ReBON BLOG

鎌倉宮の厄払い石で「かわらけ」を割って厄除けしてきました

  • LALA 
  • 投稿者 : LALA  
  • 公開日:2018/11/30

鎌倉散策をしていた時に、偶然通りがかった「鎌倉宮」。
白い鳥居が珍しく、目を引くたたずまいに引き寄せられるような感覚でした。

鎌倉宮にはさまざまなご利益があるのですが、厄除けが有名で、厄払いの祈願に訪れる方が多いそうです。

というのも、鎌倉宮には「厄払い石」という厄払いスポットがあります。

「かわらけ(杯)」を厄払い石に向かって投げて割ることで、厄払いをする盃割り舎です。

もちろん私もここ2カ月急にできはじめたニキビに厄を感じていたので、祈願することに!

100円を納めて、「かわらけ」をいただきます。

かわらけは素焼きの陶器で、小さなお皿のようになっています。

厄払い石での厄除けの方法はこちら。

「かわらけ」に息を吹きかけ、自分の中にある厄をのせます。
「厄割り石」をめがけて、「かわらけ」を投げ、厄を割ります。
割れなかったら割れるまで続けます。

この厄割り石めがけて、厄を込めてかわらけ(杯)を投げつけて厄を割ります。

私もこの2カ月間悩まされているニキビへの想いを存分に込めて投げました!

「パリーン!!!」とキレイに割れて、無事に厄払いできました。

実は念がこもりすぎたのか、本当に綺麗に粉々に割れて、隣でなかなか割れずに苦戦していた可愛い女子高生2人に拍手までされてしまいました。笑

「すごーい!どうやって投げたんですか?コツとかありますか?」と聞かれましたが

「ただただ気持ちを込めました」としか答えられず…

この人なにがあったのかと思われたかな。笑

鎌倉にはいろいろな神社がありますが、厄払いを自分で行えるスポットは珍しいですよね。
そして「投げて割れる」という達成感のある厄割り石はおすすめです。

これでニキビも治まってくれるだろうと、気持ちよく鎌倉宮を後にしたLALAでした。

【鎌倉宮アクセス】
電車:JR鎌倉駅 東口下車 徒歩30分
バス:鎌倉駅 東口から京急バス[ 鎌20・4番 ] 大塔宮行き 大塔宮下車
住所:神奈川県鎌倉市二階堂
電話番号:0467-22-0318
参拝時間:午前9時から午後4時まで



【LALAのニキビ奮闘ブログ】





関連記事

新着記事

人気記事

ReBON BLOG

PAGE TOP