物がリンパにたまっていることから起こります。

ぼんやりとしたような輪郭や二重あごは、肥満だけではなく代謝の悪さも大きな原因。
肌にたまった余分な水分や老廃物が顔を大きく見せるのです。

さらに加齢によって肌は弾力を失うため、むくみが重みとなって肌全体が下がることでたるみが起き、しわの溝を深く見せて老け顔に。
また、たるみよって肌同士が重なってできた影が、表情を暗く見せます。

フェイシャルエステの施術によって余分な水分や老廃物が流されると輪郭がシャープになり、肌が持ち上がったようにリフトアップすることが期待できます。

エイジングケア効果

年を重ねると肌もターンオーバーが滞りがちになり、余分な角質が肌にとどまる期間が長くなることで次第に角質が分厚くなってきます。

すると肌の表面がごわつき、重なった角質によって肌がくすんで見えるように。
フェイシャルエステで代謝を上げることで滞りがちなターンオーバーを促進し、肌のごわつきやくすみを改善し、保湿力や弾力アップなどエイジングケア効果を期待することができます。

リラクゼーション効果

エステサロンでは、どんなところでもお客様がリラックスできる空間づくりを目指しています。

室内の照明やインテリア、音楽や香りなどあらゆるものから得られるリラクゼーション効果は、血行やリンパの巡りをよくして、施術の効果を高めてくれます。

フェイシャルエステサロンに通うことは、美肌やエイジングケアのためだけではなく、リラックスするためという人もいるほど。
日頃のストレスを和らげるためにも効果的です。

フェイシャルエステってどんなことをするの?

マッサージ

ハンドマッサージや機械を使ったトリートメントで肌代謝を上げます。また、余分な水分や老廃物を流すことでむくみやくすみを解消し、すっきりと透明感のある肌へ導きます。

ジェルやクリームでの保湿・栄養補給

セルフケアで十分な保湿ができている人は、実はごくわずか。ほとんどの人は水分や油分が足りず、乾燥からさまざまな肌トラブルが発生します。

フェイシャルエステでは、乾燥しがちな肌を美容液やジェル、クリームなどで保湿し、ふっくらと滑らかな肌に整えます。

保湿にはサロン専売品やそのサロンが独自開発したコスメを使うことが多く、市販のものと比べて肌に優しかったり栄養成分が濃かったりするので、いつも以上に肌が保湿されているのを感じることができるでしょう。

保湿の前後にマッサージなどで代謝を上げてから湿布するので浸透力がよく、高い効果を実感することができます。

マシンで行う施術

フェイシャルエステサロンでは、マシンを使った施術もよく行われます。

「光フェイシャル」「光エステ」などを称される施術では、特殊な光を当てることで肌細胞に刺激を与え、血行や代謝を上げたり、コラーゲンが生成される働きを活性化させることができます。

イオン導入やエレクトロポレーションによって肌の深いところまで栄養や保湿成分を届けるための施術も人気。
超音波 、EMS、キャビテーション、ラジオ波などでは、顔を効果的にマッサージ師、むくみ解消や小顔を目指すことができます。

美肌のために理想的な頻度や回数は?

通い始めの期間、頻度は2週に1度が理想

初めてフェイシャルエステの施術を受けた後に「肌が白くなった」とか「ツルツル、ピカピカになった」と大きな変化を感じる人も多いですが、その状態は長く続きません。

美しい肌をキープし続けるためには、セルフケアでは限界があり、定期的にフェイシャルエステサロンでプロの施術を受けることがおすすめ。
通い始めは、肌がベストコンディションに整うまで2週に1度くらいの頻度で訪れるといいでしょう。

効果が出るまでは1~2か月

ターンオーバーの周期は正常で約28日。年を重ねるとともにその周期は長引き、40代では倍近くになるともいわれています。

フェイシャルエステの効果がはっきりと表れるまでは、フェイシャルエステサロンに通い始めて早くて1か月、平均では3か月くらいが目安。
そのころになると、肌が調子のいい状態で安定するようになります。

通い始めの2週に1度の頻度から、徐々に1か月に1度、2か月に1~2度と頻度を調整していくのがベスト。
肌荒れをするようになったり、肌調子が悪いと感じた時には緊急的にサロンに駆け込むなど、自分なりにペースを調整するといいでしょう。

定期的にプロの手を借りてお手入れすることで、サロン帰りの美しい肌状態を長くキープすることができるようになります。

1回の施術でも効果は表れる

フェイシャルエステでは、たった1回の施術でも美肌や小顔効果が表れます。しかし、前述のとおりそれらの効果は長続きせず、数日で元に戻ってしまうので、定期的に通って回数を重ねることがおすすめ。

何度も回数を重ねるうちに、長い間肌をきれいに美しく保つことができるようになります。エステサロンの方と相談するなど、自分なりに頻度を決めて定期的にエステサロンでの施術を受けることが美肌をキープするためのポイントです。

まとめ

エステサロンというと、どこか高級で近寄りがたいイメージを持っている人も多いかもしれません。しかし最近は、価格がリーズナブルだったり、アットホームな雰囲気だったりと通いやすいサロンも増えています。

エステサロンでフェイシャルの施術を受けることで、肌悩みのある人は改善し、定期的に何回も回数を重ねて通い続けることで美肌キープ効果を得ることができるでしょう。

ぜひ肌ケアの一環として取り入れてみてくださいね。

関連記事

新着記事

人気記事

ReBON BLOG

OFFICIAL ACCOUNT

instagram
instagram
PAGE TOP