日本のスーパーフード「納豆」の美容効果がすごい!アンチエイジングにおすすめの理由

日本のスーパーフード「納豆」の美容効果がすごい!アンチエイジングにおすすめの理由

  • 公開日:2018/05/14 最終更新日:2018/07/30

納豆は日本でポピュラーな食品。
安価で栄養価が高い食べ物なので、冷蔵庫には納豆がいつでも常備されているというお家も多いのではないでしょうか。

安くて美味しい栄養たっぷりの納豆ですが、実は日本のスーパーフードと呼ばれるくらい優れたパワーを持つ食べ物なんです。

アンチエイジングや美容にも高い効果を期待ができるので綺麗になりたい・若々しくなりたいという女性にも積極的に食べて欲しい食品です。

納豆の驚きのアンチエイジングパワーを詳しく紹介します。

日本のスーパーフード「納豆」の栄養素と美容効果


大豆を納豆菌で発酵させた日本でお馴染みの食品「納豆」
日本のスーパーフードと呼ばれるほど栄養価が高く健康効果に優れていて、今は外国でもニオイを抑えて作られた納豆が人気になっています。

【納豆の栄養素】
■イソフラボン
納豆といえばイソフラボンです。
女性ホルモンの働きとよく似ていてホルモンバランスを整える働きがあると言われているので、肌荒れの予防や改善に期待ができます。

ホルモンバランスが崩れていると皮脂の分泌量が増えるため、イソフラボンの摂取でホルモンバランスの乱れによる肌荒れを予防改善することができると言ってもいいでしょう。

■タンパク質
納豆は体内で作れない必須アミノ酸を全て含んでいます。
植物性タンパク質が豊富でとてもいいタンパク源になる食品です。
肌はタンパク質から作られているので、健康的な若々しい肌作りに役立ちます。

■ビタミンB2
皮脂の分泌量をコントロールするのに必要な栄養素で、皮脂バランスの乱れによるニキビや吹き出物、毛穴開き、黒ずみ、角栓などのトラブルの予防や改善に効果を期待できます。

■ポリアミン
体内でアミノ酸から合成されるヒトや動物がもともと細胞内に持っている物質です。
ポリアミンはタンパク質・コラーゲンを作る働きがあり、アンチエイジングや糖化を抑える効果に期待ができます。

糖化とは体内でタンパク質と糖質が結びついてタンパク質が変性する現象で、美容面では黄ぐすみの大きな原因になると言われています。

■ナットウキナーゼ
納豆にしか含まれないと言われている栄養素「ナットウキナーゼ」。
血流を促進させる効果があり、血の巡りを促して肌の血色をよくしたり脂肪燃焼を促進させる効果に期待ができます。

納豆の美容効果まとめ


納豆に含まれる栄養素からどのような美容効果に期待ができるのか一覧にしてまとめました。

・シミ、そばかす、くすみ
・コラーゲン産生によるたるみ、しわ、ハリ不足
・アンチエイジング
・ニキビ、吹き出物
・毛穴開き、毛穴の黒ずみ、角栓
・皮脂分泌のコントロール
・健やかな肌を作る、再生
・肌荒れ
・便秘解消
・脂肪燃焼、ダイエット

美容効果を高める納豆の食べ方


納豆の食べ方は色々ありますよね。
その人の好みだったり、地方によってもいろいろな食べ方があります。

こちらで紹介しているのは美容面を考えたおすすめの食べ合わせです。

【納豆×アボカド】
アボカドはリノール酸、オレイン酸、ビタミンC,Eなどアンチエイジングに効果を期待できる成分や、むくみの解消に効果的なカリウムも豊富です。
ご飯のおかずにしてもいいですし、パスタと絡めて食べてもパンに乗せても美味しいですよ。

【納豆×大根おろし】
大根は食物繊維やビタミンCが豊富に含まれています。
納豆のねばりが大根の水分で弱まるので、納豆のねばりが苦手な方にもおすすめの食べ方です。
食物繊維で食べ過ぎ防止、便秘解消、ビタミンCの美肌効果に期待ができます。

【納豆×トマト】
トマトのビタミンC、リコピンで美肌・美白効果に期待ができる組み合わせです。
紫外線が特に気になる春や夏はトマトとの組み合わせがおすすめ。

トマトは細かく刻んで納豆と混ぜ合わせて食べます。
トマトの酸味がさっぱりとして食べやすいですよ。
トマトと相性の良いオリーブオイルを少し足してもいいかもしれません。

【納豆×オリーブオイル】
エイジングケアにおすすめなのはオリーブオイルとの組み合わせ。
ビタミンE、ポリフェノールなどアンチエイジングに効果的な成分が含まれています。

納豆独特の匂いも緩和してくれるので、納豆の匂いがあまり好きではない方やエイジングケアに取り組んでいる方におすすめの食べ方です。

納豆を食べるときの注意点


納豆は「納豆汁」や「納豆のかき揚げ」などの料理もありますが、熱を加えるとナットウキナーゼなど壊れてしまう栄養素があるので納豆はなるべくそのまま熱を加えずに食べることをおすすめします。

納豆に含まれるポリアミンは水溶性の成分です。
ひきわり納豆は大豆を細かくして水に浸すという工程を経て作られているので、ポリアミンの含有量が粒納豆と比べると少なくなっています。
美容のことを考えて納豆を選ぶなら粒納豆がおすすめです。(ひきわり納豆が絶対に駄目という訳ではありません。)

まとめ~美容のために効果的に納豆を食べよう~


納豆は手頃な食品ですが、栄養価や美容・エイジングケア効果に優れた日本のスーパーフードです。
化粧品でスキンケアをすることも大事ですが、体の中からも美肌作り・維持に必要な栄養を補うのは大事なこと。

安く美容効果を期待できる納豆を食べる習慣を取り入れ、体の中からも「キレイ」を目指してみませんか?

最近は納豆のニオイを抑えた製品もあるので、あまり納豆が好きではない方もこれを機会にチャレンジしてみてください。

【あわせて読みたい記事】


関連記事

新着記事

人気記事

ReBON BLOG

PAGE TOP