鉄分不足が肌荒れの原因だった?美肌のために摂りたい鉄分の多い食べ物一覧

  • 公開日:2018/05/31

高価な化粧品を使っても、どんなに睡眠をとっても肌荒れがよくならないという人はいませんか。
もしかすると、それは鉄分不足が原因かもしれません。

鉄分は血液の質を高め、肌のコンディションや髪質にいい影響を与える栄養素
とりわけ、美肌やエイジングケアのためには、鉄分を補うことが効果的なのです。

ここでは女性が鉄分不足に陥ってしまう原因肌に与える影響について解説。
さらに、鉄分が多く含まれる食べ物の一覧とより効果的な摂取方法についてご紹介していきましょう。

女性は鉄分不足になりがち…その原因とは


最近では貧血に悩む女性たちが増えています。
貧血とは血液の量が減るということではなく、赤血球のヘモグロビン不足で起こる、いわば血液の質の低下です。

女性は特に貧血になりやすく、鉄分不足から起こる「鉄欠乏性貧血」であることがほとんど。
毎月の月経やダイエットによるカロリー・栄養不足、偏った食生活などが主な原因だといわれています。

私たちの体からは、尿や汗、代謝による老廃物の排出などで、毎日少しずつ鉄分が失われています。
日々失われ続ける鉄分は、血液を作り出す大切な役割があり、生きていくために必要不可欠な栄養素

必然的に鉄分の減少が起こる上に、さらに生活習慣や食生活などの要因が重なることで、最近では特に貧血を起こす人が増えたと言えます。
また、妊娠すると胎児の分まで大量に血液が必要になるため、鉄分量がそれに追いつかずに貧血になるということも。

子宮筋腫による月経量の増加や他の病気によって損失量が増えることも鉄不足を招く原因となります。

鉄分不足は肌トラブルのもと


◆鉄分不足で「肌ブス」に

鉄分が不足すると肌はさまざまなトラブルを起こしやすくなり、見た目も悪くなります。

赤血球の中のヘモグロビンは酸素と結び付くことで赤くなりますが、鉄分不足でヘモグロビンが減ると顔から赤みが引き、青白く血色が悪くなってクマが目立ちやすくなるのです。
また、鉄が不足することでコラーゲンの生成が促されなくなるので、肌は乾燥しがちに。

すると、過剰に皮脂が分泌するようになり、吹き出物やニキビが出やすくなる、肌がベトつくなど肌荒れを引き起こします。
さらに炎症を起こした皮膚が傷つくと、肌ダメージを回復しようとする防御反応からメラニン色素が生成され、シミとなって残りやすくなるのです。

つまり、鉄分不足は肌にとってさまざまなトラブルを招き「肌ブス」を進行させる最大の原因

さらに20代後半からは、たるみやハリのなさなど、加齢によるエイジング現象が合わさるため、これではいくら高価で高機能な化粧品を使っても太刀打ちできません。
放っておくと、気が付いた時には取り返しのつかないような状態になり、もとの健康な肌を取り戻すまでに多くの時間を費やさなくてはならないほどまでになると、気分まで憂鬱になってしまいますね。

しかし逆に考えると、鉄を十分に満たされていれば肌調子もそれに合わせてどんどん良くなってくれるので、美肌やアンチエイジングためには鉄分を補うことが近道とも言えるのです。

もちろん日頃のスキンケアも大切なので、保湿効果の高い化粧水などで十分な保湿ケアを行い、鉄分の摂取も心がけていきましょう。

◆美肌をつくる!鉄分の役割とは

鉄分には、健康と美肌を作るために重要な2つの役割があります。

ひとつは全身に酸素を届ける赤血球をつくるというもの。
血液には酸素や栄養素を体の隅々まで届け、老廃物を回収して排出するという働きがありますが、この血液のスムーズな流れや働きを支えているのが鉄分です。

体中に酸素がいきわたることで新陳代謝が促され、ターンオーバーの周期を正常に保つことができるため、肌はいつも新しい細胞に生まれ変わりを続けます。
また、血流の促進は老廃物を押し流す力にもなりデトックス効果も期待できるのです。

もう一つが、コラーゲンや皮膚などの粘膜を作る元になるということ。
コラーゲンは、私たちの体の中で自然と生成されるものですが、加齢とともにその量は減少します。
食べ物や化粧品などで補うこともできますが、やはり自ら作り出したコラーゲンが美肌にとって最も効果的。
最近、肌のハリのなさや乾燥を感じるようになったという人は、鉄分を積極的に摂ることで肌状態の改善が期待できるでしょう。

美肌のためには鉄分を取ることが不可欠。
肌トラブルを未然に防ぐだけではなく、肌荒れを改善し、いつも鉄分が満たされていることで健康的で美しい状態をキープしてくれます。

鉄分の多い食べ物一覧


鉄分には、何もしなくても体に吸収することのできるヘム鉄と、ビタミンCなどと組み合わせることで吸収できる非ヘム鉄の2種類があります。

【ヘム鉄一覧】
レバー、牛肉、マグロ、かつお、イワシ、干しエビ、卵黄、鮎、しじみなど
※体に吸収しやすいヘム鉄は、動物性のたんぱく質に多く含まれます。

【非ヘム鉄一覧】
ほうれん草、ひじき、キクラゲ、卵、大豆、プルーン、アサリ、カキ、菜の花、小松菜など
※非ヘム鉄は、野菜や植物性のたんぱく質などに多い傾向があります。
 非ヘム鉄であっても食べ合わせ次第で効率よく摂取することができ、鉄分不足解消に効果的です。

鉄分を効果的に補う方法


鉄分は食べ合わせ次第でさらに効果的に吸収することができます。

鉄分と結びつくと腸からの吸収率が良くなる動物性たんぱく質ビタミンCは、鉄分を含む食べ物とぜひ一緒に摂りたい栄養素。
例えば、牛肉の炒め物にほうれん草のソテーを添えるなどうまく組み合わせましょう。

その他、フルーツなどに含まれるクエン酸にも鉄分の吸収を良くする効果があります。
食後のデザートには、リンゴなどのフルーツを選ぶといいですよ。

【鉄分の吸収を阻害するもの】

コーヒーや玉露などの濃い緑茶に多く含まれるタンニンには鉄分の吸収を妨げる働きがあるので、せっかく鉄分豊富な食べ物を摂取してもうまく体に摂りこむことができません。

1~2杯の適度な量であれば問題ないのですが、そればかりを大量に飲むことはやめましょう。
食物繊維やシュウ酸を多く含むものも同じ。
さまざまな食材を組み合わせて、それぞれを適量ずつ摂取することが一番効果的です。

まとめ~美肌のために鉄分を摂ろう~


鉄分が不足すると、肌の調子の悪さに直結します。

時間をかけたスキンケアやたっぷりの睡眠を心掛けていてもコンディションが悪いと感じているなら、今すぐ鉄分を多めにとるように心がけましょう。
また鉄分不足は疲れやすさや集中力の欠如など、体力や気力が落ち込みがちになるので見た目の明るさが失われ、どんなにヘアやメイクを整えても、美しさからはかけ離れた見た目になってしまいます。

このように肌荒れ以外にもさまざまな弊害があるので、現代人には特に積極的に摂ってほしい栄養素。
美肌やアンチエイジングなど、美容のためにも栄養バランスの良さを心掛け、特に鉄分を多く含む食べ物を多く食卓に並べるようにしましょう。

【あわせて読みたい記事】


関連記事

新着記事

人気記事

ReBON BLOG

PAGE TOP