ローヤルゼリーで美肌になるって本当?効果・効能と成分や副作用を調査

  • 公開日:2018/11/15

ローヤルゼリーと聞くと何だか健康や美容に効きそうな感じがしますよね。

CMなどでも「ローヤルゼリー配合!」なんてフレーズよく聞きませんか?
といってもローヤルゼリーってどんなものだろう?と知らない方もいると思います。

ローヤルゼリーは栄養剤や化粧品などによく使用されているのですが、ローヤルゼリーの効果・効能を知れば使われている理由に納得がいくはずです。

今回はローヤルゼリーの持つパワーがもたらすエイジングケアについて調べていきたいと思います!

ローヤルゼリーの驚きの効果・効能をご紹介

ローヤルゼリーとは働き蜂の唾液から分泌される乳白色の液体のこと。
はちみつと勘違いされることが多いのですが、はちみつは働き蜂が花の蜜を集めたものでローヤルゼリーとは全く違うものです。

この働き蜂から分泌されるローヤルゼリーは女王蜂や、ふ化した蜂の幼虫が生まれて数日だけ食べられるもので、ローヤルゼリーを食べ続けている女王蜂は働き蜂の1、5倍もの大きさに成長し、寿命は働き蜂の40倍とも言われています。

毎日2000個もの卵を産む女王蜂のここまでの生命力はローヤルゼリーの力だとされているのです。

<ローヤルゼリーの成分>
必須アミノ酸・・・リジン、トリプトファン、メチオニンなど体内で作ることができない9種類すべて含まれています。
アミノ酸・・・アルギニン、グルタミン酸、タウリン
ビタミンB類・・・ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6
ミネラル・・・カルシウム、カリウム、マグネシウム
特有成分・・・デセン酸、類パロチン、ビオプテリン

など50種類以上の栄養素がバランスよく含まれています。
これらの成分は美肌に導いてくれる成分ばかりでローヤルゼリーはエイジングケアにオススメなのです!

続いて栄養満点のローヤルゼリーの効果についてご紹介していきます。

美肌効果
ローヤルゼリーに含まれる類パロチンが肌の新陳代謝を活発にしてくれる効能があり、肌を若々しく保つ効果が期待できます。

肌のハリを保つ効果
肌のハリに必要なコラーゲンは年齢と共に減少していきますが、ローヤルゼリーにはコラーゲンを生成する効能がありシワやたるみを防ぐ効果が期待できます。



アンチエイジング効果
ローヤルゼリーに含まれる成分には、肌の酸化や老化を早める原因である活性酸素を除去する働きが。
さらに「アピシン」という成分の代謝促進の働きは、細胞の酸化を防ぐ効果が高いので、エイジングケアの効果も期待できるのです。

美白効果
紫外線を浴びるとチロシナーゼという酸化酵素という成分が活発になり、メラニンを作り出しシミそばかすを作ってしまう原因に。

ローヤルゼリーにはチロシナーゼの働きを抑えてくれる効能があり、シミやそばかすを防ぐ効果が期待できます。

また肌の黄ばみやくすみなどの原因は砂糖や炭水化物などの過剰摂取によりコラーゲンなどのたんぱく質と糖が結合することで肌が変性、劣化する現象「糖化」が原因になります。

ローヤルゼリーはこの糖化も防いでくれる効果が期待できるため美白効果があるとされているのです。

ローヤルゼリーは美肌を導いてくれる優れものなのです!

お肌のためのローヤルゼリーの摂り入れ方

ローヤルゼリーは薬と思われている方が多くいますが、薬品ではなく食品扱いになります。
そのため薬のように速効性がなく、一度試せば効果が出るわけではないので継続してローヤルゼリーを摂り続けることが大切です。

ローヤルゼリーの摂り方について紹介していきますね。

食べるタイプ
ローヤルゼリーの中でもより効果を得られるものは「生ローヤルゼリー」です。
生のローヤルゼリーは女王蜂が食べているローヤルゼリーと同じで乳白色のドロッとした液体になります。

生ローヤルゼリーは酸味と渋味や舌を刺すような感じ、喉に残りやすいといった食べにくい点が苦手な方も多いようです。

食べにくいという方は以下を取り入れ方を試してみるといいですよ!

【ヨーグルトや牛乳に混ぜる】
乳製品に混ぜることで苦味も抑えられます。

【果汁100%の柑橘系のジュースに混ぜる】
柑橘系のものに混ぜると苦味も酸味も少なくなり取り入れやすいでしょう。

【はちみつに混ぜる】
はちみつの甘さがローヤルゼリーのクセを抑えて食べやすくなります。

<ローヤルゼリーを摂取時の注意点>
・ローヤルゼリーを食べるときは金属製のもので食べるとローヤルゼリーが酸化してしまうのでプラスチック製や木製のスプーンで食べるようにしましょう。

・生ローヤルゼリーは保存がききにくいので食べきれないときは冷凍保存がおすすめ。

・ローヤルゼリーは熱を加えると成分が壊れて効果がなくなってしまうので、常温~冷えた飲み物に入れて飲むと効果的です。

・コーヒーやお茶などに含まれるポリフェノールがローヤルゼリーの栄養素の吸収を妨げる恐れがあるので混ぜないようにしてください。

摂り入れるタイミングとしては、朝と夜の1日2回に分け、食前の空腹時に1~2gを摂取しましょう。

飲むタイプ
サプリメントなどはローヤルゼリーを乾燥させた「乾燥ローヤルゼリー」や「調整ローヤルゼリー」が使用されています。
持ち運びがしやすいし、飲みやすく匂いも気にならないので続けやすくおすすめです。

服用するときは水で飲むようにしましょう。

化粧品
こんなにも優れているローヤルゼリーは毛髪の健康を改善し育毛促進する成分や、皮膚を再生するために必要なコラーゲンなどを含んでいるため多くの化粧品などに配合されているのです。

例えば化粧水、美容液、リップ、ボディケア、ベースメイク、チーク、マスカラ、アイシャドウ、アイライナー、シャンプーとさまざまな化粧品に含まれています。

食べたり飲んだりするのが苦手だという方は、ローヤルゼリーが含まれている化粧品から始めてみるのもいいかもしれませんね!

【ローヤルゼリー配合おすすめ化粧品】
これだけたくさんの美容効果が期待できるローヤルゼリーがたっぷり使われた、濃厚オールインワンジェルが「ローヤルゼリーもっちりジェル」です。
ローヤルゼリーに加え、エイジングケア成分「ナールスゲン」が配合され、もっちり潤う本格スキンケアが叶います。

なんと今なら公式キャンペーンページからのご注文で50%オフの1,710円で購入できます。
もともとコスパがいいことでも人気ですが、ローヤルゼリー配合の基礎化粧品をお探しの方はこの機会に試してみては?

詳しくは下記ページで紹介しています。

ローヤルゼリーの副作用とは

こんなにも美容効果が期待できるローヤルゼリーですが、心配なのは副作用ではないでしょうか。
効果が優れているものには副作用もあると思ってしまいますよね。

ローヤルゼリーには基本的に副作用はほとんどないと言われています。

上記でも書きましたがローヤルゼリーは薬ではなく天然成分なので副作用もなく安心して摂ることが可能です。
しかし気をつけなければいけない方もいます。

アレルギーを持っている方
ローヤルゼリーに含まれる「アピシン」という成分がアレルギーを引き起こす可能性が。

またさまざまな植物の花粉や蜜が含まれているので、花粉症の方やアレルギー症状がある方が摂取するときは医師に相談してから摂取することをおすすめします。

妊娠中の方
ローヤルゼリーはアレルギーが出やすいそばや小麦、卵などと同じくアレルギーを引き起こしやすいものです。

栄養満点なローヤルゼリーは妊婦さんにはいいイメージがありますが、妊娠中は普段の体と違うためアレルギーを引き起こし体に悪影響を及ぼす可能性があります。

なので妊娠中の方は摂取を控えていきましょう。もし摂取したいときは医師に相談しましょう。

喘息の方は要注意!
喘息やアトピーを抱えている方は体にアレルギーを持っています。

そのような方が摂取してしまうと必ずしもという訳ではありませんが、じんましんが出たり手足がしびれてしまう、血圧低下などの症状が出る可能性がありますので、摂取しない方がいいでしょう。

まとめ~エイジングケアにもローヤルゼリーはおすすめ~

ローヤルゼリーは天然の美容剤で古代中国では「若返りの秘薬」や中世ヨーロッパでは「不老長寿の薬」と呼ばれるほどエイジングケアに適しているものです。

ローヤルゼリーを使用する際は、必ず使用上の注意を読んでから使用方法を守って使用しましょう。

女性ならいつまでもキレイでいたい!って思いますよね。
ローヤルゼリーの力を借りて、若々しい肌を保ってあげましょう!

【あわせて読みたい記事】


関連記事

新着記事

人気記事

ReBON BLOG

PAGE TOP