目覚ましアプリ「スリープマイスター」がすごい!寝起きが悪い人におすすめ
ReBON BLOG

目覚ましアプリ「スリープマイスター」がすごい!寝起きが悪い人におすすめ

  • LALA 
  • 投稿者 : LALA  
  • 公開日:2018/05/11

美容のためには睡眠はとっても大切ですよね!
私はもともと眠るのが大好きなので、12時にはベッドに入って6時間は眠れるようにしています。

ですが、どんなにたっぷり眠ったとしても、なかなか起きれない朝もあって…。
目覚めが悪いと午前中はぼーってしていまいませんか?



そんな私が快適に目覚められるようになったのは、目覚ましアプリ「SleepMeister(スリープマイスター)」を使い始めてから。

テレビで渡辺直美さんが寝ごとを録音できるアプリとして紹介していて、無料だしと思ってダウンロードしてみたらとっても便利だったんです♪

もちろんいびきや寝ごとを録音できる機能もあるのですが、こちらのメインの機能は「眠りの浅い時に鳴動するアラーム」。

私たちが眠っている間、レム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)が波となって繰り替えされます。

スリープマイスターは端末のセンサーを使って体動を察知し、眠りが浅いタイミングで起こしてくれるのです。
浅い眠りから起こされることですんなり快適に目覚められる!ということだったので、最初は半信半疑で使ってみました。

起きたい時間を設定すると、その前30分(自由に設定できます)の間で一番睡眠が浅いだろうタイミングでアラームが鳴る仕組み。

使った初日に目覚めがよくてびっくり!!
たまたまかな?と思ってしばらく使い続けてみましたが、起きた瞬間頭が働かない!ぼーっとする!という感覚がほとんどなかったんです。

これはすごい~!
それにこんな感じで睡眠の波をグラフにしてくれるのですが、自分の睡眠の質も一目で分かって楽しい。

もう3カ月くらい使っていますが本当におすすめなので、目覚めが悪いという方はスリープマイスターを試してみてくださいね♪

ちなみに最近このアプリを使って気がついたことが1つあります。

それは質のいい睡眠には入浴が大切ということ。
冬は寒いので毎日湯船につかりますが、あたたかくなってきてシャワーですましてしまう日もありました。

でも先日ゆっくり湯船につかってから寝たら、深い眠りの時間が明らかに長いんです!

比較するととってもよく分かりますよね。

お風呂で体をあたためることは本当に大切なんだな~と改めて実感しました。
これからはできる限り湯船につかろうと思ったLALAでした。



関連記事

新着記事

人気記事

ReBON BLOG

PAGE TOP