ReBON BLOG

髪がサラサラになるドライヤーでの乾かし方のコツ!冷風だけでこんなに変わる?

髪型や髪色でその人の雰囲気って大きく変わりますよね。

学生のときは部活をしていたのでショートヘアばかりだったのですが、女性なら一度はロングヘアーに憧れませんか?
私もロングヘアに憧れ伸ばし、今ではロングヘアに!

でも念願のロングヘアになりましたが、やんちゃな息子たちが髪を引っ張ったり、抱っこしたときにジャンパーに引っ掛かったり、動きっぱなしなので邪魔になったと髪を下ろすのが困るようになり、365日ほぼくくるようになってしまいました。

またロングヘアーの大変なことは「ドライヤー」で髪を乾かすこと。

毎日のドライヤーは結構大変です。ショートのときは早く乾かせたのですが、ロングはやっぱり時間がかかります。

ときには自然乾燥や仕事で疲れた時はドライヤーをし忘れて寝ちゃったってこともしばしば。

ある時、ドライヤーのかけ方があることを知りました。
ただ乾かせばいいものだと思っていたのですが、髪のための乾かし方があるそうです!

簡単に「美髪を目指せる乾かし方」を紹介します!

洗髪後、水分をしっかり取ります。
 (髪の流れにそって拭くのがポイント!)
ドライヤーの熱風で乾かしていきます。
 髪の根本→頭頂部→生え際→左右→首筋→毛先の順でやってみてください。
8割ほど乾いたら冷風に切り替え仕上げていきます。

以上です!
簡単そうに思えますが、なかなかこれができていなかったのかも。

私ができていなかったのは③番の冷風でした。
熱風で乾かせば大丈夫だと思っていました。

なぜ冷風をするのかというと、濡れた状態の髪はキューティクルが開いている状態で、ドライヤーの熱風で乾かすときも開いた状態のままなのだそう。
熱風で熱くなった髪を冷風で急激に冷ますことでキューティクルがキュッと引き締まり、そうすると髪に艶が出てくるんですって!

冷風は髪を乾かすまとめのようなものですね!



またドライヤーをすることでもう1つ嬉しい効果が、地肌の健康を保つことができるということ!

きちんと乾かすことで頭皮のトラブルや臭いの原因である雑菌の繁殖を防ぐことができ、健康な髪を保つことができます。

私は③番を気を付けながら実践してみました。
すると・・・髪の触り心地?が違ってきたんです。

今までシャンプーの時も絡まってゴワゴワしたりしていたのですが、そのゴワゴワ感がなくなったんです!
指通りも良くなってものすごくシャンプーがしやすくなりました。

ドライヤーのときも仕上がりが今までなかった艶が出て、ここでも指通りが抜群!こんなにも違ってくるのか!と自分でも驚いてしまいました。

ドライヤーを変えたり、シャンプーを変えたり、トリートメントをしたりも全くしていません。
何も変えずにここまで効果がでました。

これは絶対に実践してほしい!と思います。

毎日髪をくくっている私。
子供に髪を引っ張られないように結構ピシッとくくって髪が落ちてこないようにピンでとめています。

今まではくくっている髪が落ちてくるということはほとんどなかったのですが、ドライヤーの乾かし方を変えてからくくっていても髪が落ちてくるようになりました。
嬉しい意味で髪がまとまらなくなってしまいましたがこの効果が喜ばしいことですよね。

毎日するものだから改めてドライヤーでの髪の乾かし方って大事だなと実感しました。

仕上げの冷風を知らなかった方はぜひ実践してみてください!

関連記事

新着記事

人気記事

ReBON BLOG

PAGE TOP