山芋は栄養のかたまり!ネバネバ成分が美容&健康に効果的なわけ

  • リボン 
  • 投稿者 : リボン  
  • 公開日:2016/04/30 最終更新日:2018/08/09

数あるイモの中で唯一、生で食べることのできる芋をご存知ですか?

ご飯や蕎麦などにかけて食べると美味しい「山芋」なんです。

山芋にはアミラーゼという消化酵素を含んでおり、デンプンを消化分解してくれるため生で食べることができるのです。

そんな山芋のネバネバが体にいいのはもちろん、女性に嬉しい美容と健康にも効果が期待できることを知っていますか?

今回は山芋の持つネバネバ成分のパワーについて調べていきたいと思います。

日本ではポピュラーな山芋の歴史とは

山芋は中国が原産で、紀元前2000年から中国で薬用として使われていたとされています。
朝鮮半島を経由して日本に伝わり、平安時代頃から栽培もされていたそうです。

日本で食べられる山芋は粘り気が少なく水分が多いサクッとした食感が特徴です。

山芋は山薬という生薬名で漢方としても利用されており、日本では山のうなぎとも呼ばれています。
うなぎと呼ばれるだけあって、養強壮効果が高く生命を養い、不老長寿に役立つと言われてきました。

山芋の「ネバネバ」にはどんな栄養と効果があるの?

山芋のネバネバ成分、ムチンがもたらす美容と健康効果がこちらです。

・保水性が高く、ドライアイの改善が期待される
・肌の内側の水分を保つ働きがあるため、肌荒れを防ぎ美肌効果が期待できる
・タンパク質の吸収を促進するので、疲労回復
・免疫力を高め、粘膜を守ってくれるので風邪などを予防
・血糖値の上昇を抑え糖尿病を予防

ムチン以外にも、幅広い有効成分を含んでいます。

<山芋に含まれる栄養素>
ミネラル、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、食物繊維、アミラーゼ、コリン、サポニン、アルギニン、ジオスゲニン 

・消化促進、新陳代謝を高める効果
山芋に含まれる消化酵素(アミラーゼ)は糖質の加水分解を促進し、消化を助けて栄養の吸収を促してくれるので新陳代謝が活発になり血行がよくなると言われています。

・アンチエイジング効果
また食物繊維が豊富なので腸内をキレイにし便通がよくなり便秘解消にも繋がるので、美肌をキープすることも。
サポニンには強い抗酸化作用もあり、アンチエイジングに期待ができます。

・女性ホルモンの分泌を促す効果
若返りホルモンと呼ばれるDHEAと構造や働きが似てると言われるジオスゲニンが含まれています。
ジオスゲニンは、女性ホルモンを作る働きがあります。

・生活習慣病の予防
山芋に含まれるコリンは高血圧、動脈硬化の予防に効果が期待できます。
ミネラルはむくみ防止にも有効。

山芋と相性のいい食べ合わせについて

山芋は生の状態で食べた方が消化酵素がよく働くと言われています。

<効果的な食べ合わせ>

山芋+マグロ=疲労回復の効果

山芋+ほたて=老化防止

山芋+麦ご飯=便秘予防

山芋+蕎麦=免疫力アップ

胃の調子があまりよくないときなどは、千切りにして軽く火を通して食べるのも美味しいですよ。

まとめ~美容と健康にいい山芋を食べてアンチエイジング効果を実感しよう~

ジャガイモやサツマイモなどと違い、唯一火を通さず食べることができる山芋。
生で食べることで、熱に弱い消化酵素を壊すことなく山芋の栄養を効果的に採り入れることができます。

山芋を食べると身体も元気になり、美容にも効果があるとは一石二鳥ですよね!
女性にはぜひ食べてもらいたいです。

食生活の中に山芋を採り入れて、ネバネバ成分のパワーを実感してみてください。

【あわせて読みたい記事】


関連記事

新着記事

人気記事

ReBON BLOG

OFFICIAL ACCOUNT

instagram
instagram
PAGE TOP