ReBON BLOG

マルコメの生塩糀を食べてみた!塩麹料理でみんなで健康に

近年、健康食品に関心が高くなっていますが、最近では調味料としても人気のある「塩糀」の注目を集めていますね。

糀といってもどんなものかまでは正直知りませんでした。
体にいいよ!ダイエットにもなる!と聞くと使わないわけにはいきませんよね笑

楽して痩せられるという訳ではないのですが、食べて痩せられるなら食べることが大好きな私にとってはもってこいです!

単純な私はさっそくスーパーで塩麹を探しました。笑

マルコメの塩糀をゲット

今回はマルコメ(marukome)の「プラス糀 生塩糀」というものを買ってみました。

「生」って書いていると何だか効果がありそうな気がしませんか?
ここでも単純な私。笑

原材料を見ると…

本当に米こうじと食塩、酒精のみです。

見た目、白いつぶつぶがありどんな感じになるのかなと思っていましたが、調理してみたらこのつぶつぶも気になりませんでした!
発酵食品なので匂いが気になる方もいると思います。

でもこちらも全然大丈夫!全く匂わないという訳ではありませんが、ほとんど気にならない程度の匂いです。

マルコメ生塩糀を使って料理してみました

簡単にブロッコリーを湯がいて和えてみました。

料理とまではいかないですが(笑)塩がすこしきいておいしかったです!
いつもならマヨネーズやドレッシングで食べますが、塩糀は少し甘味もありいつもと違った味わいでおすすめです。

次は炒め物。
豚肉とキャベツのシンプルな炒め物を塩糀で味付けしました。
こちらもおいしかったです!豚肉にもあいますね。

他にも焼き物や煮物などの塩の代わりに使うことでいつもの料理が健康的なものに変身します!

マルコメ生塩糀は使いやすくて◎
チューブタイプのマルコメ生塩糀。
使いたい分だけギュッと絞れて、そのまま冷蔵庫に保管できるので便利でオススメです!

塩麹の健康効果とは

塩糀にはビタミンB1、B2、B6などのビタミンB群が多く含まれています。

【ビタミンB群の効果】
・疲労回復やイライラを抑制する
・細胞の再生を促す効能により健康的な肌や髪を作る
・代謝をよくする

さらに玄米やトマトに多く含まれるアミノ酸の一種「GABA」も塩糀には多く含まれます。

【GABAの効果】
・リラックス効果
・コレステロール値や中性脂肪を抑える

美容効果もあり、シワやシミ、たるみ、大人ニキビなどの老化防止、肌荒れ予防もあるそうです!

その他にも塩糀には「お肉を柔らかくする効果」「旨味やコクをアップする効果」などもあり料理に親しまれるようになっています。

「糀」と「麹」の違い

糀のことを調べていると、「糀」「麹」という漢字が出てきました。
どちらかというと「麹」という漢字の方が見慣れているとおもいます。

両方こうじと読むんですが、何が違うのか疑問に感じて調べました。

【糀】
この漢字のこうじは日本で作られた国字で米に付くコウジカビが「花が咲くように生える様子」から「糀」という漢字が生まれました。
【麹】
中国から来た漢字でこちらの麹は大豆や麦などの穀物を蒸してからコウジカビを繁殖させたものです。

二つとも「こうじ」で意味は同じように使われているようで、糀の方は米を愛する日本人が作った漢字だそうです。

漢字の違いで中身も違うのは知りませんでした。

では塩糀とはどんなものなのでしょうか。
とてもシンプルな材料で塩と糀と水を合わせて発酵させたもので日本で古くから伝わる調味料だそうです。

マルコメ生塩糀で家族みんなで健康に

結婚前は健康には無関心だったのですが、子供ができてもっと頑張らないと!と思うようになり健康にも気を付けないとと思うようになりました。

運動も大事ですが、毎日食べている食事も大事だと思います。
体の中から健康になれば自然と肌もキレイになります!

塩糀以外にも味噌や納豆、醤油、漬け物、チーズなども発酵食品です。
塩糀が苦手な方は他の発酵食品を取り入れてみてはいかがでしょうか。

毎日の生活に発酵食品を取り入れ健康にキレイになるように頑張りたいです!

今回購入したマルコメさんの「生塩糀」を検索するといろんな調理の仕方が載っていました。
ぜひ参考にしてみてください。


関連記事

新着記事

人気記事

ReBON BLOG

OFFICIAL ACCOUNT

instagram
instagram
PAGE TOP