ReBON BLOG

エピデュオゲルは最強のニキビ塗り薬?ニキビが治らない私が使ってみた結果と効果

  • LALA 
  • 投稿者 : LALA  
  • 公開日:2018/12/07

尋常性ざ瘡治療剤「エピデュオゲル」は数あるニキビ用の塗り薬でも強い効果があるとされる外用薬です。

私も何種類か塗り薬を出されて、それでも改善しなかったニキビがあった時に“最後の砦”のように処方されました。

先日紹介したベピオゲルよりも効果が強いとされています。
…そういわれるとちょっと怖い。笑

というのも、ディフェリンとベピオの合剤が「エピデュオゲル」。

・ディフェリン(アダパレン)…毛穴詰まりを抑制しニキビを予防する
・ベピオ(過酸化ベンゾイル)…殺菌&ピーリング作用でニキビを治療する

つまり“1本で予防と治療が同時にできる”という最強のニキビ塗り薬なのです。
2016年から保険適用になったそうで、比較的新しいですね。

ただ効果が高いぶん、副作用も出やすいとも言われています。

私はベピオゲルでもヒリヒリする痛みを感じたので大丈夫かと不安になりましたが、ニキビができてるところにだけ塗るようにアドバイスされました。

処方された時に、使い方や効果などエピデュオゲルのことが書いてある冊子ももらえました!
こーゆーのがあると、安心して使えますよね。

ちなみに妊娠中や授乳中の方はエピデュオゲルは使えないので注意が必要です。

ベピオゲルでも改善しなかった私の顎ニキビはよくなるのでしょうか…?

さっそく試してみることに!

【使い方】
1日1回(夕方から就寝前)、洗顔後にニキビに適量を塗る
【注意点】
・乾燥などを防ぐために、エピデュオゲルの塗布前にノンコメドジェニック製品で保湿する
・擦らずに薄く塗り広げる(目、唇、小鼻、粘膜、傷口、湿疹は避ける)
・塗り終わったら手を洗う
・紫外線に当たると刺激が強くなることがあるので、朝は使用しない

クリームは白色で、テクスチャはベピオとそんなに変わりません。
意外とみずみずしい感じですが、ベピオ同様時間が経つと乾燥します。

事前の保湿ケアは大事ですね!

副作用が怖かったので、おそるおそるニキビのある箇所にチョンチョンとつけます。

ちなみに冊子に書いてあった副作用一覧がこちら。

・乾燥
・皮膚刺激感(ヒリヒリ感)
・落屑(皮膚が細かくはがれる)
・紅班(皮膚が赤くなる)
・そう痒感(かゆみ)

使い始めて2週間以内に上記のような副作用が現れることが多いそうです。
通常は使い続けるうちに症状は改善していくとのこと。
真っ赤に腫れたり、痛みが強い場合は使用をやめて医師に相談しましょうとありました。

ここからは完全個人差がある使い心地ですが、私はほとんど痛みに関する副作用は感じなかったんです。

ベピオの時は塗った後、じわじわとヒリヒリする痛みがあり、赤みも出ましたが、エピデュオゲルはヒリヒリ感は全くと言っていいほどありませんでした。
調べてみるとヒリつきの痛みを感じている方もいるようなので、人によるとは思います。

翌朝は洗顔をしても特に肌に変化はありませんでしたが、2回使用したくらいからニキビ周辺の皮膚がちょっとパリッとしている感じに…
徐々に塗る範囲(面積)を広げていってOKとのことですが、先生に説明されたようにニキビの患部だけにチョンチョン塗りにしたところ、皮のめくれもおさまりました。

※追記※
副作用ないといいましたが、使い続けていくうちに痛みと皮膚が赤くなる症状が出ました!
最初は塗るのが少量すぎたから副作用出なかったのかもしれません。。。
普通に痛いですし、塗った部分はとても乾燥します。
エピデュオゲル塗る前にノンコメドジェニックの化粧水でしっかり保湿ケアがんばっていますが、それでも赤くなるし、乾燥しちゃうので…ひどい時は休みながらケア続けています!!

そして、いつも白ニキビができてもなかなか改善しなかったのですが、エピデュオゲルを塗ってから悪化してないことに気が付きました。
副作用もほどんどでなかったので、エピデュオゲルは私に合っているのかも!

それにディフェリンとベピオの合剤なんて、本当に最強のニキビ薬ですよね。

長期的に使えるお薬のようなので、外用薬はエピデュオゲルに絞ってケアを続けてみます♪
ニキビ用の漢方「十味敗毒湯」も併用して、ニキビ改善を頑張るLALAでした。



【ニキビ関連記事】



関連記事

新着記事

人気記事

ReBON BLOG

PAGE TOP