緑茶の美肌&美容効果を再確認!キレイになれる緑茶の飲み方・効能を紹介

  • 公開日:2018/11/28

昔から日本人に愛されてきた飲み物が「緑茶」です。

食事の時やほっと一息つきたいティータイムなど、日常に多く登場するなじみ深い存在ですが、実はこの緑茶は美容効果が高い栄養素が豊富

美肌やアンチエイジングに効果的な緑茶の成分や効果・効能について解説するとともに、美容に効果的な飲み方など余すところなくご紹介していきましょう。

緑茶に含まれる美容効果の高い栄養素


カテキンの抗酸化作用がアンチエイジングに◎
緑茶に含まれるカテキンという栄養素には、抗酸化作用があります。
抗酸化作用とは、体の中に発生する活性酸素を撃退してくれる働きのこと。

私たちの体の中には、日頃感じるストレスや紫外線ダメージなど、さまざまな刺激によって活性酸素が生まれます。
活性酸素はもともとある程度体の中に存在し、ウイルスや細菌を退治する殺菌能力のあるものとして、健康のための役割を果たしてくれています。

しかし、活性酸素が多くなりすぎると、やがて細胞を攻撃するようになり、体のあらゆる部分にダメージを与えるのです。

細胞にダメージが加わると、肌の弾力を保つコラーゲンが作られにくくなるなど、肌を老化させる原因にもなります。
これによって、シワやたるみができやすくなり、エイジング現象が加速して老け顔まっしぐら。

それを防いでくれるのが、緑茶に含まれるカテキンの効果なのです。

豊富なビタミンCが美肌をつくる
ビタミンCは、野菜やフルーツなどの食材に多く含まれている栄養素としてよく知られていますが、緑茶にも豊富に含まれています。

肌の弾力や水分をキープするためのコラーゲンの生成に欠かすことができないものであり、カテキンのように抗酸化作用もあります。

美白効果も期待大
ビタミンCには、シミの元となるメラニンの生成を遅らせる作用があります。
また、メラニンそのものを薄くする還元作用もあり、美白効果を期待することができるのです。

ビタミンCは、たくさん摂ったからといって体にためておくことができるものではなく、こまめに摂ることが必要です。
緑茶は、野菜やフルーツに比べて気軽に摂ることができ、一日に何度もビタミンCを補給することができるので、美肌対策にはぴったり

美容に効果的な緑茶の飲み方

緑茶の1日の摂取量
緑茶は1日コップに4~5杯程度1L以下程度が適度な摂取量だと言われています。

これくらいの量を飲むことで、1日に必要なビタミンCの約半分を摂ることが可能なのだとか。
朝昼夕の食事の時に1杯ずつ、午前と午後の間食時にそれぞれ1杯ずつというのがおすすめのペースです。

空腹時には濃い緑茶を避ける
玉露や抹茶などの濃いお茶には、カフェインが多く含まれています。

空腹時に飲むと、このカフェインが胃を刺激して、胃痛や胃もたれなどを感じる原因に。
お腹がすいている時に緑茶を飲むのであれば、薄いものにしましょう。

緑茶を飲むタイミング
緑茶を飲むタイミングには、特に縛りはありません。
食事をしている時やおやつ休憩の時など、好きなタイミングで飲むようにしましょう。

ただし、カフェインが入っているので、寝る前に飲むことで大脳が興奮し、寝つきが悪くなることがあります。
カフェインの効果は摂取量にもよりますが数時間続くと言われているので、なるべく夕方以降には飲まない方がいいでしょう。

貧血気味の人は「食間」に飲むのがおすすめ
緑茶に含まれるタンニンは、鉄分の吸収を阻害する作用があります。

ですから、貧血気味の人は、あまりに多くの緑茶を飲むと貧血がひどくなってしまう可能性があるので要注意。

また、鉄分を含む食材を使った料理と一緒に摂ると、せっかくの鉄分を吸収しづらくなってしまいます。
例えば、鉄分の多い牛肉料理やひじきなどの海藻、納豆などとはあまり相性が良くないので、これらと一緒に大量の緑茶を摂取することは控えましょう。

ただ、コップ1~2杯など常識の範囲内で摂取する程度あれば問題ありません。

貧血が気になる人は、鉄分豊富なメニューを食べてから1時間後くらいに緑茶を飲むといいですよ。

紫外線ダメージを受けた後に飲もう
緑茶に含まれるビタミンCは、メラニン色素を発生しにくくし、メラニン色素そのものを薄くします。
ですから、紫外線を受けた後に飲む日焼けのアフターケアとしてもおすすめ

例えば、キャンプやバーベキューなど一日中屋外で過ごした後や、海辺のレジャーなどを楽しんだ時には、緑茶を飲むようにするといいですよ。

緑茶をおいしく飲むための正しい淹れ方


用意するもの(2~3人分)
・湯のみ
・急須
・茶葉(大さじ約2杯分)
・湯(1人当たり約60㏄)

緑茶がおいしくなる淹れ方

1.人数分の湯のみに湯を入れる
2.急須に茶葉を入れ、湯飲みで少し冷ました湯を全て急須に入れる
3.急須に蓋をし、1分ほど蒸らす
4.急須を3回程度回して、味を均一にする
5.それぞれの湯飲みに順番に少しずつ注いでいく

おいしさのポイントは「1分ほど蒸らす」というステップ。
茶葉がしっかり開くのを待つことで、風味豊かで甘みのあるお茶になりますよ。

また、お茶を淹れるためには、まろやかな軟水が適していると言われます。
もし用意できるのであれば、軟水でお茶を淹れることで、よりおいしくなります。

まとめ~緑茶の美肌&美容効果はすごい~


世界でも「美肌の人が多い」と言われる日本人の美しい肌の秘密は、もしかすると緑茶のおかげなのかもしれませんね。

日常生活に摂り入れやすく、手軽に手に入れることができる緑茶で美肌ケアができるのは嬉しいですよね。

日常の飲み物として積極的に緑茶を取り入れて、美容とアンチエイジングに役立てましょう。

【あわせて読みたい記事】


関連記事

新着記事

人気記事

ReBON BLOG

PAGE TOP