玉ねぎ氷の美容&健康効果がスゴイ!簡単な作り方と活用法をご紹介

  • 公開日:2018/07/23 最終更新日:2018/09/18

玉ねぎといえば健康にも美容にもいい食材で有名です。
さまざまな料理に使えるので野菜の中でも常備している方が多い野菜ではないでしょうか。

そんな玉ねぎから作る「玉ねぎ氷」って知っていますか?

高い健康&美容効果が期待でき、簡単に食事に取り入れることができると話題になっているのです!

「万病の薬」とも呼ばれる玉ねぎでできる玉ねぎ氷とはどんなものなのでしょうか。
今回はすぐに準備したくなる「玉ねぎ氷」の効果や作り方と活用法を紹介します!

話題の玉ねぎ氷とは?期待できる美容&健康効果


玉ねぎ氷とは玉ねぎを加熱しミキサーにかけペースト状にして凍らせたものです。

加熱することで玉ねぎ独特の辛みを甘みに変えることができ、臭みも取れ食べやすくなります。
生で食べるのが苦手な方や健康や美容のために玉ねぎをたくさん取り入れたい方などにもおすすめで、調味料感覚で使えるとして注目されているのです。

さらに氷にすることで長期保存が可能になり、たくさん作って常備しておくと料理をするとき簡単に玉ねぎを使うことができるというメリットも!

美容や健康に効果的な豊富な栄養素を摂り入れられるだけでなく、味に深みのあるおいしい料理になるということで一石二鳥の万能アイテムなのです。

想像以上!玉ねぎの栄養成分がスゴイ


玉ねぎ氷でキレイになれる秘密は、玉ねぎに含まれる栄養成分がスゴイから。
どんな効果が期待できるのか、ピックアップしてご紹介します。

■ケルセチン
ケルセチンは野菜や果物に多く含まれるフラボノイドの一種。

フラボノイドの中でも抗酸化作用が特に強く活性酸素が原因で起こるシミやシワなどの老化現象や、糖尿病や動脈硬化、ガンなどの生活習慣病などの予防にも効果的だと言われている成分です。

<ケルセチンの働き>
・インスリンの過剰な分泌を抑える効果があり、血糖値の上昇を抑え糖尿病の予防に効果的とされています。
・ヒスタミンの発生を抑える働きがあり、ヒスタミンが原因で起こる鼻水や目のかゆみなどのアレルギー症状の緩和が期待できます。
・脂肪の吸収を抑制する効果があり余分な脂肪を排出してくれます。
・ビタミンCの吸収も良くする効果があり、ケルセチンの強い抗酸化作用と合わさることで美容にも効果抜群です!

■イソアリイン
玉ねぎを切ったときの鼻にツンっとくる臭いと目にくる痛み、玉ねぎ特有の辛味の正体がイソアリインという成分です。

イソアリインはイオン化合物の一種になり代謝を上げる効果があり太りにくい体作りをサポートしてくれます。
その他にも
・コレステロール値の低下
・中性脂肪値を下げる
・血栓の予防
などの効果が期待できます。

■硫化プロピル
その他に玉ねぎに含まれる「硫化プロピル」という成分を加熱することで、トリスルフィドとセパエンという成分に変化し、この2つの成分が血液をサラサラにすることで血液の流れを改善してくれます。
この効果により冷え性改善や血管のエイジングケアにも期待できるでしょう。

■オリゴ糖
オリゴ糖は腸に入ると善玉菌の餌になります。
乳酸菌の働きを活発にしてくれる効果があるので、腸内環境が整い便秘解消に効果的
便秘が解消されることで体の余分な老廃物が排出されるためダイエットにも美肌などの美容効果にも繋がるのです。

玉ねぎ氷の作り方!自宅で簡単なレシピ


簡単!「玉ねぎ氷」の作り方を紹介します。

<材料>
・玉ねぎ 1kg(4~5個ほど)
・水   200cc

<用意するもの>
・袋
・ミキサー(持っていれば使ってください)

【基本的な作り方】
玉ねぎの皮を剥いて先とヘタを切り落とします。

耐熱性のある袋に皮を剥いた玉ねぎを入れ、電子レンジで20分加熱します。
 ※電子レンジがない場合は蒸し器や圧力鍋などで代用してくてください。
 ※電子レンジは600wで20分、500wなら24分ほどが目安です。

加熱した玉ねぎをミキサーに入れます。
 ※このとき袋に溜まっている水分には玉ねぎの栄養も含まれているので一緒にミキサーに入れてください。

玉ねぎを入れたミキサーに水200ccを入れミキサーのかけます。
 ※ミキサーがない場合はすり鉢やザルなどで代用してください。

形がなくなりトロトロになったら平らなバットに入れて冷蔵庫で冷まします。

冷めたら製氷皿に入れて凍らせます。

凍ったら製氷皿から外して保存袋などで冷凍室で保存します。

以上で完成!!

玉ねぎ氷は冷凍室で2ヶ月ほど保存が可能
氷にせずペースト状の場合は10日間ほど保存が効くので、タッパーなどに入れて冷蔵庫で保存してください。

調味料としても使える!玉ねぎ氷の活用法


玉ねぎ氷は玉ねぎのおいしさをぎゅっと濃縮させたものなのでそのまま食べてもいいですが、調味料をして使うのもオススメです。

1日の摂取量目安は玉ねぎ氷2個分です。

どんな料理にも合い使いやすいと思います。
では玉ねぎ氷の活用法をいくつか紹介します!

【スープや煮物の隠し味に】
味噌汁やカレー、スープなどの汁物に入れて隠し味をして使うのが一番簡単です!
玉ねぎの甘味が引き立ってより美味しくなります。
またインスタント味噌汁やスープにもポンっと入れるだけで、玉ねぎの栄養も取れるのでオススメ。

【即席!ドレッシングに】
凍らせた玉ねぎ氷を解凍して、自宅にあるドレッシングに混ぜて玉ねぎドレッシングに。
玉ねぎ独特の辛みや臭みがないのでお子さんでも食べやすいと思います。
ドレッシング以外にもマヨネーズやソース、ポン酢などに入れると玉ねぎがアクセントになって、いつもと違ったソースになりオススメです!

【調味料として】
煮物をたくときに入れたり、ハンバーグに混ぜ混んだり調味料としても使えます。
玉ねぎの甘味が出てより美味しくなります。

【野菜ジュースと一緒に】
市販の野菜ジュースに入れたり、自宅での手作りスムージーに玉ねぎ氷に入れて作ると簡単です。
手軽に玉ねぎの栄養素を摂り入れることができます。

まとめ~ちょっとのひと手間でキレイと健康をゲット~


玉ねぎは一年中売っていて、価格も安定しているので私たちの食生活には欠かせない食材だといえます。

しかし毎日玉ねぎを食べるとなるとちょっと難しいですよね。
また玉ねぎが嫌い、苦手な方も多いと思います。

玉ねぎ氷にすることで、手軽にたくさん摂り入れることができるし、玉ねぎの形もないので料理に入れてもお子さんに気付かれず玉ねぎを食べてもえます。
玉ねぎが苦手な方でも試してもらいたいです。

作る手間がありますが、自宅にあるもので簡単につくれて冷凍保存可能なたまねぎ氷は、とっても万能です!

健康や美容のために玉ねぎを毎日食べたい!食べてもらいたい!というあなたは、ぜひお試しあれ♪

【あわせて読みたい記事】



関連記事

新着記事

人気記事

ReBON BLOG

PAGE TOP