ReBON BLOG

teateaのふきとり化粧水で夏のゴワつき肌もスッキリ解消

  • Kohaku 
  • 投稿者 : Kohaku  
  • 公開日:2018/08/20

皆さんはゴワつき、カサつき、くすみなどの「夏の老け肌」に悩んだことはありませんか?
私は8月に入りすっかり老け肌に悩まされていました。

インナードライになりがちな夏だからこそしっかりケアしなくては!と思っても、肌がゴワついて化粧水が全然入っていかない…。

そんな肌にメイクしても崩れやすいし、頬や目尻は乾燥するし最悪。
毎日鏡を見て自分の肌にうんざりし、涙目になりながら崩れたメイクを必死に直していました。



そこで久々にふきとり化粧水を使ってみよう!と「teateaのふきとり化粧水」を使ってみたのですが、これがもう優秀ですっかり手放せないアイテムになってしまいました。


ecalic021_013 teateaのふきとり化粧水を特別価格で購入するにはこちら>>

ロゴと葉っぱのイラストがとってもシンプルなパッケージ。
公式サイトで調べてみたところ、お茶の専門家の方が考えたアイテムなのだとか。

ルイボスティー・緑茶・プーアール茶の3種類のお茶のエキスが入っていて、なんとも肌によさそうです。

実際に使ってみると、ボトルがポンプ式になっていて片手でプッシュするだけなので使いやすい!
このタイプのボトルは初めて使ったのですが、すごく便利で驚きました。

私は3プッシュたっぷりとコットンに含ませて顔の上を滑らすようにふきとっていきます。
小鼻や顎など毛穴の汚れが気になる部分はクルクルと円を描くようにして。

ふきとり終わったあとの肌はサラッとしていて、気になるゴワつき、毛穴のざらつきも気にならなくなったように感じました。

インナードライが気になっているので、ふきとったあとに保湿力の高い化粧水をつけるようにしています。



びっくりしたのが、化粧水の浸透力の高さ。
今まで肌の上で行き場をなくしていた化粧水がグングンと肌に入っていくんです!

スキンケアを終えたあとの肌はまさに潤い満タンで、しっとりしている自分の肌に思わずにんまりしてしまうことも。
自分の肌を触ってにんまりすることなんてほぼないので、結構驚きました。

朝はふきとり化粧水をしてスキンケアをするので、毎朝洗面台の床を盛大に濡らしていた洗顔も不要に。

最近はふきとり化粧水を冷蔵庫で冷やしてから使うのにハマってます!
朝のベタつきMAX、毛穴全開の肌がキュッと引き締まってくれるしとっても気持ちがいいんです。

使って2週間ほどですが肌の調子もいいですし、化粧の崩れも少なくなりました。


ecalic021_013 teateaの洗顔フォームを特別価格で購入するにはこちら>>

そしてふきとり化粧水がよかったので洗顔も使い始めました!

濃密な泡でしっかり肌に密着してくれるのに、泡切れ抜群でスッキリ。

洗いあがりは、驚くほどしっとりしていて化粧水いらなくない?と思ってしまうほど。

私にとって最強コンビであるこのteateaのふきとり化粧水と洗顔フォームが今なら特別価格で購入できるみたいなので、気になる方はぜひ試してみてくださいね。
(↑の商品画像下のリンクから購入できます)

年齢を重ねるとともにお肌のターンオーバーのサイクルは長期化し、古い角質や老廃物がいつまでも肌に残っているような状態に。
このような状態の肌にいくら化粧水をつけても、浸透するのは難しいですよね。

teateaのふきとり化粧水は「ふきとり」と「潤す」ことが同時にできるとのことで、秋冬の乾燥が気になる季節にも使えるのでしっかりケアしていこうと思います。

これからは肌の土台作りにも力を入れていかなきゃ!

と言いつつ秋の新作コスメのことばっか考えているKohakuでした。



関連記事

新着記事

人気記事

ReBON BLOG

PAGE TOP