ほうれい線を消すツボがある?!リフトアップに効果的なツボ押しマッサージ

  • 公開日:2019/05/13 最終更新日:2019/05/14

年齢とともに顔にくっきり現れてくるほうれい線、気になりますよね。

さまざまな化粧品やメイクテクニックをもってしてもなかなか解消できないと悩む人は多いと思いますが、そのような人こそ一度、ツボ押しマッサージを試してみてください。

顔をリフトアップし、ほうれい線解消に役立つツボ押しマッサージのやり方をご紹介します。

まずはツボ押しマッサージ前の準備から

ほうれい線解消のためのツボ押しマッサージをする前に、効果をさらに高めるための下準備を行いましょう。

ほうれい線は、顔に溜まった余分な水分や老廃物が重みとなり、重力によって皮膚がほうれい線の上に覆いかぶさるようになることで、余計に線が深くなります。

できてしまったほうれい線を完全に消すことはできませんが、水分や老廃物によるむくみを解消することで、ほうれい線を薄くすることは十分可能です。

そこで頭部から顔にかけてのデトックスマッサージから始めます。

<ほうれい線解消のための下準備マッサージ>
1.両手を広げて頭を覆い、指の腹を使って頭部全体を揉みほぐす
2.手のひらを側頭部(耳の上あたり)にあて、円を描くように皮膚を軽く動かしながらマッサージ
3.首筋に手を当て、鎖骨に流すように下に向かって何度かさする
4.鎖骨のくぼみに指を当て、軽くプッシュ。数秒押してゆっくり離すことを5回程度繰り返す

これで、顔の血行やリンパの巡りが改善し、ツボ押しマッサージの効果が高まるでしょう。

ほうれい線解消効果を期待できるツボ

1.ほうれい線解消のツボとして代表な「巨りょう(こりょう)」

黒目からにまっすぐ下に引いた線と、小鼻のワキから外側に向かって水平に引いた線が交わるところにあります。

頰のむくみや、それに伴って現れるたるみを改善するほか、顔全体の血行を良くするので、目元のクマやたるみにも効果的。
肌代謝をアップさせ、皮脂の分泌バランスを正常に近づけるので、美肌効果も期待できます。

<ツボ押しのやり方>
人差し指のはらを使って、指をツボに垂直に当てます。左右同時に行い、痛みを感じない程度に軽く押し、約5秒キープしてゆっくり離します。
指を左右のツボに当て、軽く力を入れながらツボを中心に左右にさすることも効果的。ほうれい線を伸ばすようにしながら行うのがコツです。

2.口角を上げてリフトアップする「地倉(ちそう)」

小鼻から伸びるほうれい線を辿り、口角の外側にあるツボ。

顔の血行やリンパの巡りを促し、さらに、口元の筋肉をほぐす作用もあるので、ほうれい線の周辺のむくみも改善します。
押すことで口角が上がり、自然とリフトアップするでしょう。

また、口角を挙げてリフトアップし、表情を明るく見せてくれる効果も。るので、ダイエット中の人にも嬉しい効果がありますよ。
地倉のツボ押しをすると胃の温度を下げて食欲が減退するので、ダイエット中の人にもおすすめのツボです。

<ツボ押しのやり方ツボ押しのやり方>
人差し指のはらを使い、左右同時に適度な力でツボ押しをします。
数秒押して離すことを5回程度繰り返しましょう。
皮膚がデリケートな部分のため、強い力で押すと赤みや内出血の原因になるので気をつけてください。

3.頬全体を引き上げる「下関(げかん)」

耳の横、口を開けた時には骨が盛り上がり、口を閉じるとくぼんだようになる部分にあるツボです。

頬の周辺の筋肉が持ち上がったようになるので、顔全体がリフトアップし、ほうれい線が薄くなることを期待できます。

顔の血の巡りをスムーズにして新陳代謝を高めるので、ターンオーバーの滞りによって現れる様々な肌トラブルにも効果的。吹き出物や肌のくすみなどにもよく、美肌にも効くといわれている美容のツボです。

<ツボ押しのやり方>
人指の腹をツボに当て、ゆっくり指圧します。
両方のツボ押しを一緒にやることがポイント。
気持ちいいと思う程度に押しましょう。

4.フェイスラインをスリムにする「頬車(きょうしゃ)」

葉をぐっと食いしばった時にできる筋肉の盛り上がり部分にあるツボが頬車です。

水分代謝を促進するので、顔全体のむくみに効果があり、すっきりとしたフェイスラインを目指す人にはうれしいツボ。
エラの部分には水分や老廃物がたまりやすく、ここで流れが滞ってると、顔全体がむくみやすくなります。

頬車の部分を指圧することでデトックスがスムーズになり、顔のたるみでほうれい線ができていた人は、ほうれい線の溝が薄くなることを期待できるでしょう。

暴飲暴食の次の日、顔がむくんでしまった時にも役立ちます。

<ツボ押しのやり方>
親指か人差し指の腹を使い、両方一度に優しく押します。
5秒前後押してからゆっくり話すことを約5回繰り返しましょう。
エラの筋肉が凝っていると痛みを感じやすいので、その場合はソフトな力で指圧します。

ツボ押しをする時に注意すること

爪は短く、手は清潔に

ツボ押しをする時は肌を直接触るので、まずは手をきれいに洗ってから始めましょう。
手が汚れていると肌に雑菌がわきやすく、万が一小さな傷があれば、その部分からトラブルが広がってしまう可能性があるので気を付けてください。

また、爪は短く整えておくとベター。
爪が長いと指圧をする時に皮膚を傷つけてしまったり、長い爪が肌に当たって思うような力加減で指圧できなかったりすることがあります。

ツボ押しのやりすぎは、肌にダメージにつながる可能性

ツボ押しは、たくさんやれば効果が高いというわけではありません。
あまりに頻繁にツボ押しをすると、顔の筋肉や皮膚を傷つけてしまうことがあり、エイジングケアには逆効果。

ツボ押しは、基本的には何度行っても大丈夫だといわれていますが、体の中でも特に顔の皮膚はデリケートなので、多くても1日5回程度にするといいでしょう。
やり方は、力を入れすぎず、心地いいと思う力加減がべストです。

まとめ

顔にはたくさんのツボが集まっていますが、ここではその中でもほうれい線に効果的なものばかりをご紹介しました。

顔を洗った後やお風呂上りなど、スキンケアのついでのタイミングで行うと続きやすいので、ぜひ毎日のエイジングケアに取り入れてみてくださいね。

関連記事

新着記事

人気記事

ReBON BLOG

PAGE TOP